恋愛と私

バレンタインデーの思い出を懐古してみる。

さて、バレンタインデーですよ、みなさん。どうですか?両手には2個、3個、10個とチョコレートが収まっているのではないでしょうか?

違います?ええ、違う人もいるでしょうね。

そうなんです。バレンタインデーというのはおそろしいもので、不平等社会で作られた世の中で最も不平等で悲しい思いをする日だったりするんですよね。

人って顔じゃないよ」と言っていた綺麗な女性たちが、こぞって格好良い顔の男の子にチョコレートを渡していく。そういう盛大な裏切りを見る貴重な機会でもあるわけです。

おいおい、世の中ってなんだ?こんな切ないのか?そうなんですよ、男女とはそういうものです。

さて、ということでね、今回は私のバレンタインデーの思い出について書いてみようと思うよ。

 

小学校の時はバレンタインデーが楽しみで仕方がなかった

 

私が中学と高校は男子校ですから、基本的にはバレンタインデーなんて関係ないわけですよ。でも、小学校はバレンタインデーというものがまだ機能していましたからね。

 

生物学上は男女が混在していました。だから、チョコレートを渡す女子もいたし、チョコレートをもらう男子もいました。

もちろん、私も例に漏れず「今年はチョコレートもらえるかな」とウキウキしていました。

多少自慢になるけれど、私、小学校時代は運動神経が抜群だったので、毎年平均で3個程度はチョコレートをもらっていたような気がします。

これだけでも今となっては思い出深いよね。でも、私は別に「誰かにモテたい」みたいなキラキラしたタイプでもなかったので、好きな子からのチョコレートが欲しかったんですよね。

 

小学生の当時なんて、「付き合う」みたいな概念もありませんから、両思い(両思いって言葉久しぶりに聞きました)の子であっても、特に何の契約もないわけです。

俺たち付き合ってるよね?」みたいな暗黙の了解もない。だから、私は小学校5年生くらいの時かな?

その時のバレンタインデーはドキドキして待っていました。バレンタインデー当日、まだ冬の寒さが残っている時期で、ひたすらゴスペラーズの「星屑の街」というオシャレな曲を聞きながら待っていました。

すると、「ピンポーン」と自分の家のベルが鳴らされたわけです。でも、出てみたら、「あれ?この子じゃない」という子が家の前に。

結局、その日は好きな子からチョコレートをもらうことができませんでした。

関連記事:本場ベルギーに行ったら絶対行くべきチョコレートのお店をお土産写真付きで紹介する!

 

翌日の話

 

で、翌日になるわけですよね。もうこの日は全然バレンタインデーじゃないわけですよ。でも、なぜかその日は相手の子と一緒に近くの文化センターみたいなところに行く約束をしていたんですよね。

大人になった今考えると、「その時にもらえるのでは」と思うのだけど、その当時は小学生ですからね。そこまで頭が回らずに、「バレンタインデーにチョコレートがもらえないなら終わりだ」と悲しい気持ちになっていました。

 

その子と会って、しばらく文化センターの中を散策します。でも、私はもう気が気じゃない。バザーみたいなものをやっていた記憶があるけど、

私の頭の中は、「チョコチョコチョコチョコチョコチョコ」という感じで、チョコという言葉で頭が溶けちゃいそうでした。

で、最終的にはチョコレートをもらうことができたんですよね。いやあ、あれはバレンタインの歴史に残る嬉しい日だったな、と思う。

 

だって、小学生の時なんてまだウブですからね。チョコレートをもらう、というだけで緊張するわけですよ。まあ、今も緊張するけど。

でも、その時はもっと緊張していたなあ。

まあ、別にその後に何をするわけでもないんですけどね。「ありがとう」と言ってもらうだけ。

何ならその好きだった子とかも、途中から自然消滅的に会わなくなったんですよね。私は全然覚えてないけど、

少し大人になってから聞いてみたら、「ごめん!俺、塾があるから会えないわ」と言っていたらしい。

私ってそんなにドライな人間でしたっけ?「ごめんなさい!あたし、女優になるから彼氏と別れなきゃいけないの」ばりのテンション感ですよね。何様だろう。

 

でも、そういう感じで自然消滅したらしい。子供の頃の恋って不思議だよね。これがね、割と覚えているバレンタインデーの思い出かな。

関連記事:恋愛が煩わしいと思っていた私が変わった。

 

バレンタインデーって素敵な日でもあるよなあ

 

男にとって、バレンタインデーというものは何だかずっとドキドキする日のような気がする。何だろうね、あの感じ。

普通は男から「好きです」って告白するじゃないですか。付き合っている男女でも、だいたいは男から何でもする。

でも、バレンタインデーだけは違うよね。女性から男性に「好きです」という気持ちを伝える素敵な日になっている。

 

その日があるからこそ実る恋とかもあるんじゃないかな。ちなみに、バレンタインデーで結ばれた結果生まれた子供は11月前半に生まれて……おっとこんな大人みたいな話はしない方が良いか。

 

まあ素敵な日ですよね。中学校とか高校の時には男子校に行っていたから、バレンタインデーの思い出というものがほとんどない。

見かねた友達が「俺があげようか?」と半ば本気で言ってきたのが良い思い出です。ちょっとそっちの気があったけど、良い人でした。

 

あ、あとね私というか、私たちはバレンタインデーにチョコレートが欲しくて、私が組んでいたバンドでわざわざバレンタインデーの日にライブをやったこともありました。

他校の女子高生とかも来ていて、まあ私だけがもらえるわけじゃないんですけど、私を含めた多くの人がもらえるわけです。

手作りとかで作ってくれる子とかもいて、私は緊張しすぎて、手作りクッキーをもらった途端に地べたに落としてしまったんですよ……。情けない。

だから、大急ぎでの30秒ルールで食べました。ええ。

 

うーん。やっぱりバレンタインデーの思い出って何だか淡いね。大人になると、「結婚だ」とか「婚活だ」とややこしくなってくるけど、学生の時みたいな真っ白な気持ちで人を好きになってみるのも良いんじゃないの?

ねえ?どうだろう?

関連記事:社会人になってからの恋愛って結構ハードモードじゃない?

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。