人生に悩む君へ

格好つけない人生にすれば、自然と人生はキラキラするから

男だったら特にわかると思うんだけどさ、やっぱり格好つけたくなっちゃう時ってあるじゃないですか。

格好良い男だと思われたいとか、仕事ができると思われたいとか。

まああると思うんですよ。多かれ少なかれ、どんなヒョロヒョロの女みたいな男でも格好つけてしまう部分ってのは持っていると思う。

でも、格好つけない人生にした方が良いのですよ。そうすれば人生は自然とキラキラすると思うからさ。

格好つける人生よりも、格好つけない人生を選んでいくべきなんだよ。

私は今まで生きてきてそう思ったんだ。

 

格好つけて生きていた時代があったと思う

 

男なら誰でもあると思うんだけど、格好つける時代というものがあると思うんですよね。

例えば、昔の話だけど、中学生の頃なんてひどかった。自意識過剰で、「俺は格好良いわ」なんて思っていたから、

毎日髪のセットに1時間程度かけて学校に行っていました。髪をセットするための時間を確保しないといけないから朝早い時間に起きるわけですよ。

もうね、「美容院でもそこまでやらないわw」みたいなレベルの芸術品クラスの髪型で登校していました。

アリミノをパンに塗るバターみたいにつけていました。今思うと恥ずかしい。

格好つけない人生を推しているけど、昔はひどいものですよ。格好つけの塊でした。

当時は面白くて、ジャニーズ事務所にも応募しましたからね。格好近くの児童館みたいなところで、友達と2人で「ジャニさんから連絡来るかな?」と言いながら書類を書いていました。

 

それくはい自意識過剰だったんですよね。格好つけない人生とは程遠い、「超格好つけ人生」みたいな感じでした。

でも、それだと苦しいんですよ。そのまま大人になって、「俺って最高やん!俺って天才やん!イケメンすぎ!」という感じでいければ良いけど、

人生はそう何でもかんでも上手くいくわけじゃないんよね。

関連記事:現実に戻されるのが苦しくてたまらないなら、今の人生を変えるしかないんだ。

格好つけずに生きてみて変わったこと

精神的に楽になった

精神的に楽になったんですよね。前は「常に格好良い自分でいたい」みたいな変なプライドがあったからさ。

学校では成績が良くて、後輩なんて私に「髪のセットの仕方を教えてください!」なんて教室まで来る感じだった。

だから、「いつでも格好良くいないと!」みたいな気持ちがどこかであったんですよね。まあその時代はその時代で楽しかったけど、でもなんか疲れていたんだろうな、と思うんです。

で、格好つけない人生を歩んでみたら、全然変わったんですよね。「今までは誰のために生きていたのかな?」くらいに思った。

そもそも男子校だったし誰も見ていないのにね、なんか格好つけて生きていたんですよね。

それが浪人を経たくらいからなくなっていったかなぁ。

挑戦の幅が広がった

何にも挑戦できる気持ちが出来上がったような気がします。

以前はそんなことはなかった。

だって「失敗したら格好悪い」とかそのくらいのことは思っていたから。いや、「失敗が怖いなぁ」と当時に感じていたわけではない。

でも、今思うと口で夢を語る割には大した努力もしないからね。それはきっと、「格好つけて生きていたから」だと思う。

だから、「もうどんな人生でもいいや、くそくらえっ!」くらいに思えた瞬間から私の人生における「挑戦の幅」みたいなものは広がっていったよね。

関連記事:感謝の気持ちを常に持てば、人生は1秒で好転する。

泥をかぶり、雨に濡れよう

 

私は笑ってしまうくらい貧乏な時代があったり、死にたくなるくらい精神的に追い込まれる時代があったから、変わったのかな、と思う。

でも、別に「お前らも死ぬほどの思いをしろ」とは思わない。死ぬほどつらい経験なんてしないで生きていった方が幸せだと思うから。

たださ、たまには泥をかぶり、雨に濡れる夜があっても良いんじゃないかな。

格好つけない人生にするためには、少しくらい泥をかぶった方が良いんですよ。辛い目に遭わないで良いならそれが良いよ。

でも、もしもあなたに災難が降りかかってきたり、嫌なことが起きたりしたら、

これはチャンスかもしれない!」と考えて欲しい。

なぜなら、その災難や不幸なこと全ては格好つけない人生を歩むチャンスでもあるから。

泥をかぶり、雨に濡れる人生だったとしても、私みたいに「ああ、あの時の不幸があるから今があるんだな」と思えるはず。

車の中でたった1人で突然死した父親を見た時、

「人間の命って何だろう?」

「俺の命って何だろう?」

と思った。悲しみばかりだった。でも、身体がボロボロになるほどの「何か」があったから、私はいまこうやって生きているような気もする。

死者に生かされている、なんて思わないけど、少しだけ感謝しているんです。

格好つけない人生、良いもんよ。

関連記事:石橋を叩いて壊す人は安全な生き方をしているけど、つまらない人生を送ると思うんだ。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。