起業と経営

社会人経験がない人でも良いじゃない?でも、メリットとデメリットはあるよ。

社会人経験がない人っていると思うんですよ。社会人経験がないままに独立してしまったり、起業してしまったがために社会人の経験がない人。

でも、別にそれでも良いと思うんですよ。どこぞのおじ様方は「世間知らずだな」と言うのかもしれない。

私も割と社会人経験なしで来てしまったタイプなので、社会のことなんてわからない。名刺の渡し方でさえもよくわかっていない。

ただ、それでも生きていけるわけですよ。おじ様方は文句を言う。それはわかっているよ。今の仕事をしてからもやっぱり嫌な人にはたくさん会ってきた。

その度に唾を吐いてやりたくなった。でも、大丈夫よ。まあ、デメリットもあるんだけど。

社会人経験がないことによるメリット

自分に自信が持てる

社会人経験がない人の方が自信を持つことができるような気がする。社会人になってしまうと、「人生の大先輩方」がまあ有難いお話をしてくれるわけですよ。

日本は年功序列社会ですからね。その中で徹底的に自分のプライドとか、自信みたいなものを崩される。

私も、最初は「俺ってダメなのかな」なんて思ったりもしたもんね。まあ、1秒くらいね。

だから、自分に自信を持ったまま、起業したり、フリーになったりするのも悪くないんじゃないの?と思う。

自分に自信を持つことができるのを待っていたら、50歳とか60歳とかそういう年齢になってしまう。早くても40代よね。

そんな時に、結婚もしていたら起業するか?しないよね。だからこそ、社会人経験がない人でも良いんじゃないの?と私は思う。

私だって、当時働いていた支店の副支店長に「若いのはまだまだ!」みたいなことを言い聞かされていたから、あのままあそこにいたらどうしようもない人間になっていただろうな、と思うもん。

事業を大きくする可能性が高い

事業を大きくする可能性が高いんですよ。事業というものはできるだけ早い段階で始めた方が良い。

なぜか?

それは、どんな事業にしても、大きくするためにはそれなりの時間がかかるから。波に乗ってきたとしても、いきなり「売上1兆円」になるわけじゃない。

誰もが突然「孫正義」になるわけではないのですよ。だから、ゆっくりと、急いで成長していかなければならない。だったらさ、若い方が良いじゃない?

死んじゃうもん。20歳でも遅いかもしれない。10代から自分の会社を持って、徐々に成長させていくのが個人的にはおすすめです。

社会人経験がない?別に良いんですよ、そんなことは。

ストレスに晒される時間が少ない

社会人経験を持ってしまうと、ストレスに晒される時間が長くなってしまうんです。まあ、私はサラリーマンを経験することができてよかったとは思う。

ただ、ストレスには晒されたんですよね……。その点を考えると、別に社会人経験がないからといって起業とかフリーランスになることを躊躇する必要なんてないのかな、と思う。

私は上司と折が合わないから、ストレスを抱えたし、あのまま一緒にいたらどうなっていたのかわからないもん。

これぞサラリーマンの鑑!」みたいな人でしたから。起業とか、そういう人とは無縁のね。

僕たちはサラリーマンだから、おとなしく言うことを聞いていれば良い」みたいな考え方だった。

しかも、その人は相当な過保護家庭で育ったらしく、結構な年齢なのに、未だに「お母さん」の話を私にしてくるあたり……おっと、ここらへんにしておきましょう。

関連記事:経営者の視点で考えることは大切だけど考えてくれないものなのよ。

デメリットもあるっちゃあるよね

世の中からの評価

何だか古いような気もするのだけど、やっぱり世間的な評価だけで言えば、社会人経験がない人への評価は厳しいと思う。

私も、「何も知らない小僧のくせに」みたいな扱いをされることはある。いや、今でもそう思っている人はたくさんいるでしょう。

社会というものは社会人経験が豊富な素敵なおじ様方で溢れているのです。だから、世の中の評価的には「社会人経験もないのに独立なんてできるのか?」なんて思われてしまう。

まあ、逆にね、「社会人経験豊富なあなたたちは独立しないの?」なんて思うんだけど、きっとそれは主義なんだろうね、うんうん。

マナー云々がわからない

これは私にも少し共通するところがある。社会人経験が少ない私はイマイチ「社会人としてのマナー」みたいなものがわかっていません。

名刺の渡し方とか、部署が変わった時の挨拶とか、何とかなくわからない。

どんな顔をして良いのか、どんな反応をして良いのかわからない。電話応対にしても、経験が浅いから微妙。

社会人経験がある」ということは「社会で生きるマナーを備えている」ということでもあったりする。

そういう意味で言えば、社会人経験がないと、マナー云々は苦手になる可能性があるね。

まあさ、実力があればそんなものはいらないんだけど。これは思うよ。マナーができるからといって仕事が来るわけではないから。

そんなものがあったとしても、仕事がもらえるわけじゃない。

関連記事:早起きできないから社会人になれなかった私が規則正しい生活になった理由

 

やりたいことがあるならやっちゃいなよ

 

デメリットもやっぱりあるよ。世間一般の人が全て柔軟な考え方をしていれば、違うのかもしれない。でも、一般の人はやっぱり今でも、「サラリーマンとして働くのが男だ」みたいに思っている。

 

すっごく古くて大嫌いな考え方だけど、やっぱり世の中のマジョリティが正義と見做される。

だから、「社会人経験がない」というのは世間的な扱いが良くない。

でも、やりたいことがあるならやってみれば良いじゃんか、と私は思う。

私は社会人経験なんてないままに借金を背負って会社を経営し始めたけど、まあ今のところ何とかやっています。

みんなが想像するような「理想的な経営者」なんてものじゃないけどね。サラリーマンの方がよっぽど楽だと思うし。

ただ、本当にやりたいならやってみても良いと思うんです。

私の場合は自分の会社をやったり、ブロガーとしてブログを運営してみたり。

最近はYoutubeで動画を配信してみたり。まあ色々やっているわけですよ。周りからしたら狂ったように仕事をしている。

でも、それが楽しい。私はこうやって生きているし、日々楽しんで仕事をしています。だから、別に良いんじゃないかな。

 

自分が「正しい」と思った道って案外正しいかもよ?迷うことはあるかもしれないけれど、それでも良いじゃない。

社会人経験がないとしても、生きたいように生きてよ。ここにお馬鹿に生きている奴が少なくとも1人はいるからさ。

関連記事:命の終わりまで私は走り続ける。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。