ブログ運営を語る

誰かの重い荷物が少しでも軽くなれば、私がブログを続ける意味もあるのかなと思うんだ。

人間ってさ、生きているといつの間にか重たい荷物を持っていることに気が付いたりするものじゃないですか。

子供の時には何も気付かずに生きていた。でも、大人になる内に、

  • お金を稼がないといけない
  • 親孝行をしないといけない
  • 家を買わないといけない

とまあ、何だか重たい荷物を背負うようになってしまったような気がするわけですよ。まあ、生きている人は多かれ少なかれ、こういう重たい「何か」を抱えて生きていると思うのね。

でもさ、それじゃ何か疲れちゃうじゃないですか。

いつの間にか持ってしまった誰かの重たい荷物が、このブログで少しでも軽くなれば良いな、と思って私はブログを書いているよ。

 

知らない間に持ってしまう荷物が多いんだ

 

私もね、本当に不思議なもので、気がつかない内に持った覚えのない荷物を持ってしまっていたことが何度もあったんですよ。

例えば、私は割と偏差値の高い進学校に通っていたのですが、その時には、「私立なら早慶でしょ」という流れでした。中には東大に行く人もいたし、国立専門のクラスがあったりもした。

進学校にありがちだと思うんだけど、高校2年生で高校3年生までの内容を終わらせるんですよね。で、そこから本格的に「受験勉強」という感じのカリキュラムになるのよ。

 

そういう環境にいると、「絶対に大学に行かなきゃいけない」という気になってくるんですよね。で、浪人して割と精神的につらい思いをした。

でも、今考えると、「別に大学なんて行かなくても良かったじゃん」という人生を歩んでいる。別にどこかに就職しているわけでもないからね。根無し草なんですよ……。

 

人間ってのは、その時その時の環境に応じて、「こうならなければいけない」と思ってしまうものなのです。

結婚していたら、「マイホームを買わないといけない」とか、女性なら「子供を産まないといけない」とかね。

で、何となく重たい荷物を持つようになるのです。何となく重たい荷物を持つようになって、何となくつらい思いをする。

 

ある程度重たくなってきたところで、「あれ?つらい」と思うようになるのです。怖いよね。ある程度の荷物を持たないと、気がつかないのです。

自分の置かれている状況とか、自分が持っているもの。何にも気付くことができないのです。

関連記事:年収と幸福度について私は考えてみたんだ。

 

何でも良いじゃんか、人生なんて

 

私はいつも「夢を持った方が良い」とか「頑張って生きろ」なんて言ってみたりしている。でも、実際には、心の中で「何でも良いじゃんか」という矛盾した感情を抱えていたりする。

だって、本当にそう思うもん。

何だか知らない内に重たい荷物を持たされて、精神的にもつらくなってきて、つらい思いをするわけでしょう?

だったら、もっと楽な気持ちで過ごしていた方が良いじゃないですか。もっともっと自由に生きてみたら良いな、と思うのです。

私たちの人生ってさ、良い意味でも悪い意味でも自由なんですよ。極論、いつ死んでも良いし、いつ成功しても良い。

80歳になってから成功しても良いし、10歳で世界へ旅に出ても良い。ゆたぽんみたいに生きても良いわけよ。

本当は自由な世界で生きているはずなのに、いつのまにやら背負ってしまうものでしょう?家族とか恋人とか、お金とか、名誉とか。

まあ、何となく重いものをそれぞれが背負ってしまっている。

だからさ、だからこそさ、何でも良いじゃんか、と思えたら良いんじゃないの?私たちは人生全てに「成功」を求める。

でも、「ちゃんと生きよう」と思えば思うほど、重たいものが増えていくようになっているのです。肩が重たくなってきて、次第に心までどんよりとしてくる。

だったら、もっと自由に生きれば良いじゃないの。もっともっと自分の好きなように生きてしまえば良い、と私は思う。

関連記事:現実に戻されるのが苦しくてたまらないなら、今の人生を変えるしかないんだ。

 

誰かの重たい荷物を軽くできたら良い

 

ブログ業界には頭の良い人がたくさんいて、その人たちが情報を上手い具合にまとめてくれる。

こうすれば生きやすいよ」みたいなお得情報をまとめてくれたりする。それはとても有難いことです。

私なんて、お馬鹿な人間ですから、そういうものに助けられる。でも、私は本気で死にたくなった時には助けてくれないわけですよね。

本当につらい時とか、人生で困った時に必要なのは「生きていくための力」だったりするのよ。

 

死ぬほどつらいけど、生きてみようかな」と思えるものだったりとかね。そういうものがあると、私たちはどんなにつらくても生きていける。

だからさ、このブログが誰かの重たい荷物を少しでも軽くできていたら良いな、と思いつつ、書いているわけです。

世界はあなたが死んでも、私が事故に遭っても、何事もなく動く。地球は動き、夜になれば月が輝く。そう思うと、何だか私たちの命はとてつもなく小さいということに気がつく。

 

でも、そうはいっても、私にとって、あなたにとって、私たちにとって、やっぱり命は大事なもので、生きていたくて……。

だからね、そんな時に「仕方ねえ!生きてみるか!」と思える言葉を書いていきたいのです。自分にも向けているよ。あなたにも向けている。

 

こんな世界だけどさ、少しでも楽になってくれたら良いな。そう思って、私は今日もブログを書いています。

関連記事:小学生の時、将来の夢をただ純粋に持っていたんです。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。