ブログ運営を語る

人と話すのが苦手だからブロガーになった話

人と話すのが苦手です。

でも人と話すのが嫌いなわけではない。ただ疲れちゃうんですよね。

仲が良い人と話すんだったら何時間でも喋ってることができるのに、初対面の人と話さなきゃいけないような局面だと緊張してしまって、たった1時間でもどっと疲れてしまうんですよ。

 

そんな私でも生きていける、ちゃんと仕事もできる、良い時代だなって思うんですよね。

 

ブログで生活しています

 

どんな場所に行っても人間関係ってつきものだと思います。

学校に行っても仕事に行っても関わりたくない人と上手く関わっていかないと生きていくことができない。

それが多分今までの世界だった。

 

でも人と話すのが苦手すぎる私はそんな世界にずっと馴染めなかったところがありました。

学校では「いつメン」みたいな友達とつるんでグループを作るのが女子は当たり前。

 

でもそういうのもなんだか息苦しくて一人でずっと本を読んでた。

お昼ご飯の時間になるとわざわざ机を移動していつメンとご飯を食べてる人たちを見てヒヤリとした感覚が背中を駆け巡っていた。

 

そうやってなんとなく人の輪に入ることをいつもためらっていた私は

人と話すのが苦手、ということをずっと克服できないままに大人になってしまったんですよね。

 

大人になってからは仕事をしないと生きていけないから仕事をしてみる。

でも結局人と話すのが苦手すぎて仕事も辞めたくなる。

それの繰り返し。

 

他人から見ると人と話すのが苦手なんて風には見えないみたいなんですけど、それは気を遣ってめちゃくちゃ頑張ってるんですよ笑

人と話している時に訪れる沈黙とか気まずい雰囲気が怖くてついつい喋りすぎてしまう。

そして後から一人になるとどっと疲れてくる。

 

どうにかそんな私にもできる仕事はないかと探した時に「ブログで生計を立てている人がいる」ということを知りました。

「これだ…!」って思った笑

 

思い立ってからすぐにお金になったわけではなかったけど、地道に毎日記事を更新していたらブログでも収益が出るようになってきて

そのうち働く必要がないくらいには稼げるようになりました。

 

人と話すのが苦手っていう人はそういう働き方があります。

ブログだけに限らず、今は本当にネットだけで完結できる仕事がどんどん増えているんですよね。

そういう働き方ができる良い時代。

もっと人と関わらない仕事を積極的にやってみてもいいんじゃないかと思う。

関連記事:人と関わらない仕事を女性は積極的にするべきだと思う

 

嫌な人からすぐに離れられる環境

 

学生時代で一番楽しかった時期は大学生だったと思います。

それは「クラス」という概念がなかったから。

 

取りたい授業をとって、別に一人でふらっと大学に行ってふらっと帰っても誰にも気づかれない、注目されない。

誰と一緒にご飯を食べなくちゃいけない、とかもないし、一人でご飯を食べてる人もたくさんいた。

 

仕事をするようになったらそれがまた退行してしまって、「会社」という概念ができてしまいました。

毎日同じデスクで同じ人たちと向かい合って仕事をしなくてはいけない。

 

この環境に全然耐えられなかったんですよね笑

 

でも今はブロガーなので出社しなきゃいけない会社もないし、毎日顔を合わせなきゃいけない同僚もいません。

だから人間関係で悩むことがなくなりました。

 

確かに人と全く関わらないというのは無理なので、たまに人と話すとやっぱり苦手だなと感じてしまって疲れることはあるんだけど、

大学と同じで「嫌だと思ったら離れられる環境」で生きることができているんですよね。

 

おかげですごく楽な気持ちで人と接することができるんです。

 

特定の会社の社員になってしまって毎日そこのオフィスに通わなきゃいけなくなると、なかなか「いつでも辞められる」みたいな気持ちではいられないじゃないですか。

そこで人間関係を築いていくものだし、会社の人と遊んだりもして、辞める時はちゃんと上司に話を通さなきゃいけないし

引き止められて辞められないかもしれない。

 

そういうのがもうすでに自分にとってプレッシャーになってしまうんですよね。

 

いつだって一人になれるし、いつだって離れられる、みたいな環境の方が逆に人と付き合いやすかったりします。

人と話すのが苦手っていう人は積極的にそういう環境で働くべきだと思う。

私は今の働き方に落ち着いてからものすごく楽になりました…!

関連記事:退職を伝えるのはやっぱりものすごく勇気が必要だった。

 

人と話すのが苦手な人が無理矢理矯正されない世界

 

人と話したりコミュニケーションを取らないと働くことができない、つまり人と関わることが苦手な人は生きていくことができない、

そんな世界ではなくなってきているんですよ。

 

今はもっと自由で、楽な働き方ができるようになっています。

リモートワークで働くことができる仕事も増えたし、これからはもっと増えるとお思う。

 

だから人と話すのが苦手っていう人も無理矢理そういう自分を治そうとする必要はないと私は思っているんですよね。

それを治さなくてもいいような環境で生きていけばいいんだと思います。

関連記事:ブロガーという職業があって良かったな、と思う。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。