起業と経営

大学の図書館って卒業後も使えるからフリーランスとか使えば良いのに。

大学の図書館ってあるじゃないですか。まあ大学に進学した人限定ですけど。

で、学生時代は多かれ少なかれ使ったと思うんですよね。

私の場合は大学のキャンパスがいくつか分かれていたのですが、そのうちの1つの図書館は「」が7個くらいつくような綺麗な図書館だったんですよね。

え?ここ使えるの?」というレベル

大学の図書館って実は卒業後も使えるから、フリーランスとかは使ってみても良いと思うんですよ。

私もちょっと申請しに行こうかな、と思っています。

大学の図書館は卒業生でも使える?

申請が必要

大学の図書館を卒業後に使う場合には申請が必要です。申請が必要ではない大学も中にはあると思いますが、申請して「図書館入館証」のようなものをもらうか、

または大学が発行している「校友カード」のようなものが必要だと思います。私も申請してみるので、また何かわかったら追記してみようかな。

ただ、基本的には申請をするだけで、大学の図書館を卒業後に使うことができるようになりますから、メリットは大きいですよね。

とりあえず、大学の図書館を卒業後に使おう、と思っている人は調べてみましょう。だいたいは申請をして使う感じです。

 

年間無料の大学もある

年間無料の大学もあります。中には「1000円」とか「5000円」という感じで、年間利用料をとるような大学もありますが、

年間無料の大学もあります。基本的に卒業をしていれば、誰でも使えるのが大学の図書館ですからね。

調べてみて、年間無料の大学であれば、使ってみるのも良いと思います。ちなみに東京大学だと無料です。

ってことは私は無料……じゃないですね、ええ。

1年か2年更新

だいたいの大学が1年か2年程度で更新になります。だから、割と更新しなくて済むというか、1度でも登録しておけば、最低でも1年間は使えるのですよ。

オフィスとしてこれからは使う人が絶対に増えると思う。Wi-Fiの環境だって最高だしねえ……。

大学の図書館んを卒業後も使っている人がどれくらいいるのか私にはわからないけど、確かにご年配の方とかもいらっしゃいますよね。

そういう人の方が勉強熱心で、本を何冊も読んでいたりするから尊敬する。

あ、ちなみに更新すればいつまでも使えますが、大学によっては「試験期間は使えないよ」みたいなところもありますので注意してください。

関連記事:父が亡くなって1年、就活中の大学生からの質問に答える。

大学の図書館を使うメリット

圧倒的に安い

大学の図書館を卒業後に使えば、圧倒的に安い値段でノマドスペース的なものを手に入れることができると思うんですよ。

オフィスとかはバーチャルオフィスを借りてしまえばそれで良いじゃないですか。実際に作業をするのは大学の図書館で、という感じにすればオフィスになる。

通常だと、オフィスを借りてしまえば数万円はかかってしまいますからね。だったら、無料で使えたり、数千円の手数料だけで使える大学の図書館を使ってみるのも良いんじゃないかな、と思いました。

圧倒的に安いもんね。開業したてのフリーランスとかには最高なんじゃないかな。

 

綺麗

私が卒業した大学だけではないと思いますが、基本的には大学の図書館って綺麗なんですよ。だから、綺麗なところで仕事をすることができるのです。

フリーランスになりたての時てお金がない場合が多いから、汚いところで作業をすることになる場合も多いんです。

でも、卒業後に申請をして、大学の図書館で作業をすることができれば、綺麗な場所でノマドライフみたいなのを送ることもできますからね。

そういう意味では最高ですよ。無理をして狭い都内の部屋を借りるよりは、広い図書館で作業をした方が気持ちが良いものです。

本が揃っている

大学の図書館って実は凄く本が揃っているんですよね。例えば、日本最高峰の東京大学になると、900万冊以上の本があるんですよね……。

東京大学はトップクラスの蔵書数ですけど、まあ基本的には500万冊とか、400万冊とかね。

少ない感じのところだと、100万冊程度です。それでも、地域の小さめ図書館で「10万冊程度」だと思いますから、やはり大学の蔵書数って多いのですよ。

私はブログを書く時に資料が必要なことも多いので、図書館がないとやっていけないのです。全ての本を買うわけにもいかないしね。

大学の図書館を卒業後に使いたい人って実はいると思うんですよ。だって、私みたいな自衛の人間だけじゃなくて、文筆家とかもいるだろうし、芸術系に行く人もいるからね。

学生と一緒で楽しい

学生と一緒で楽しい、というのはありますよね。私たちはなかなか学生と一緒に何かをするって基本的にはないと思うんですよ。

だから、学生に会う機会が全くない。でも、図書館であれば、学生がたくさんいる中で作業をすることになりますよね。

それが何となく学生っぽくて楽しいな、と思ったのです。

試験前は使えないんですけどね、たぶん。でも、それ意外だったら普通に使えるし、学生に混ざって自分のやりたいことをやるのも良いんじゃないかな、と思います。

そもそも若い人が何を考えているのか?とかもわかるだろうしね。

関連記事:シェアオフィスのメリットについて考えてみた。

大学の図書館を使ってみようと思います

 

私なんかは1人で仕事をする時もあります。フリーランスみたいな側面もあるからね。

だから、使ってみても良いのかな、と思ったわけです。

そもそも、うちの大学の場合は蔵書の数も凄いし、大学の図書館が神レベルに高いからもうね、絶対使った方が良いと思うのよ。

学生の時には「卒業後は使えなくなるのかあ」と思っていました。でも、実際には使えるんですよね。

卒業後にこそ使ってみたい施設ですよね。学生の時には全然使っていなかった人でも、社会人になってから使うこともあると思うんですよ。

フリーランスになったり、起業家になったりね。東京大学で学生時代に仲の良かったメンバーと一緒に起業する、みたいなパターンだったらさ、なおさら使いやすいよね。

オフィス代がかからないし、こんなに良い状況はない。

 

スタートアップ企業を立ち上げることを夢みる人もいるけどさ、実際の家賃を見ると、「こりゃ厳しいわ」と思うはず。

だから、そんな人たちこそ使ってみて欲しいよね。

私も大学の図書館を使ってみようと思います。卒業後こそ使わないとね。

関連記事:ノマドはオフィスを持たないけど。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。