コラム

スマホ使い過ぎだな、と思って最近は人間っぽさを大事にしてる

スマホの使い過ぎってあるじゃないですか。

きっとみんなも振り返ってみると「あ、俺使い過ぎかもしれん」と思うはず。

でも、スマホの使い過ぎなんて誰もが経験すること。だから、特に気にならなかったりするんですよね。

スマホなんて1時間や2時間じゃなく、5時間くらいは操作していると思うんです。

で、「これって非人間的じゃね?」と私は思った。

だからさ、スマホから少し離れてみようかな?なんて。スマホを使うことが当たり前の世の中じゃないですか。

私が子供の頃なんて、スマホなんて全然なくて、ケータイですら微妙な時期でした。まさに黎明期ってやつですね。

でも、今は時代が変わった。着うたなんてないし、着メロなんてない。スマホで何でもこなすことが当たり前になっている。

ただね、少しだけ離れた方が良いのよ。スマホから。

 

スマホ使い過ぎの弊害

肩が凝る

スマホの使い過ぎによって、肩が凝るんですよね。まあ同時に首とかも凝ったりするんですけど……。

肩が凝ってくると、メンタル的にも身体的にも良くないわけです。私を含め、みなさんは日々、パソコンを使って仕事をするわけじゃないですか。

それなのに、会社の椅子に座った途端、「あれ?肩が痛い!」なんてことになれば、仕事への集中力は半減しますよね。

だからこそ、スマホを使わない時間を設けた方が良いんじゃないの?と思うわけ。パズドラやるのもポケモンやるのも良いけれど、少しだけスマホから離れた方が身体的な幸福度は上がるような気がするよ。

 

目が疲れる

目が疲れるというのは私が前から感じていたことです。昔はゲームをやり過ぎたら、「ゲーム脳」なんて言われたりして、

まあ、つまり、目が疲れること全般を否定するような風潮があったんですよ。携帯だって、「携帯依存症」みたいな言われ方をしました。

でも、今は違うじゃないですか。スマホを使い過ぎても、「お前、やばくね?」とは言われないでしょう?そうなんです、時代が変わったのです。

ただね、人間の身体がスマホに対応したのか?というと、そういうわけではないわけです。

人間の身体なんて、数百年前から何も変わっていないのですから、スマホに対応するだけの力がないわけです。だからこそ、スマホの使い過ぎによって身体に不調が出るのは当たり前のことだったりもする。

私は目が乾くし、目が重くなってしまうので、あまり使わないようにしているんですよね。翌日にも響くから……。

 

コミュニケーションが減る

スマホを1日中いじっていると、「コミュニケーションはこれでいいじゃん」となってくるのです。不思議なものですね。

人間という生物は「目と目を合わせて会話をする」というコミュニケーション方法しか知らなかったのに、いつの間にか電話になって、LINEになって、「既読無視」なんて不思議な言葉まで生まれた。

で、このせいでリアルでの会話が減ってしまったような気がするんですよ。例えば、家にいてもLINEをしているじゃないですか。

そうすると、家の中にいる家族と全然話さなかったりする。これって凄く虚しくないですか。

もっと近くにいるリアルな人間と話せば良いのに、文字だけで対話をする。何かここに虚しさみたいなものがあるな、と思ったのです。

スマホの使い過ぎによってコミュニケーションが減ってしまう。これって本末転倒じゃない?

関連記事:コミュ力の高い人を尊敬していたけど円形脱毛症になっていた。

スマホの使い過ぎを減らして起こったこと

景色を見るようになった

スマホを見ていると、景色を見ることがなくなっていたんですよね。例えば、自然が豊かなところに行っても、

スマホをいじいじ」という感じだった。LINEをチェックしたり、後はね、私はブロガーですから、ブログのアクセス数をチェックしたりとか。そういうことをしていたんですよね。

でも、スマホの使い過ぎをやめてみたら、景色を見るようになったのです。例えば、新宿3丁目あたりにいった時には新宿御苑が目に入るようになったりとか、

この前だと、ホーチミンでスマホをいじる時間が少なかった時には、アジアの街並を見てみたりとか。そういう何でもない経験を大事にすることができるようになったのです。

生産性が上がった

スマホの使い過ぎによって、生産性が落ちると思っています。だって、スマホを24時間レベルでいじっていれば、必然的にLINEに返信する時間が長くなってしまうじゃないですか。

返信した途端に「既読」の文字がつけば、そこから1時間とかずっとLINEをしている場合もあるでしょう?でも、スマホから離れてみると、そういう無駄な時間がなくなったんですよね……。

それによって私の場合は生産性が上がりました。1日の中で記事の更新だけでなく、動画の編集もできるようになったのですよ。

生産性が上がったからこそ、できるようになったことがたくさんあったのです。スマホの使い過ぎは生産性の低下を招くような気がする。

ストレスが減った

SNSが大きかったかな。私はSNSの中でツイッターをやめてしまったのだけど、基本的にSNSを見てしまう生活は送っていたんですよね。

でも、スマホの使い過ぎから脱却しようとスマホの使用時間を減らしてからはSNSを見なくなって、ストレスが軽減されたような気がする。

タバコみたいなものでさ、私たちはスマホによってストレスを発散していると思い込んでいるけど、実はスマホによってストレスも感じていたりするんですよね……。

スマホがないと怖いでしょう?イライラしたりするでしょう?不安になったりするでしょう?

ほら、それが依存なんですよ。スマホを使い過ぎているのであれば、やめてみるのも1つの手だと思う。10時間使っているなら、それを5時間にしたりとかね。

関連記事:旅行系Youtuberになるわけじゃないけど、面白そうだからやってみる。

スマホは大好きだけど、あえて使わない時間も大事

 

スマホでできることはいつでもできることだったりしません?

他人のツイートを見たりとか、誰かのLINEに返事をしたりとか。

それよりもは、のんびりと外の景色を見ながら面白いお店を発見したり、綺麗な川で泳ぐ魚を見たり。そういう体験の方が何だか素敵なような気がしたんです。

スマホは便利です。スマホを使い過ぎたところで何も言われない。他人のツイートが見られて面白いし、新しい情報を調べるためには最高のツールよね。

 

旅行とかでも、「金沢 観光」なんて調べたら、すぐにおすすめの観光スポットが出てくる。そういう時代です。スマホは便利なんです。

 

でも、たまにはさ、たまにはスマホを持たずに等々力渓谷に行ってみたりさ、自分だけの幸せな時間を満喫してみても良いんじゃないのかね。

スマホの中に友達が入っているような気がするけれど、別にそうじゃないよ。もっとリアルな体験をした方が良い。

私たちの脳なんて進化していないのだから、もっと自然に過ごした方が良いんだ。

関連記事:頑張れないのは甘えじゃない。もっと自然体で生きていいんだよ

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。