人生に悩む君へ

「自分は何者か?」を問い続けてきた人生だった。

自分は何者か?そんなことを思った経験がある人ってきっと私だけではないはず。私たちは生まれた瞬間を知らない。私たちの記憶だって曖昧。

だから、自分は何者か?という疑問を持つことって実は当然なんじゃないの?と思うわけです。

よくよく考えてみると、私たちは自分のことはおろか、人間という存在についても知らない。この世界についても知らない。

実は知らないことだらけの状況で生きているような気がするんです。

私は「自分は何者か?」と問い続けてきた人生を歩んできたんです。

 

なぜ自分は何者か?を問うたのか

 生まれてきた時を知らない

私たちは生まれてきた時を知らない。母親の身体から生まれて来た。これは教科書に書いてあった。

精子と卵子によって自分が生まれる。そんなことは事実としてわかっている。

でも、知らないんですよね。私が生まれた時を。私は私が生まれた瞬間もいつから自我を持ったのかも知らない。

だから、「自分は何者か?」と問うのは当然のことだった、と自分では思っている。何かのきっかけがないと、自分の存在について考える、なんてことはないのかもしれない。

でも、私はやっぱり考えてしまった。自分は何者か?と聞かれても、私たちはそもそも生まれた時を知らないんだもん。

仕方がないよね。そもそもこの世界に生まれた瞬間っていつよ?って話だし。精子の段階から?受精卵から?便宜的な答え以外に見つからない。

父の喪失と自我

私は私の父親を早くに失っています。だからなんだろうね。私は何だか自分が何者なのだろうか、と本気で思うようになってしまった。

それまでもあった。自分の存在について考えたことはあった。みんなにも1度くらいはあるでしょう?何だか不思議でおかしな世界に迷い込んできた同志なのだから。

でも、父親が亡くなってしまうと、自我というか、自分の存在みたいなものと向き合うようになるんですよ。

 

自分は何者か?と考えた時に、片方の遺伝子元である父親はもういない。父親がこの世界にいたことは確かだと思うのだけど、もう存在はなくて、証拠だけが冷たく残る。

そう思うと、何だか私という存在の半分も少し冷たくなっているような気がしてくる。自分とは何者なのだろうか?そもそも父親という存在でさえも何者なのだろうか。

一緒に住んではいたけれど、何の仕事をしていたのかも知らなかったし、恋愛遍歴を知っているわけでもない。

色々考えていくと、何だか不思議な気持ちになりました。

関連記事:人生で一番大事なものは健康だよ。

 

みんなは誰なんだろう?

 

僕もあなたも誰なのだろうか。そう考えるとわからなくないですか?自分は何者か?と考えてみると、意外とわからなかったりするよね。

1人の人間を他の人間と区別することはできる。でも、自分が自分であることを証明するのは非常に難しい。

例えば、

  • おしゃれで
  • 美容師をやっていて
  • 髪が茶色で
  • 背が高くて

みたいな特徴を言ったところで、個人を特定することはできない。自分は何者か?と聞かれたところで、ありきたりな特徴しか言えない。

日本でさえも1億人以上いるから、その人たちと区別するのは非常に困難。

だからね、実は私たちって「何となく自分」みたいなものがあるんですよ。でも、それを明確に表現することはできない。

私が私として生きているからこそ認識することができるのだけど、もしも第三者的な目線で考えたらどうなるのだろう。

そう考えると、意外と自分という人間についてなんて何も知らなかったりするものです。自分とは何者か?

そう聞かれた時には、誰もが「答えられそう」と思うはず。でも、どうだろう。実は難しい問いなのではないか?

そう思うのです。

自分とは何者か?と考えてみると、実は自分という人間は10個の特徴でさえも表すことができない。いや、100個でも、1000個でも無理。

何とも不思議ですよね、私たちの命って。

関連記事:死ぬわけじゃない、と思いながら受け流す技術。

 

私は死ぬまで自我を求め続ける

 

私はきっとこの先ずっと、死ぬまえ自我を求め続けるのだと思う。自分は何者か?と考えれば考えるほどわからなくなる。

だって、私はせいぜいおじいちゃんくらいまでしか知らない。おばあちゃんは、「うちは平家の落人だ」みたいなことを言っていたけど、そんなことはない。

何てことのない人物だと思う。

まあね、とにかく私は私のことを実は何も知らない。生まれた時には東京というごちゃごちゃした街にいて、気が付いた時には中学生になっていた。高校生になっていた。

そして、大人になっていた。

自分とは何者か?と考えている暇もなく、ただただ生きてきたような気がする。今となっては父親も死んでしまって、自分の中の半分の遺伝子を持った人がいない。もう2度と会えない。

そう思うと、やっぱりこれからも自分という人間を探っていこうかな、と思うんです。

私は死ぬまで自我を追い求めるよ。社会的成功によって?旅によって?それはわからない。でも、私は私らしく、生きてみる。

関連記事:自分の価値なんてないと思っているから私は生きやすいんです。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。