私の仕事論

明日から仕事が憂鬱だって気持ちを抱えながら生きていくのはしんどいね

先日祝日があって連休だった時があったんですけど、

連休最終日にスターバックス リザーブ ロースタリーに遊びに行ってきたんですよね。

 

連休期間中だったのでかなり混んでいたのですがもう夕方だったのでそろそろ家に帰らなきゃなっていう雰囲気が全体に流れていて

回りの人たちの「明日から仕事なの憂鬱だな〜〜」っていう感情がすごく蔓延している感じで辛かったのです笑

 

明日から仕事なの憂鬱だなって生き続けていくのはしんどいよね。

 

何をしても満たされなくなる

 

明日から仕事っていうのが憂鬱になってしまう毎日を送ってた時代が私にもあるんですよね。

仕事場についてしまいさえすればそれなりに頑張れるものの、朝起きるのもしんどいし、そこから用意するのも嫌だし、満員電車に揺られて仕事場に行くのも辛い。

仕事から帰ってきても、「また明日も仕事か」と考えるとまた憂鬱になってしまう。

 

そんな日々だったんですよね。

その頃の私は仕事自体が嫌いというわけではなかったんですが、それでも仕事が好きすぎて行きたくて仕方がない、って感じでもありませんでした。

「やらなくていいよ」って言われたら喜んでやめちゃう、みたいなね笑

 

でもそうやって憂鬱な毎日を過ごしていると何をしても満たされなくなってしまうんですよね。

スタバで感じたみんなの憂鬱も同じで、遊んでいてもふとした瞬間に「あ〜明日から仕事か」って現実に引き戻されるみたいな空気に溢れていたんです。

 

仕事ってだいたい月曜から金曜まで、多い人はもっと働いているわけだから

生活のベースみたいになるじゃないですか。

つまり、生活のベースが憂鬱になってしまう。

 

そうなってくると何をしても、どんな遊びをしても、ベースが憂鬱だから満たされない気持ちが強くなってしまうんですよね。

関連記事:現実に戻されるのが苦しくてたまらないなら、今の人生を変えるしかないんだ。

 

家族のために働くってちょっと古いよね

 

多くの人が仕事をする理由として「家族のため」っていうのを挙げます。

明日から仕事なのが憂鬱だけど、家族のためだから頑張れる、みたいな。

 

でも私、これはちょっと古い考えかなって最近思うんですよね。

もちろんそれを動機に頑張ることができるならそれも素敵な事だと思うし、そうやって頑張れる人のことを尊敬しています。

 

でもさ、家族のためにお金を入れるって結構しんどいことじゃないですか。

しかも仕事詰めの人って家族のために働いているのに家族と一緒に遊ぶ時間は取れなかったりする。

家族のために一生懸命働いていたつもりが、家族との時間は取れていないから「家族サービスが少ない」みたいなことになってくる。

そのまま離婚してしまったりして家族がバラバラになるケースもある。

 

そんな風になったらきっと「何のために働いていたんだ」って思ってしまうと思うんですよね。

 

今はリモートワークとかも増えてきているし、できればお給料が少なくても家族との時間もしっかりとりながら働いていきたいって思っちゃう。

 

ブログで収入を得られるようになってきたからこういう考え方ができるようになったのかもしれませんが笑

もっと自分の時間とか家族の時間とか大切にしながら働いていきたいですよね。

仕事仕事仕事っていうんじゃなくてさ。

 

家族の笑顔のために!って思って毎日憂鬱な気持ちを抱えながら仕事を続けるのってなかなか辛いもんね。

家族にもなんだかんだ見返りを求めてしまいそう。もっと感謝してよ、みたいなさ笑

関連記事:興味のない仕事には圧倒的にアツくなれないんです。

 

浪人時代を思い出した

 

明日から仕事だって思って憂鬱な気持ちになってしまうやつ、なんかデジャビュを感じるなと思って考えてみたら

浪人時代の気持ちとそっくりだ!って思い当たったんですよね。

 

浪人時代ってどんな息抜きと称した遊びをしても「結局浪人生だから勉強しなきゃな」ってなるんですよ。

これ浪人したことがある人にしかわからないと思うんですけど笑

 

あの時も毎日憂鬱だったな〜

私は勉強が好きなタイプではないのでね笑

 

そう思うと、憂鬱になってしまうような仕事をしていると人生ずっと浪人生みたいになっちゃうんだな、って感じて

ますます空恐ろしい気持ちになったわけです。

できれば毎日大学生みたいな感じで生きていきたい笑

関連記事:浪人すると寂しい気持ちが強くなるから友達と過ごした方が良いよ。

 

仕事をプライベートの境目をなくしていきたい

 

最近私が一番働き方として目指しているのは仕事とプライベートの境目をなくす、というスタイルです。

 

プライベートの時間を過ごすように働き、「働く」ということを意識しすぎずに働いていくことができれば

「明日から仕事だ〜」と憂鬱にならなくて済みます。

 

今の私の働き方はほとんどそれに近くて、ブログを書いているだけだとほぼ毎日パソコンと向き合って楽しい文字を書いて終わるので苦しいことが全然ないんですよね。

たまに問い合わせとかがあって新しい人と会ったりとかはあるので、ちょっと緊張したりすることはあるんですけど笑

それでも「仕事してる」っていう感覚はあまりない感じで働くことができています。

 

そんな働き方もあるよってもっと多くの人に伝えていきたいし、

明日から仕事で憂鬱、っていう人には改めて自分の働く環境についてもう一度見直してみて欲しいなって思います。

人生において仕事をしている時間ってすごく長いですからね。

憂鬱にならない働き方をしていきたいですよね。

関連記事:会社に行けない人の気持ちが痛いほどわかる。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。