ブログ運営を語る

ブログが読まれない?50万PVの私が助言しよう。

ブログが読まれないと悲しくなりますよね。ブログって読まれてナンボのものであって、まあ自己満足でもあるのだけど、やっぱり読んで欲しいじゃないですか。

いつも読んでいます」みたいなメッセージが届いたりすると、何年ブログをやっていてもやっぱり嬉しいし、「ブログを書き続けてきてよかったな」と思うものです。

だからこそ、今ブログが読まれていない人にも、読まれるブログを作って欲しいのです。最近はブロガーがYoutubeばかりに注力したり、徐々に撤退する人も増えています。

あ、私もYoutubeやっているんですけどね。

でも、やっぱり文字媒体って面白いし、好きなんですよね。だから続けて欲しい。ブログが読まれない、と悩む人たちへ、50万PVの私が書いてみるよ。

 

ブログが読まれない原因

記事数が少ない

ブログが読まれない原因として最も多いのがこれじゃないかな。記事数が少ないとやはり読まれる可能性は低くなります。

プロブロガーのような人でも、Googleアナリティクスを見てみると、1%の記事が全体の80%のアクセスを集めていたりもする。

これが何を意味するのか?というと、それほど「ヒットする記事を書くのは難しい」ということなんですよ。

だからこそ、最初は「10記事」くらい書いても全然読まれなかったりする。自分では、「渾身の記事だろ、これ」と思っていても、まあ読まれない。

ブログの設定がおかしいんじゃないか?」と思うくらい読まれないものです。

 

SEO対策がされていない

SEO対策がされていない記事を書いても、基本的には上位に表示されません。

転職 比較」というキーワードで記事を書くべきなのに、

  • 転職
  • 比較

という2つのキーワードが記事に入っていなかったら、検索されても上位に表示されないのでクリックされませんよね。

ブログが読まれない人はSEO対策がきちんとなされているのか?を考えた方が良いです。共起語まではこだわらなくて良いよ。

でも、ある程度はSEO対策しないと、やっぱり読まれないんですね。

 

キーワードの選定が下手

キーワード自体の選定が下手な場合もありますね。競合の多いキーワードと競合の少ないキーワードが存在しているものです。

これはビジネスの世界でも同じですよね。例えば、私が「新しい携帯電話を作りました!」と言っても、iPhoneみたいな強い競合がいるから見向きもされないんですよ。

キーワードもGRCで、知恵袋や発言小町みたいな弱めのサイトが上位表示されるキーワードを見つければ良いのです。

検索順位チェックツールは「GRC」を使うべきですよ。では、使い方やメリットを解説しているので、どうぞ。

関連記事:元気が出るブログを書いていけたら良いなあ。

 

 

PV別に何をするべきか考えてみた

1万PV未満の人

とにかく記事を増やす

1万PVにも満たなくて、「ブログが読まれない」と悩んでいる人は、まず記事を書いた方が良いです。1万PV未満の人は根本的な記事数が足りないと思います。

まずは100記事を書いてみるところからスタートすれば良いと思う。私も最初の頃は1日に8記事くらい書いていましたから。

1日に10記事書くことができれば10日で終わります。ブログが読まれないのは「」が原因でもあるのです。

差別化できる記事を書く

他の人では書けないような内容の記事を書いてみると良いです。ブログが読まれない時には、「競合サイトが強くて負けている場合」が多い。

だからこそ、自分にしか書くことができない記事を増やすことでオリジナリティが生まれ、検索上位に表示されるようになります。

早い話、自分の経験を話してみるのが良いです。サラリーマンを辞めたならその時の話を赤裸々に書いてみる。

学校を中退したならそれを書いてみる。誰も書けないものや、自分が他人よりも詳しく語れることを書いてみれば良いのです。

 

10万PV以下の人

回遊率をあげる

10万PVまで行ったのであれば、回遊率をあげられるように頑張ってみましょう。回遊率を上げることができれば、PVが増えます。

極端な話、ページセッションが1.5から3になれば、10万PVが20万PVになりますから。

結果的にGoogleからの評価も上がっていきますからね。回遊率をあげられるように、ウィジェットに関連記事を加えたり、おすすめ記事を加えたり。

プロフィールを見てもらえるように挿入したり。

 

サーバーを見直す

サーバーによっては読み込み速度が遅い場合もあります。遅いと、ユーザーから「このサイトは遅いな」と思われてしまいます。

スタンダードプランをプレミアムに変えてみたり、サーバー側に問題があるのであれば、サーバー会社自体を変えてみるのも手だと思います。

私の場合は、さくらインターネットからmixhostに移行したら感動が止まらなかった。でも書いた通り、さくらインターネットからmixhostに変えた経緯があります。

ブログが読まれない、と悩んでいる人はサーバー変更も考えてみると良いのではないでしょうか。

 

リライトする

リライト作業はブログが読まれない時に、最優先でやるべきことだと思う。ブログって1度書いたら終わりではありません。

数ヶ月や数週間単位で調整していく必要があるんですよね。歌舞伎町は危険だと思う人が多いからよく行く私が書いてみる。という記事なんかは、もう3度ほど歌舞伎町に行って写真を追加しています。

それくらいリライトというものは大切なんですよね。

リライトすることにより、Googleから「このサイトは良いサイトだ」と判断してもらえます。

結果的に検索上位に来て、読まれるサイト、記事が出来上がるのです。

 

それ以上の人

検索順位10位以上のものからリライト

この段階になってくると、記事数もある程度多いと思うし、全ての記事をリライトしている時間はないと思います。

私の場合はありませんでした。だから、基本的には「10位以上の記事」からリライトしていった方が良いのです。ブログが読まれない、と思っているかもしれないけれど、

10位の記事が1位になったら、数十万のアクセスになりますから。それだけでも大きなアクセスになりますよ。

テキトーにリライトするくらいなら、がっつりとリライトして、1記事で200PVくらいを稼げるようなものを増やしていきましょう。

 

カテゴリーを整理

10万PV以上になってくると、カテゴリーを整理する必要が出てくると思います。私の場合だと、現在で「3000記事」くらいはありますからね。

カテゴリーを整理して、読者がわかりやすい導線を作ってあげることが重要になってくるのです。そうすることにより、回遊率が上がりますから。

直帰率だって下がるでしょう。整理することで、わかりやすいサイトにしていくことが大切なのです。

 

不要な記事を削除

サーチコンソール(昔のウェブマスターツール)で「カバレッジ」という項目の「除外」をクリックしてから、

クロール済み インデックス未登録」というものを見てみましょう。ここを見ると、「検索エンジンにはチェックされたけど、価値のないコンテンツだと判断された記事」が浮き彫りになります。

ここに出てきたものを片っ端から削除していくのです。私も定期的に行っています。思い入れのある記事であれば、残しておいても良いと思います。

でも、そこまでの記事なら削除すれば良いと思う。

関連記事:ブログ運営の勉強の仕方!私が3年かけて学んできた方法を教えるよ

 

ブログは改善し続けて大きくなっていく

 

ブログが読まれない、と悩んでいるのだろうけど、ブログって改善し続けて大きくなっていくんですよね……。

回遊率を上げて、直帰率を下げる。こういう改善を繰り返していくしかないんですよ。アップデートの大規模なものが出てきたら、それに対応したり、

リライトする時には、他のサイトにないような面白い情報や取材内容を入れてみたり。そういう地味な作業によってブログは成長していくんじゃないかな、と思う。

ブログが読まれない、と思うのかもしれないけど、普通に努力して、普通に改善していけばどんなブログでも大きくなると思うよ。

 

単純な話、努力をすれば誰でも有名になれる分野だと思うから。いま有名になっている人でも、別に何かに優れていたわけではないんですよ。

ただただ続けてきただけ。改善してきただけ。それだけの話なんです。

 

小説家だったらまたちょっと違う才能が必要だけどね。ブログというものは基本的に「ストック的構造」を持っていて、過去の記事が積み重なっていけば、どんどん右肩上がりにアクセスが増えていきます。

 

だからね、頑張れば良いんです。改善していこうね。そんで、たまにこのブログに戻ってきてくれたら良いな。

関連記事:稼げるブログを作ろうとすると続かないと思うよ。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。