人生に悩む君へ

楽しければいいんだ、と良い意味で思えたら幸せの海への地図を手に入れたようなものだ

楽しければ良い。そんなことを言うと、何だかお馬鹿な人みたいです。何だか馬鹿にされてしまいそうです。

 

でも、「楽しければいいんだ」と思えたら、人生って意外と楽しめるんじゃないかな、と思うのですよ。

私たちは生きているだけなのに悩んで、悩んでいるだけなのに死んでしまう。

だからさ、いっそのこと、もっと軽い気持ちで生きてみたらいいんですよ。

生きる」を難しく考えることが多いけど、もっとシンプルで「」のようなものじゃないかな、と最近は思う。

最初は「楽しければいい」なんて思えなかった

 

私の心の中には割と「鬼教官」みたいなのがいたりもしました。

いやぁ、軟弱だし、何をやっても続かなかったりする割に自分が「こうだ」と思ったことに関しては厳しいというか。

楽しければいい」と、その時言われたとしても、私は「そうだね」とは思えなかった。

いや、口では「そうだよね〜」なんて合わせたかもしれないけど、内心では「そんなんじゃダメに決まってんだろ、甘いなぁ」と思っていた。

だってさ、やっぱり何かを成し遂げるためには努力が必要だし、犠牲が必要だと思ったから。

楽しければいい」なんて甘いし、そんなのは弱い奴が吐くくだらない言葉の1つに過ぎない、と思っていたのです。過激な思想だよね。でも、当時の私は心からそう思っていたのです。

私は「歌手になりたい」と思った時にはギター教室を自分で探して教室に行かせてもらった。

家の近くの河原みたいなところで友達と2人で弾き語りをしていた。

当時は「中学1年生」です。そんな年齢だけど、それでもその頃の私は「努力絶対主義者」で、「楽しければいい」というタイプではなかったのです。

楽しければいいよね、と思えたら、もっと違った意味で楽しかったのかもしれないけどね。今となってはそう思えるけど、当時は「楽しければいい」なんてお気楽なことを考えられるだけの余裕がなかったのかもしれない。

私の性格的にも、だけどね。

関連記事:感謝の気持ちを常に持てば、人生は1秒で好転する。

 

私みたいなタイプは「楽しければいい」で成長する

 

私は「楽しければいいや」と思えるようになってから、何だか人生そのものが楽しくなってような気がしています。

私は割と頑張ってしまう性格なんですよね。いや、正確に言えば「真面目」と「不真面目」が混在している。

だから、何に関しても真面目なのか?と問われると困ってしまう。

完全なる「YES」ではないから。でも、やっぱり私は何でも楽しくなくなるくらいまで頑張ってしまうわけなんですよ……。

周りの人からすると、「あの人ちょっとやばくない?」というレベルまで頑張ってしまう。鬱病とかにも気をつけた方が良いよね。

私みたいな人に限って、ある日突然死んでしまったりするわけだし。だからね、私はむしろ「楽しければいい」という気持ちを持つことによって、もっと成長することができるような気がするのです。

楽しければいいよね、と構えている状態の方が精神的にも楽なんですよ。だから、仕事も実は長い目線で考えるとスムーズに進んでいくわけです。

 

一方で、以前の私のような「努力だ努力だ!」とひたすら頑張ってしまうタイプの人間はどこからで必ず燃え尽きてしまう。

1年後かもしれない。10年後かもしれない。それはわからないけど、どこかで燃え尽きる。だからこそ、私はもっと「楽しければいい」を大切にした仕事を作っていかなければならないのです。

関連記事:忙しい毎日の方が楽しい場合もある。

人生は楽しむためにある

 

人生で起こる全てのことは「楽しむためにある」のです。もうね、そこらへんに転がっている不幸も、罰も失恋もまとめて楽しんだ方が良い。

振り返れば楽しい」なら、別にそれで良い。

楽しければいい、なんて昔は全く思なかったけど、今はやっぱり「楽しむ」ということが人生においては重要だよなあ、と心から思う。

 

肩肘はって、強がって、どこまでも頑張る姿を見れば、「ああ、格好良い経営者だな」と思われるのかもしれない。テレビ取材なんか来ちゃってさ、

敏腕経営者:まりも」みたいな紹介をされるのかね。まあ、それはそれで嬉しいけれど……。

 

でも、そんなことよりも、どんなことよりも、何よりも、「楽しければいい」ってのが重要だと思うよ。

 

小さい頃さ、放課後に公園で遊んでいる時って夢中で楽しんでいたじゃないですか。努力なんて知らなくて、ただただ目の前にあるものを楽しんでいた。

あの頃はさ、何だか心も豊かで毎日が愛おしかった。

だから、あの時みたいにある意味で「普通に」楽しめば良いのです。人間は学習していく生物だから、どうしても「努力したい」と思ってしまう。

それは大切なことだけど、楽しければいい、というゆったりとした気持ちだって大切だと思う。

シンプルに楽しい。こんな当たり前のことを楽しむだけで人生はもっとキラキラするんですよ。私ももっと早く知りたかった……。

誰だよ、「死ぬ気で頑張れ」しか教えなかったのは……。まあ大事だけどね、それも。でも、楽しむのも大事よ。

人生だもん。命だもん。

と、雨の降る夕暮れ時に思ったのです。

関連記事:誰にも認められない人生だったとしても、それで良いじゃんと笑おうよ。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。