仕事の悩み

上手に他人に仕事を任せる方法

人に仕事を任せるには

・とにかく褒めて教える
・その仕事の意味を教える
・「ありがとう」をたくさん言う
・自分に余裕をもって接する
・たくさん質問する

以上のことをすること。

 

仕事に慣れてきて少しだけ上の立場になってくると下のポジションの人に仕事を任せたり、割りふったりするようになると思います。

以前書いた仕事でリーダーシップのとれる人、その要素という記事では仕事でリーダーシップのとれる人は結局、他の人に仕事を上手に任せられる人だ、というお話をしました。

 

ということで今日は他人に仕事を任せるための具体的な方法について話してみたいと思います。

 

 

人に仕事を任せるにはとにかく褒めて教える

 

人に仕事を任せる時は、最初は仕事を教えるところから始まると思います。

そういう時はとにかく相手のいいところを見つけて褒めて育ててあげること。人間は褒められることが好きです。

 

褒められることによって自分に自信を持つことができ、新しいものに挑戦していこうとする能動的な姿勢が生まれるのです。(:褒めて育てるのが一番いい

ね。
誰かの一言でものすごくしんどかったことも元気に変えられたりするわけですよ。

これは子育てでも同じですね。(:人を褒めて育てる

 

人に仕事を任せるにはその仕事の意味を教える

 

大きな会社になればなるほど、仕事の内容って細分化、分業化されていきますよね。

そうすると全体を見る力というものがなくなっていきやすくなるわけです。

全体的な仕事の中で自分は何の役にたつ仕事をしているのかということが把握できているかどうかで仕事の作業効率って随分変わっていきます。

「石を磨く仕事」より「原石を磨いてダイヤモンドを作る仕事」という方がちょっとやってみたいという気になりませんか?

例が極端かもしれませんがそういうことなんです。

自分のやっている仕事がどういう価値がある仕事なのか、ということを理解することはより自分の仕事への達成感を強めてくれます。

なので仕事を教えてあげる時はその仕事がどういう役に立つ仕事でどんな意味をもっているのか、どれだけ重要な仕事なのか、ということを伝えるようにしましょう。

関連記事:営業の仕事が嫌いな理由って何?

 

 

人に仕事を任せるには「ありがとう」をたくさん言う

 

「ありがとう」という言葉をちゃんと言えるかどうかってものすごく重要だと思います。

仕事を任せた上で「ありがとう」という言葉を言えるとその言葉には「感謝しているよ」という気持ち以外に

「あなたの仕事にちゃんと気づいているよ」「あなたの仕事、よかったよ」という別の意味が含まれるんですね。

他人がやってくれる仕事は当たり前ではありません。きっと自分だって助けられているところがあるでしょう。

だから、こちらが任せた仕事に対してきちんと「ありがとう」と伝えること。
簡単なことだけれどとても効果のあることです。

関連記事:「仕事を辞めたい」と相談する前にやめれば良い。

 

 

人に仕事を任せるには自分に余裕をもって接すること

 

仕事中に自分に余裕がない人は人に仕事を任せることなんてできません。
任せられる側の人が不快な気持ちになってしまうからです。

どんなに忙しくても、精神的に余裕をもって人に仕事を任せること。

「自分では回りきらない仕事を自分に余裕を持たせるために他の人にやってもらうんだ」と考えるといいかもしれませんね。

そして「任せる」というよりは「お願いする」という気持ちでいることが大切です。
自分ではやりきれないことをやってもらうのですから。

なので「○○やって」というよりは「お願いなんだけど、○○やってもらってもいい?」と言うほうがいいですね。

関連記事:やりたい仕事が見つからない時にするべき事。

 

 

人に仕事を任せるにはたくさん質問をすること

 

LINEの会話術みたいになってますけど。

一番コミュニケーション的に有効な会話は「疑問文をなげる」ことです。

相手がきちんと理解できているか、仕事に不安なところはないか、そういったことを積極的にこちらから質問してあげましょう。

そうすることによって仕事を任される側にとっていつでも相談しやすい環境が生まれます。

また仕事を任せるときに「○○をお願いしたいんだけど、できる?」と聞くことをも大切ですね。

キャパシティってひとそれぞれ違うものです。
自分自身だけのものさしで、「これくらいならできるだろう」と判断するのは間違いです。

自分にできる仕事量と他人ができる仕事量はちがいます。

なので人に仕事を任せる時は現状の仕事に加えて、これを追加でお願いしてもその人自身がその仕事をこなせるかどうか?ということは必ず聞いてあげてください。

関連記事:やりたいことを仕事にする方法

 

不安だけど他人に任せてみる事が大切

 

いかがだったでしょうか?

仕事って自分でやるのが何でも早く感じてしまってどの仕事も自分が抱えちゃう、みたいな人結構いると思うんですね。

私自身昔はそういう人間でした。

でもある時気づいたんです。

もちろん自分がやった方が丁寧なでスピーディに仕事を片付けられるかもしれないし自分でやった方が確実だと感じるかもしれない(ものすごい自信だけれど笑)

 

でも他人に任せてミスがあったならそれもまた一緒に乗り越えて自分ができるレベルまで育ててあげればいい。

そうしたら自分がもう一人作れるかもしれないんですよ!

将来的にみたら絶対そちらの方が効率がいいですよね。

 

ということで今日は上手に他人に仕事を任せる方法について話してみました。
仕事の効率をあげたいと思っている人は人に仕事を任せるということをぜひ学んでください。

 

それでは今日はこのあたりで。

関連記事:派遣の仕事はデメリットが多すぎる

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。