人生に悩む君へ

「重要な決断を下す時」に私がしている2つの事!

皆さんの人生においても決断を下す事って絶対にありますよね?例えば、就職先、進学先…等色々ありますよね?

自分の人生だから誰が決めてくれるわけでも基本的にはないですよね。学生としてずっとのほほんと生きて来たという人にとっては決断を下すって事は驚くほど難しいんです。

 

私自身も例に漏れず、重要な決断を下す時には迷う事だってあるんです。皆さんはそんな時にどうしていますか?どんな方法を取っていますか?ひたすら家にこもって考えるという人もいれば他人に相談するという人もいるでしょう。

今回は私が決断を下すにあたっていつも行っている3つの事について話したいと思います。

 

  • 辛い経験をした場所に行く
  • ひたすら歩く

 

 

①辛い経験をした場所に行く

 

皆さんにも辛い経験をした場所ってありますよね?例えば、いじめられていた人であれば、いじめられた学校、親を亡くしているのであれば、お墓等…

色々あると思います。

私の場合は、浪人の時期がかなり辛かったので、浪人時代に通っていた予備校の近くにいっているのです。では、これにどんな意味があるのでしょうか?

 

辛かった時って確かにあんまり経験したくないものです。私も可能であれば現役で大学に合格したかったですw

でも、そうもいかず、浪人する事になってしまったんですよ。だからこそ、当時は唯一の楽しみが食べる事ってくらいには疲弊していたんです。

ただ、この時期を経験する事ってとても良い事であったとも思っているんです。なぜか?

 

自分にとって本当に大切なものは何なのか?という事を考える機会を得る事が出来たからです。これは本当に良い事でした。

 

一年間頑張るっていっても、どうしても辛いんです。だから希望なんて容易くもてるものではなかったし、本当に辛かった。

 

でも、そういった状況に身を置くと、本当に大切なものが何なのか?という事がわかってくるんですよ。人間って不思議なもので、たくさんの幸せを持っていると本当に大切なものが見えてこなくなってしまうんです。

 

自分が満たされていれば幸せな部分ってあります。でも、私が自分の人生においてやりたかった事ってなんだろう?ってその時に思うものなんです。だからこそ、その場所に私は帰るんです。

 

そして問いかけます。

 

「あの時の私だったらどんな選択をするだろう?」と。

 

そうすると、いままで悩んでいたものがスーっと消えていく事があるんです。自分の人生において大切ではないものは音を立てず剥がれ落ち、本当に大切なものだけがまるで光る宝石のように見えてくるのです。

 

決断を下す際、私たちは多くのしがらみに頭を悩まします。でも、悩んでいた事って実は自分にとって大切ではない、紙切れ程度のものだった、なんて事もあるんです。

 

日常生活を送っているとどうしても色んなものが自らの身体にこびりついてきてしまうものです。これを剥がす作業ってとても大切なんですよ。

決断を下すってそういうものだと思います。

 

 

②ひたすら歩く

 

普段生活をしていると目的もなくひたすら歩くってことをしませんよね?会社に向かうため、飲み会に向かうため等、目的のために歩いている事がほとんどではないでしょうか?

でも、だからこそ、何も考えずにひたすら歩くという事が大切なんですよ。

 

歩いていると、自分が考えていたあらゆるリスクが実は大したものではなかったという事に気がつくと思います。

歩いているだけっちゃだけなんですけどね、それだけでも人間の脳内って整理されるものだから不思議です。

 

たぶんですけど、これって有酸素運動をする事によって血流を促進しているんだと思うんです。そうする事によって、頭がスッキリし、同時に整理されるんだと思いますよ。

 

また、歩く場所は出来るだけ静かな場所の方がいいですね。出来るだけ静かで人がいないところを歩くんです。二時間でも三時間でも歩いてください。

 

初めのうちは脳内にまだ邪念が残っていると思います。だからこそ、出来るだけ長時間歩く事が大切なんですよ。決断を下そう!なんて別に思う必要はありません。

 

ただ、歩くだけでいいんです。

 

 

部屋の中で悩んでいても答えは出ないのよね

 

決断を下す時って悩みだすと本当に抜け出せなくなってしまうと思うんです。そういう時っていくら部屋の中で考えていても答えって出ませんよ?

そして、それは正しくない決断を下してしまう場合が多いんです。

 

だったら上記のような方法を取る事を私はおすすめしますね。結局のところですけど、きっと自分の過去を振り返っているのだと思います。

過去を振り返る事によって、未来を想像するという作業をしているように思います。これは多くの人に共通した方法ではないかもしれません。

でも、少なくとも何かヒントをもらうための方法にはなりうると思いますよ。きっとね。

 

是非、実践してみてください。

関連記事:人生の決断をする時は人に相談しても意味がない。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。