人生に悩む君へ

歳をとると楽になる、は本当なんよ。

歳をとると楽になる。こんな言葉を聞いたことがある人も多いんじゃないですかね。私ももっと若い時には、この言葉を聞いて、

ほんとかな?」と思っていました。どんな繊細な人でも歳をとると楽になるのであれば、こんなに嬉しいことはないじゃないですか。

だから、信じることができなかったんです。でも、歳をとると楽になるというのは本当の話なんです。

だって、私がそうだったから。昔よりもずっとずっと楽になった今だから書ける「歳をとった時の希望」を書いていこうかな、と。

 

歳をとると楽になる不思議

緊張しなくなる

若い頃は緊張ばかりしていました。中学校の運動会なんかでも、私は運動神経が良かったから、普通の人よりも役回りが多かった。

すると、緊張してしまう私は当日、まさかの不参加。緊張により体調を崩してしまったのです。知恵熱みたいなね。

学校の発表なんかも大嫌いでした。自分の番号が日付だった日は最悪。朝のホームルームから緊張しているレベル。

でも、大人になってからは全然そういうことがないな、と思ったんですよね。昔はもう少し何でもないことで緊張していたような気がするのに、

なぜか歳をとるとそこらへんが楽になって、特に何も感じなくなってくるんですよね。

まあ、全く緊張しなくなるのか?というと、そういうわけではないですよ。ロボットではないですから。でも、割と「公園の芝生でのんびりと過ごしているような気分」で毎日を送ることはできているかな。

鈍感になる

何に対しても鈍感になっていくんですよね。良いことでもあるし、悪いことでもあるよ。

人の痛みまでわからなくなったら、それは悲しい。

ただ、鈍感になることで生きやすくなるんですよ。歳をとると楽になる、というのは本当だった。

恋人が死ねば泣いてしまう。親が死んだら悲しむ。そういう人間的なところは持っている。でも、少しだけ鈍感になったのかな、と思うよ。

中学生の時とか高校生の時とか、ホルモンバランスの関係なのか、何だかいつも不安定だったような気がします。その当時は何も思わなかったけど、今考えるととても不安定な状態。

それが歳をとると楽になるんですよ。鈍感になるということは悪いことでもあるのかもしれない。人の痛みだってわかる人間でいたいよ。

でも、楽になるのも確かなんですよ。

 

人の目が気にならなくなる

昔は何でも人の目が気になっていました。誰も見ていないのに、自分の容姿を気にしたりとか、自分の評判を気にしたりとか。

そういう部分が年齢と共に消えていくのがわかるんですよね。

中学生とか高校生、いや大学生の時でも、割と周りからの評価みたいなものを気にしてしまうじゃないですか。でも、もっと大人になってくると消えていくんですよ。

 

まあ、私の経験もあるのかもしれない。父親が突然死んでしまったり、借金に苦しんだり、会社を辞めたり。割と笑われる人生を送ってきた。

だからってのもあるね。

でも、歳をとると楽になる部分はやっぱりあって、それが私の中では少しだけ心地良いのです。

関連記事:自分という存在の不思議さを語ろうか。

 

若い時には大人になった時の希望が欲しい

 

今考えると、私は割と繊細な感じで生きてきた。

中学生とか高校生の頃もブログを書いていて、何だか自分の心の中にあるぐちゃぐちゃとしたものを吐き出さないといけないような気がして。

普通の学生だったらそんなことは思わないかも。でも、私には表現できない、内側にある感情があって、それを書き出していたんですよね。

そして、その時にはこうも思っていた。

いつまでこんな状態なのかな」と。若い時って繊細だからさ、歳をとると楽になるなんてわからない。

だから、割と絶望していたんですよね、未来に。でも、いざ自分が歳をとってみると、「大人たちはこんな楽な世界に住んでいたんだ」と思ったんですよね。

大人たちは「こんなに楽な世界に住んでいたのに、同じ目線で話をしていたのか!くそ!」くらいに思ったよ。

だって、学生の頃の繊細さみたいなものなんて大人には微塵もないのにさ、大人たちは「私はこう思う」みたいなことを平気で言ってくるわけでしょう?

それって違うよね。

 

だからさ、せめて私から伝えたいんですよ。「社会人は大変だぞ」とか「学生は良いな」なんて言う人が多いけれど、大人の方が100%楽だから。

今は繊細に生きている人でも、大人になれば、いや、1年経てば経つごとに楽になっていくから。

 

15歳や16歳そこらで苦しんでいる人がいるのであれば、もっと楽に考えて欲しい。大人になったらもっと楽になるんだもん。大人たちは秘密にしているけど、ずっとずっと楽だよ。

関連記事:大人になるのが怖いと思っていたら大人になれなかったけど、幸せだよ。

 

歳をとったからできることがたくさんある

 

私にはまだ繊細な部分もたくさんあるよ。でも、昔に比べたらずっとずっと生きるのが楽になった。歳をとると楽になるのは本当なんですよ。

今だから経営者として、面白い決断ができるようになったし、ブログを始めたりとか、まあ他にも色々やっているのだけど、そういう挑戦ができるようになった気がします。

歳をとると楽になる。歳をとると強くなる。だからさ、何にでも挑戦することのできる状態になるんですよね……。

 

それが私にとっては嬉しいわけ。みんなだって、大人になるにつれて挑戦することのできるものが増えていくと思うよ。

例えば、「芸能人になりたいけど、緊張するからどうしよう」と思っている人でも、なってみれば良いと思う。

例えば、「経営者になりたいけど、メンタルが弱いからどうしよう」と思っている人でも、なってみれば良いと思う。

歳をとると楽になる。だから、何でも始めてみるべきなんです。15歳とか16歳の時になりたかった職業、なれるよ。

自分のメンタルの弱さとか自分の繊細さとか、そういうもののせいで夢を諦めてなくても良いんですよ。社会で生きていくということに絶望しなくても良いんです。

 

歳をとると楽になる。これね、本当だよ。どんどん楽になっていくから、とりあえず生きてみてよ。ね。

関連記事:のんびり生きることを日本人はもっと学んだ方が良いぞ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。