人生に悩む君へ

「人見知りしてしまう自分」を克服する方法

会った事のない人と会う時って誰でも多少は緊張しますよね?私の周りでもそういうひとってたくさんいます。

でも、それが過度になってくると、生きているのが辛くなってしまう時だってあると思うんですよ。

そして、人見知りをしない方が生きていて楽しい瞬間がたくさんあると思うんですよね。そこで、今回は「人見知りしてしまう人」向けに人見知りを克服する方法を書いていきたいと思います。

 

実践すれば、今まで人見知りとして悩んできた時間が不思議に思うはずです。私も初めての人と会う機会が多いからね。

経営者という職業柄。そんな私が書いてみる。

①人からどう思われるか?を考えない

 

人見知りの原因ってなんだと思いますか?それって結局他人からどう思われるのか?を気にすることだと思うんですよね。

自分がちゃんとした人間として振る舞えているのか?彼女に対してであれば「かっこよく見えているのか?

 

そういう事を気にしていると人見知りになってしまうんです。

 

確かに、他人からよく思われたいって感情は誰にでもあるものだし、

そう振る舞う事によって魅力的な人に見えるかもしれません。

でも、それでは人見知りを克服する事が出来ません。他人からなんてどう思われてもいいじゃないですか。

 

最初の印象は大切なのかもしれない。でも、嫌われる人にはどうやっても嫌われてしまうし、相性ってものがあると思うんです。私だってそうですよ。昔は八方美人なところがあるような人間だったと思うんです。

でも、ある時から気がついたんですよ。どうやっても自分の事を好きになってくれない人はいるのだという事を。

 

だから、イチイチそんなことに反応したり、気にしたりしてもしょうがないと思うんです。

他人は別の生物なんですから。

関連記事:プレゼンが苦手なあなたがするべき事。

②ゆっくり話す

 

人見知りを克服するに当たって、重要なのが話し方だと思うんですよね。人見知りをする事って要するにきちんと話せないって事だと思うんです。

 

でも、その原因の多くって「早く喋ってしまう」ってところだと思うんです。人間は早く喋ってしまう人のことを「落ち着きのない人」だと認識してしまいます。すると「このひと緊張しているんだ!」ってなってしまうんですよ。

 

だったら、緊張していたとしてもゆっくり話した方がいいと思うんです。話すスピードって自分が思っているよりもずっと遅くていいんです。その方が相手に伝わる場合だってたくさんありますしね。

ゆっくり話す事って意外と難しいんですけど、ゆっくり話す事によって緊張していても相手に悟られなくなるんです。そしてそのうちに相手と話す事にも自身を持つ事が出来るようになるんです。

 

是非、実践してみてください。

関連記事:やりたい仕事の見つけ方とは何だろう?

 

 

③なるべくたくさんの人に会う

 

人見知りの人ってやっぱり人に会っている回数が圧倒的に少ないです。これは問題なんですよ。もちろん、人見知りだからこそ初めての人とたくさん会うってのは苦痛になってしまう事もあるでしょう。

 

でも、これも慣れればどうにかなるものですよ。そして慣れる事によって人見知りしなくなるんですよ。自分では「人見知りなんて治るものじゃない!」って思っているひともいると思います。

 

しかし、実際やってみると人見知りって克服出来るものですよ?私の友人の場合はバイトを始めてから代わりましたね。

最初は初めての人と話す時にはいつも緊張しているような状態だったんですけど、最近ではそういうこともなくなりました!そしてそれと同時に彼女も出来ていましたね。

 

緊張せず他人と話す事が出来るスキルって将来的にも大きな力になるものですよ?だったらやってみたらいいじゃないですか!意外ときっかけさえあれば簡単に人って変わってしまうものです。

関連記事:「仕事を辞めたい」と相談する前にやめれば良い。

 

 

④恥ずかしい思いをたくさんしよう

 

これって意外と大切だと思うんですよ。

皆さんは間違った事はしないように!って教わって来たじゃないですか!いや、私もそうなんですけど。

間違えることはダメなことで、恥をかかないように、かかないように、と教えられてしまった。

でも、これって恥ずかしい思いをせずに生きていくという道を辿ってしまっているんですよ。確かに、恥をかいたことがなくて、エリートの人はいいかもしれません。

格好良いのかもね。

 

しかし、恥ずかしい思いをした経験って実は最も大事なことなんじゃないかなあ。自分自身のプライドはなくなるし、精神的にも強くなるんです。その結果、人見知りだってしなくなりますよ。

もうどうでも良いや」と思えるようになる。

 

人見知りするひとってプライドの高い人が多いんですよ。馬鹿にされることを怖がっているんです。でも、馬鹿にされるくらいの人のがきっと強いんですよ。私はこれまで生きてきてそう感じました。

 

 

⑤人見知りをしても死ぬわけじゃない

 

人見知りを克服する方法としてはこれも大切な考え方だと思うのです。人見知りをする自分というものをとても気にしている人っているんですよね。

 

特に仕事をするようになって、新しい人とも話していかなければならなくなってしまうと、「これじゃ仕事にならない」と自分を追い込んでしまう人だっていると思うんですよね。

しかし、人見知りをしても、死ぬわけじゃないんですよね。

 

恥ずかしいという思いを持つ事はあるかもしれませんが、それだけであって、別に死ぬわけじゃないのです。

 

人見知りをしすぎて死んでしまったなんて人はいませんよね?ニュースでそんな人は出てきませんよね?

「本日未明、人見知りにより死亡」なんて聞いたことがない。

別に気にしなくても良い事なのです。人見知りを克服しようと思っているかもしれませんが、そもそも人見知りをする事なんて大きな事ではないし、

 

病気になったというわけではないので、気にする必要性なんてないわけなんですよね。

関連記事:どうせ最後は死ぬわけだしって心意気

 

どうでしたか?人見知りって意外にも簡単に克服出来るものだと思いますよ。

そして年齢と共になくなっていくものだとも思いますよ。人見知りなんてしていても疲れてしまうだけです。もっと楽に生きましょう。

大丈夫。

関連記事:人生は楽しい。酸いも甘いも味わった僕だから言えること。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。