人生に悩む君へ

何も考えない、という幸せを考える

何も考えない。この状態って実は幸せな状態なんじゃないかな、と最近は思うんです。

私は考えることが大好きです。だから、仕事のことに関してとかだったら特に考えてしまう。

24時を過ぎても考えてしまって、25時とか26時になることもしばしば。

でも、仕事以外のことに関してはできるだけ考えたくない。むしろ、何も考えない状態にこそ幸せがあるんじゃないかな、と。そう思うわけです。

何も考えないことに幸せがある。こんなことを言うと不思議な感じがするけど、ちょっと語りたい。

無知だから幸せなのか、それとも

 

幸せな人には2つのタイプがいると思う。

  • 無知だから幸せな人
  • 無知じゃないけど思考を止める人

この2つじゃないかしら?

あの人ってなんかポジティブなんだよね」と言われる人のタイプは概ね前者だと思う。

人間は知識をつけ、自分の頭で考えられるようになればなるほど、余計なことを考えてしまう。

人生を総合的に捉えた時には得をする。頭が回り、あらゆるリスクから自分を遠ざける。

でも、「何も考えない」ということができなかったりする。何も考えないために、無知である必要があるからね。

例えば、「腹痛にはこんな病気の可能性がある」という知識を持っている医者だったとしよう。この場合、もしも腹痛を感じたら、「これは”あの病気”の可能性がある」と思う。

そして、恐怖かられるわけですよ。場合によっては暗くなる。でも、無知な患者はどうだろうか。

腹痛だし、別に何の問題もないか」となるわけ。ガンの可能性を疑うわけでもない。でも、これはポジティブなわけではなくて、ただ単純に「無知だから」なんですよね。

無知であるがゆえに、自動的に「何も考えない」という選択肢を選んでいるわけです。自ら、思考を操作しているわけではなく、

自動的に振り分けられているというか。そうなんですよね。結局、無知だから幸せなのか、それとも自分で考えられるけど、それでも幸せなのか。

それによるのかな、と思うわけ。

関連記事:ここで死んでもいいやという強さを私は持っていたい。

考えないことで私たちは幸せになれる

 

私は生きていて、「考えない」というスキルを多少は身につけたと思う。

未来に起こりうるリスクを考えることは大切です。

例えば、私は旅行が好きなのだけど、旅行をする時には「航空会社の事故歴」をかなりきにする。

なぜなら、「航空事故で死にたくないから」なんです。避けることができるからね、航空事故は。

でも、例えば、「明日、飛行機が墜落してしまうかもしれない」とは考えない。

なぜならそれは「自分ではどうしようもできないこと」だからなんですよね。考えても変わらないことに関して考えても自分のメンタルにダメージを与えるだけ。

それを私は実感してきたのです。何も考えない、という行動に私たちの幸せは内包されているような気がする。

何も考えない状態こそが私たちの幸せの原点だったもするわけですよ。何も変えられない状況をじっくり見たところで、私たちの心が疲弊していくだけですよ。

だったら、思考を「ここでストップさせてしまおう」という感じで停止させる。そうすると、私たちは自然とプラスのことを考えるようになるわけです。

思考を止まり、目の前の幸せな光景だけが脳内に伝達される。

人間という高等な動物に幸か不幸か生まれてしまったわけですから、「思考を止める」という行為を覚えてみても良いんじゃないの?と私は思う。

関連記事:現実に戻されるのが苦しくてたまらないなら、今の人生を変えるしかないんだ。

でも、思考を止めるだけの人生も悲しいよな

 

ただ、思考を止めるだけの人生になってしまったら、それこそ無味無臭の悲しい人生になるのではないか、と思う。

悩みもしなければ、悲しみもしない。将来を憂うこともない。

幸せではあるけれど、薄い幸せのような味のない幸せのような感じがする。

ちょうどマクドナルドを食べて、「美味しい」と感じるあの感覚のようです。

マクドナルドは美味しいのだけど、それぞれ味が違うわけではない。美味しいけれど、それぞれ違うわけじゃなくて、量産型の食体験というか。

だから、私は悩みつつも人間的であり続けるべきだよな、と思ったりもする。焼きましされたような、どこかの誰かでも体験できるような幸せでも良いならそこらへんに落ちている。

思考を停止させて、「ここがおすすめです」という情報を追っていくだけ。それだけでだいたい私たちは幸せになれる。

 

でも、そんな人生は虚しいと言えば虚しい。だから、考えるわけです。考えるけれど、考える必要のないことは考えない。その取捨選択とタイミングが大事なような気がしている。

生きていく上で、常に緊張状態にあるのは厳しい。生きる、という、この行為自体が面倒なものになってしまうからね。

だから、適度な良い塩梅を保っていくことが大事です。

 

まあ、何が言いたいのか?というとね、難しいのだけど、思考を時には止めて、時には動かして。

そうやって生きていけば良いんじゃないの?という話よ。わかる?

関連記事:命の終わりまで私は走り続ける。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。