旅の知識

アメックスのメンバーシップリワードANAコースを使えばマイルが爆速で貯まるよ

若年性旅人症のまりもです。こんにちは。

私はね、最初に言った通り、旅が好きなんですよ。旅の記録をYouTubeでシェアしちゃう。それくらい旅が好きなわけ。

そんな私ですが、1つだけ、旅の嫌いなところがあります。

それは「お金がかかるという点」です。

メンバーシップリワード(ANA・プラス)のメリット

マイルが倍になる

マイルが倍になるという点が個人的には最も重要視している点です。

メンバーシップリワードに登録していない状態だと、ANAのマイルの交換比率は、

2000ポイント=1000マイル」です。

これが倍になるんですよね。つまり、

1000ポイント=1000マイル」になるのです。メンバーシップリワードANAコースに入っただけではダメなんですけどね。詳しくは後述します。

私の場合はアメックスポイント「80000ポイント」を保有していました。

なので8万マイルに交換することができるんですよね。

無期限有効になる

ポイント自体の有効期限が消えるというのも良いですね。ポイントはどこかのタイミングで必ず有効期限になってしまいます。

意外と消えてしまって、使えなくなっているポイントって多かったりするんですよ。特にアメックスの場合だと、カードを申し込んだ時点で数万ポイントをキャンペーンでもらっているパターンが多く、それが失効してしまう人もいます。

私の場合も8万ポイント溜まっていましたが、そのうち数万ポイントは入会キャンペーンによるものでしたから。アメックスのポイントの有効期限がなくなるというのもメリットの1つです。

これも詳しく書いていく必要が本当はあるのですが、わかりにくくなるので割愛しています。ANAコースの特典ではなく、メンバーシップリワードプラスの特典なんですけど、あえて書いていません。

後述しますね、ここも。

関連記事:成田空港から荷物を送る、という旅人として最高の楽を手にした。

メンバーシップリワードANAコース(リワードプラス同時加入含む)の注意点

年間4万マイルまで

注意しなければいけないのは「年間4万マイルまでしか交換できない」という点ですね。

以前は8万マイルまで交換することができましたが、改悪されて半分になってしまった、と記憶しています。

年間4万マイルまではポイントを交換して受け取ることができるので、忘れないようにポイントから交換しておいた方が良いですね。

私の場合も「12月」に入会したのでかなりギリになってしまいましたが滑り込みでANAマイルに交換することができました。

割と余裕を持って入会し、ポイント交換をした方が良いです。

私はマイルでシアトルに行きたいので、特典国際航空券を往復で2人分とるには「8万マイル」が必要になります。なので、2019年と2020年合わせて8万マイルで行こうかな、という感じ。

 

解約後はポイントが消滅

ほら、こう考えた人もいるでしょう?「一時的に入会してすぐに退会しちゃう」というね。でも、これをやってしまうとポイントが失効してしまいます。

なので、解約しようと思っている人はマイルに移行して、マイルを使用してからにしましょう。ここは気をつけないと何の意味もなくなってしまう可能性もありますから。

アメックスのメンバーシップリワードANAコースを使えば、マイルは増える。でも、お金に関しては合計で「8000円」を支払う必要があるのです。

合計で、という部分に違和感のある人もいますよね?そういう人向けに詳しく書いていきたいと思います。

関連記事:団体ツアーが苦手でしょうがないな、と今回の旅行で思った

 

メンバーシップリワードプラス・ANAコースについて

 

ここまで「ANAマイル」に交換したい人向けに書いてきました。ただ、詳しく説明しますと、

  • メンバーシップリワードプラス(年額3000円)
  • ANAコース(年額5000円)

という2つのオプションがあるんですよね。ANAマイルを最速で貯めたい、という人はこの2つは必須です。

なので、説明を省いて「合計8000円だよね」という文脈で話してきました。

メンバーシップリワードというものはANAを除いた提携航空会社とのマイル交換比率をあげたり、マイルの有効期限を永久にするものです。

後はポイントが貯まりやすくなったりもしますね。

一方で、ANAコースに関しては「ANAマイルを2倍貯められるよ」という点だけです。

ただ、ANAコースに入らない限りは倍のマイルを得られないので、説明を省きました。前半に説明してもわからないと思ったので。

 

アメックスに入会してから結構経っているのだけど、便利です。旅行好きのためのクレジットカードですから。

メンバーシップリワードANAコースに入るためにはアメックスカードを持つ必要があります。なので、旅行に頻繁に行く人なんかには良いんじゃないかな、と思うよ。

さて、私もNYの次の旅行を考えなければ……。動画にもしていきますよ〜〜〜〜〜

関連記事:『イモトのWi-Fi』を実際に使ってみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。