ブログ運営を語る

モバスペでバンドサイトを運営していた時の話。

モバスペという言葉を知らない人の方が多いんじゃないかな、と思う。まあ、何か?というと、今でいうwixとかjimboとかその類のものなんですよね。

ただ、携帯電話専用のサイトになっていて、最近のサービスとはクオリティが全然違うわけです。

もっとわかりやすく言うとすれば、「物凄くクオリティが低い」のです。すみません、失礼なことを言って……。

いや、当時は画期的だったんですよ。誰もが使っていたし、誰もがモバスペだった。でも、今となっては過去の遺物。

 

でもね、何だか懐かしくて書いてみようかな?と思ったんです。

 

モバスペの「ここ」が素敵だった

今は懐かしい画面

モバスペユーザーだったらわかってくれると思うんですよね。何となく「前略プロフ」にも似ているようなあの感じ。

こういう感じでサイトを作ることができるんですよ。何とも古い感じがするでしょう?ちなみにさ、「アクセス数」という項目があるのだけど、

ここは他のページに遷移しても、アクセス数が上がってしまう仕組みになっているんですよね。今のサイトだと、「ページビュー」として扱われるのだけど、この時は「アクセス」という謎の一括り。

これがユーザー数だと思ってしまいがちだけど、そんなことはないのよね……。100人見てくれた!と思ったら、実は100ページ見られていただけだったり。

 

でも、何かそれが面白かった。

 

リアルという文化

今で言う何だろうな。掲示板みたいなものかな。うーん、それともちょっと違う。あれだね、どちらかと言えば「ツイッター」に近いものだった。

日々思ったことを呟いてみたりして、それに対する反応があって。だから、私もバンドをやっていた時代は、「法政の子と仲良くなりたい!」と思って、リアルで絡んでいたりしたっけ。

 

結構周りでもそういう人が多かったと思う。まあ、私と私の友達たちは男子校ですからね。

好きな女性と会う機会と言えば、ライブを通じて出会った人くらいなんですよ。私なんて、バレンタインデーにライブをしたくらいですから。

リアルという「謎の名前」だけど、みんなは普通に使っていたよね。前略プロフでも「リアル」という機能があったな。

リアル」という名前が一般名詞のように使われていたのです。今思えば不思議だけど、その時代を生きる学生の共通言語だったんだよね。

関連記事:mixiという名の闇について明るく懐古してみる。

 

私がブログを始めるきっかけにもなったものです

 

モバスペってさ、私にとっては「ブログの始まり」みたいなものでもあったんですよね。モバスペで作ったバンドサイトでブログを書く。

それを読んで、学校の友達が反応する。それが何とも楽しかったんですよね。その当時は「HTML・CSS」を自分でいじっていたんだっけな。

何もわからなかった私が何となくいじってみて、サイトをより綺麗なものに作り変えていったような気がする。

 

本当はバンドのために存在するホームページだったけど、私は「ホームページ制作」の方に凝ってしまった。楽しくて仕方がなくて、自分だけの秘密基地を作っているような気分になった。

それが私が今のブログを作るきっかけというか、うーん、原体験みたいなものなんですよ。

学生の時ってぐちゃぐちゃした感情を抱えるじゃないですか。不登校になりそうな君へ、少しだけ長く生きている私が話したいことがある。でも書いたけど、やっぱり学生時代って不安定だと思う。

 

年齢と共に繊細さみたいなものは薄れていくのだけど、学生の時は繊細で不安定で、でも、だからといって対処法も知らない。

だから、もがいていたいだよね。その時のことを当時はモバスペのバンドブログに書いていました。

で、今はブログで生きている。そう思うと、不思議です。ジョブズじゃないけど、「点と点は繋がる」を感じるよね。

学生時代に遊びというか、趣味でやっていたものが、仕事になったりする時代ですから。

ある意味でモバスペには感謝していますよ、ええ。

関連記事:私が3年以上ブログを継続できている理由

 

モバスペのサイトを運営している時と今

 

何となくですけど、良い意味で、モバスペのサイトを運営していた時の自分と今の自分ってそこまで変わらないのかな、と思うんですよ。

あの頃の心がぐちゃぐちゃしていた感じはないけれど、何というか、自分の感情の吐き出し場所としてサイトを使っているところとか、少年みたいな気持ちというか。

そういう部分は当時からあまり変わっていないような気がする。

 

仕事はしているよ。

今日なんて取引先だった人とこんなものまで食べて、大人みたいです。

おいおい、人形町今半で食事をするなんて、悪い役人みたいじゃん」と思った。

 

でも、何だか心の奥底は変わらなくて、だからこそ、仕事の人とも友達とも、誰とも同じように接しているのかな、と思う。

 

今回はモバスペを使っていた当時を思い出して何となく書いてみたんです。まあ、中身はないっちゃない。

だから、読んでくれた人からすると、「おいおい、何だこれ?」と思うよね。いや、そもそもモバスペを知らない今の世代の人からしたら失笑ものだと思う。

でも、私にとっては懐かしいものの1つなんです。ああ、あの時代、今の自分、色々なものに思いを馳せました。

 

これからの自分はどうなっていくのだろうか。

関連記事:ブログ運営の勉強の仕方!私が3年かけて学んできた方法を教えるよ

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。