仕事の悩み

生意気な部下は上司のせいで生まれるんじゃないの?

生意気な部下ってまあどこにでもいると思うんですよね。

俺の部下がさ、めちゃくちゃ生意気でムカつくんだよなあ」なんて思っている人もいるんじゃない?

でもさ、生意気な部下って上司のせいで生まれているような気もするわけですよ。

中にはどうしようもない部下だっているよ。そういう例外は理解している。

でも、基本的には生意気な部下って上司のせいで生まれるわけですよ。生意気な部下ができるのはそういう上司がいるからこそだったりする。

私は少なくともそう思っているのですよ。あまり聞きたい話ではないのかもしれないけど、ちょっと思うところがあったから書いてみるね。

生意気な部下が生まれる原因

上司が尊敬できない

上司が尊敬できないから生意気な部下が生まれるんじゃないの?とやっぱり思ってしまうよね。

「上司」というカテゴリーは会社の中では偉いわけですよ。「部下」というカテゴリーよりも上。

でも、だからと言って「人間的に尊敬できるのか?」というと、そうじゃない。

上司が尊敬できないパターンだってあって当然なのです。上司が尊敬できない人だとさ、どうしても部下は「この人の前では別にちゃんとしなくても良いか」となるよね。

私だって同じでしたから。どうでも良い上司の前では、「ちょっと休憩いってきま〜す」みたいな感じで逃げていたから。

仕事に夢がない

仕事自体に夢がないと、上司にも生意気になるものなのかね?

え?なんで疑問形にしたのか?

それは私が生意気な部下だったからですよ。

前職で働いていた時には仕事に夢を持つことができませんでした。むしろ「社会にとっては害悪なのでは?」と思ってしまうようなレベル。

だからね、そうすると「ここで働いている上司もダサくない?」となってしまうわけです。まあ私も働いているから同じなんですけどね。

当時は「こんな仕事を続けている上司はダサい→尊敬する必要はない」という感じになっていた。

仕事に夢がないと、生意気な部下が生まれるのです。私みたいなね。笑

転職したい

転職したい場合は仕方ないよね。転職したい時には「もうこの会社なんてどうでもええわw」と思っている時です。

だから、そんな人には割と何を言っても無駄なのかな、と思ってしまう。

転職したい、と思っている時には会社なんてどうでも良くなっていますから、上司が何かを言ったところで、「もうこいつは上司じゃなくなるからな」くらいに思っています。

私も退職する直前は「はい?」みたいな感じで反抗していましたもん。生意気な部下は転職を考えている時にも発生しますよ、経験則で。

関連記事:仕事が決まらない人の特徴を経営者目線で考えてみた。

自分が部下だったら憧れる上司なの?

 

そもそもね、自分が上司だったら憧れるような上司なのか?と考えて欲しい。

休み時間になると喫煙所に行ってタバコを吸ってストレス発散。

金曜日になれば、お酒を飲んで土日はゆっくり過ごす。サラリーマンとしてのスキルをあげようともしない。

キャバクラに行ってお姉さんに今日あった出来事を聞いてもらい、酒を奢る。おすすめのガールズバーなんかもあったりして、仲間と1次会で別れてからそっちへGO。

もしもそんな状態だったらさ、生意気な部下が現れたとしても仕方がないと思いません?

もしも自分が部下だったら、自分のようになりたいと心から願うのだろうか。

そこらへんにいる何でもないつまらないサラリーマンになっていないだろうか?

そう思うと、ほとんどのサラリーマン上司は日々の仕事生活を生きていくのに必死になっていて、「部下から尊敬される格好良い上司」にはなっていないことに気がつくはず。

私だってあのままの生活だったら何も憧れられる点のない人間になっていたと思う。

金曜日になれば池袋とか新宿とか渋谷とかでお酒ばっかり飲んで、遊んでストレス発散をする。

もちろん、月曜日になれば会社に行くのだけど、体調が悪いわけよ。だってお酒を嗜み過ぎているから。それに身体に大きな負担をかけながら遊んでいたからね。

だから、私だって他人のことは言えない。

でも、今は違うからさ。生意気な部下がいたら、「自分の行動ってどんな感じだっけ?」と思い返してみれば良い。

もしも自分が部下の立場だったら尊敬されるような先輩なの?っていうね。意外と簡単だけど、気がつかない指標です。

関連記事:サラリーマンの世界へ社会復帰なんて私にはもうできない。

サラリーマンでも起業家でも格好良く生きようぜ

 

別にサラリーマンだからダサいとかさ、起業家だから格好良いってわけじゃないと思うんですよ。

サラリーマンでも起業家でも慈善家でも、それぞれの生き方があると思う。

だからさ、私たちなりに「格好良い大人」になろうよって話。

生意気な部下がいると腹が立つよね。「こいつなんかに馬鹿にされたくない」と思う気持ちはわかる。

でも、その前にまずはこっちが格好良くなった方が良いんじゃない?

仕事にプライドを持て!」とか「死ぬ気で努力をしろ!」と言っておきながら下っ腹は「ポーン!!」と出てたら説得力がないしダサいよね。

サラリーマンだったらさサラリーマンを極めれば良い。社長になったり役員になったり。社会的に大きな影響を与えたり。

生意気な部下がいて、そいつが気に食わない、と思うなら、自分がもっともっと上に行けば良いのです。

そしたら、生意気だった部下も、「あの人はあんなに凄い人だったのか」と驚くだろうから。

プライドを傷つけられたのなら、プライドを持てる仕事をしようぜ。格好良い大人であり続ければ、何も気にならなくなる。

 

仕事は大変だし、部下にはムカつくこともある。でも、仕事ってやっぱり楽しいし、天井がないゲームみたいなものだから、もっと楽しめば良いと思う。

頑張ろうね。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。