人生に悩む君へ

素晴らしい人になりたい、と思いながら死んでいく世界は美しいかな?

素晴らしい人になりたい。誰でも1度は思ったことがあるんじゃないかな。歴史の教科書に載るような素晴らしい人間になって、

死んでからもなお、国民から尊敬されるような存在になることができたら嬉しいな、と思ったりする。

Youtuberになって名を馳せたり、起業家としてIPOをしたり。まあ、何でも良いのだけど、誰しもそういう「野望めいたこと」の1つや2つはあるでしょう。

でも、だいたいの人は素晴らしい人になりたい、と思いながら死んでいく。そんな世界って美しいのかな、と思ってしまうのです。

 

素晴らしい人になりたいと思いながら過ぎていく時間

 

素晴らしい人になりたい」と思っていても、残念ながら時間だけが過ぎていく。そういうことの方が多い。

素晴らしい人になりたい、と思っていても、結局は自分で何か行動を起こし、そして継続していく必要がある。しかし、これができないんですよ。

例えば、私、まりもみたいに「ブロガーになりたい」と思ったとしても、99%の人は記事を書き続けることができない。

そして、サラリーマンを辞めることができない。だから、結局、「こんなもんで良いのかな」と思って人生を終えていくわけよ。

誰しも「素晴らしい人になりたい」と日常生活のどこかで思っている。例えば、情熱大陸のようなものを見た時、プロフェッショナルのようなものを見た時。

こう思う。

私も偉大な人物になろう、素晴らしい人になるんだ」とね。でも、時間だけが過ぎていく。嘘みたいに時間だけが過ぎて、20代、30代、40代とどんどん老け込んでいく。

 

そうやって気が付いたら、病院のベッドの上。「さよなら世界」なんて思っているその瞬間になる。あっという間に人生なんて終わるからね。

素晴らしい人になりたい」と思いながら死んでいく人生なんてあまりにも悲しいとは思いません?

関連記事:心にもないお世辞言えるほど器用な人間じゃない。

この世界で遊び散らかせば良いのに

 

せっかく地球に生まれてきたわけじゃないですか。そしてあなたも私も「日本」というとても恵まれた国にいる。これがバングラデシュだったらどうだろう。

パソコンを自由に買うことができず、十分な教育を受けることができず、そもそも選べる選択肢が少なくなってくる。

でも、日本で生まれて、日本の教育を受けて、日本という裕福な国に生まれている私たちにはリスクがない。破産したら生活保護で生活していくことができる。

だからさ、せっかくこんなにも恵まれた状況に生まれたのだから、この世界で遊び散らかしていった方が良いと思う。

例えば、私が今最もやりたいことは、「世界を旅すること」だと思う。何か胡散臭く聞こえるかもしれないけど、本当にそう思っています。

もしかしたらどこかの国へ移住するかもしれないし、私の人生だからどうなるのかわからない。でも、何にでも挑戦したい、と思っているのです。

 

この世界に生まれた人と生まれてこなかった人。どちらもいるわけでしょう?たまたまこんな不思議な世界に生まれ落ちたのだから、精一杯遊べば良いじゃないですか。

エジプトのピラミッドだってさ、「あそこってどんなところなのだろうか?」と幼い頃に思った経験があるはず。

でも、実際に行ける人はほとんどいない。「いつかいきたい」と思いながら、死んでいく。「いつか」を追い求めて死んでいくんですよね。

だからさ、素晴らしい人になりたい、と思うなら、今すぐにでも遊び散らかすしかないのよ。自分の人生だもん。誰も文句は言えない。

 

例えば、道中で死んでしまったとしても、それもまた面白いんじゃない?親は悲しむ。恋人は泣く。でも、それが人生だったりもする。

私たちは不思議な世界に生まれた人間という不思議な存在。だから、思いっきり遊べば良い。思ったように生きれば良い。

関連記事:何度でも立ち上がることができれば、弱い人間でも強く生きていくことができるんだ。

素晴らしい人になるには時間がかかる

 

もしも素晴らしい人になりたい、とあなたが思っていたとしよう。では、一体どれくらいの時間をかければあなたは素晴らしい人になることができるのでしょうか?

いや、私はここで「1年だよ」と明確な答えが出せるわけではない。

でも、少なくとも、「1年や2年」という短い単位では素晴らしい人になることはできないのです。

宝くじにあたることはできるかもしれないけど、素晴らしい人間になるには多くの時間とそれに伴う努力が必要になってくる。

会社を成長させるとしても、それは1年とか2年でできるものじゃない。歌手として人気がでるのも1年や2年ではない。

だからさ、基本的には時間がかかってしまうわけ。

 

65歳で定年を迎えた時に、「さあそろそろ素晴らしい人になるぞ」なんて思っても、もしかしたら志半ばで死んでしまうかもしれないじゃないですか。

だからね、そう考えるとやっぱり若い時に挑戦した方が良いな、と思う。22歳の大卒でも、12歳でも良い。

素晴らしい人になりたい。そんな面白くもおかしな野望を持っているのであれば、今すぐにでも行動して欲しい。

 

周りの人たちのことなんて気にしないで、自分なりに精一杯生きてみて欲しい。

時間がかかるからさ。そして、人生の時間は有限だからさ。命にはいつか終わりがあるからさ。

素晴らしい人になりたい、と思いながら死んでいく人が99%だけど、1%の「本当に叶えちゃった人」になりなよ。

その方が格好良いじゃん。

関連記事:私はずっと、汚い街で育ってきたんじゃない?と思った。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの旅」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。