人生に悩む君へ

自分は特別な人間じゃない、と理解した上で特別なものを目指せば良い

自分は特別な人間だなぁ、と思ったことってある?それとも、自分は普通の人間だなぁ、と思うことの方が多い?

私は「普通だなぁ」と思うことの方が明らかに多いです。割と普通の人間というか、特段何かに優れているわけではないし、

何か「神様に選ばれし者」的な能力もない。

手から火が出たりしたら良かったのになぁ、なんて子供の頃の考えを未だに持っているけど、やっぱり普通の人間なんですよねえ。

でもさ、特別な人間じゃない、と理解した上で特別になれば良いんじゃないの?

特別な人間が生き残る世界は少ない

 

私やあなたが「特別な人間ではない」としても、それはそこまで大きな問題ではないような気がする。

だってさ、特別な人間が生き残る世界はきっと少ないと思うから。

例えば、私は経営者として仕事をしているけど、「この人は天才的な経営者だなぁ」と思う人だけが経営をしているわけではない。

案外経営者なんてものはどこにでもいる普通の地味な一般市民だったりする。特別な人間じゃない人が月に300万円とか普通に稼いでいたりする。

でね、思うわけよ。「別に特別な人間じゃなくても生き残れるんじゃん」とね。

例えば私は「清少納言のような詩を書きなさい」と言われたら書けないけど、ブログを書くことはできる。

この「テトラエトラ」を運営することはできる。今はブログという業界で生きているわけだしね。

特別な人間じゃないけど、別に生きていけるわけですよ。

人は「成功した人」を見つけると、すぐに「天才」とか「カリスマ」みたいなレッテルを貼るよなぁ。

でも、そんなものは後付けであって、本当は普通の人ばっかりなんじゃないかな、と思うよ。

自分は特別な人間じゃないからこの成功できない、なんて思っている人がいるならそれは間違いだと思う。

ベートーヴェンだって別に天才タイプではないよね。

頭の中で曲がふわっと浮かんできてそれを書いちゃうモーツアルトみたいな天才タイプとは違う。でも、そういう人でも成功している。歴史にも名前が残ってしまっている。

だって、学校の音楽室の壁にも飾られているんだよ。不思議だよね。何も特別な人間だけが成功するわけではない。

どんな人間でも良いのよ。だから、逆に言えば成功していない人は才能がないのではなく、熱意や努力が足りないだけ。ただそれだけの話よ。わかる?

関連記事:生きているだけで良い。そんな簡単なことに気がつくのに随分と時間がかかった。

何をもって特別な人間なのか?という曖昧さ

 

あの人は天才だよね」と人は言うけど、何をもって「天才」と判断しているのだろうか。

不思議に思うんですよね。「天才だ、天才だ」と言われた側は気持ちが良いのだろうか。

私は運動以外では言われたことがないからイマイチわからないけど、そんなに嬉しくないような気もするんですよね。

だって、第一線で活躍している人はすべからく「努力している人」だと思うから。

あ、でね、そもそも「天才」とかの定義よ。

特別な人間である、を定義すると難しいはずなんですよ。例えば、不思議なもので「すぐに良い曲が作れます」と言うと、天才っぽいよね。

でも、「面白い話ができます」だと特別感がないでしょう?

要するにさ、一般の人が「あいつって特別やなぁ」と判断する材料って、「いかに自分ができることと離れているか?」だと思うのよ。

作曲なんて多くの人はしたことがない。だから特別感がある。

でも、「喋り」なら勝てるような気がしません?

だからね、実際には特別や人間の定義さえも曖昧だったりするんじゃないかなぁ。ふわっとしたものでというか、うん、曖昧なもので定義されているというか……。

自分は特別な人間である証明なんてものはできないし、やっぱり天才とか特別な人間であるとかさ、何かそういう概念そのものに胡散臭さすら感じてしまう。

 

まあ、そういう点こそが私の凡人ぽさなのかもしれないのだけど。

関連記事:ここで死んでもいいやという強さを私は持っていたい。

 

私は特別じゃないけど、特別なモノを目指す

 

別にさ、特別な人間じゃなくても良いのですよ。私なんて本当に普通のどこにでもいる男というか、まあ少しだけ優しいくらいで、後は別に何の特徴もない人間ですよ。

だけど、別にそれでも良いのです。

自分は特別な人間である、なんて全然思うことはできないけど、そんなことは関係ない。私は私が好きな事をやるだけだと思っているから。

 

自分は特別な人間だ、と言い切れるならそれはそれで良い。でも、それはその人が思っているだけだったり、周りの人が勝手につけた名前のようなものだったりする。

だから、本質的には何の意味もない。

 

あなたが特別な人間だろうが、凡人だろうが、そんなことはどうでも良いのです。

私は道端に生えている雑草くらいどこにでもいる人間で、神様からしたら「私が作った人間の1人に過ぎない」というレベル。

生まれてくる前に神様から「お前には特別な使命を与える」なんてことを言われた覚えはないし、そんなことを達成する気ない。

 

でもね、私は私のやりたいことをやって、特別なモノを目指すよ。それで良いんじゃないかな。違う?

関連記事:努力が足りない人が99%の世の中だから、私は逆に生きやすいのよ

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。