コラム

学校に行かない方法を真剣に考えた。

学校に行きたくない」という気持ちを学生の頃は持ったものですよね。

でも、それはきっと軽い気持ちだったと思う。中には「本当に死にたい」とか「もう無理だ」と思ってしまう人だっているはず。

大人たちは口を揃えて言う。

学校に行きなさい」と。だから、学校に行かない方法なんて誰も教えてくれないわけですよ。

でも、学校に行きたくないなら、現実的にその「方法」を考えてみても良いんじゃないの?

 

インターネット界隈だからこそ考える方法

ブログを書いて辞める

基本的には学校には行った方が良いと思うけれど、ブログを書いてみるというのも1つの手だと思う。

あなたが中学生だったとしても、ブログの世界では関係ない。サラリーマン社会とは全く違うから。サラリーマン社会では、年齢がモノを言う。

中学生に何ができるんだ」と誰もが思うはず。でも、ブログの世界だったら全く関係がない。

中学生の悩み」を発信し続ければ、そこに広告がつくかもしれない。それで生活することだって可能性です。

学校に行かない方法の1つではあると思うよ。今すぐには無理かもしれない。でも、1年後には辞めるだけのお金を稼ぐがあるかもしれない。努力次第でね。

私だって、学校ではないけど、「会社に行かない方法」として使ってしまったからね。学校でも同じだと思う。

Youtubeで稼いで辞める

お前、Youtuberになってみれば良いじゃん!」みたいなことを冗談で言っている人がいるのだけど、私は「じゃあなってみろよ」と本気で思う。

Youtuberを馬鹿にしている人は多いけれど、Youtubeで有名になるのは物凄く大変なことだし、根気が必要です。

ただ目立ちたい人が勝つ」ように見えるかもしれない。でも、そんなことはない。自分で考えて、SEO対策だってして、しっかりとした動画を作っていく必要があるのです。

撮影してみてわかったけど、動画を撮ると目立つから撮影しづらいし、動画編集には時間がかかるし。

結構大変だったりするんですよ。でも、学校に行かない方法としては「現実的な方法なんじゃないかな?」と思ったわけ。

学校に行かない方法なんて提示すると、「学校には絶対に行きなさい論者」から怒られそうだけど、選択肢としては持っていても良いじゃんね。ただただ不登校になるよりも、よっぽど希望があるような気がしてしまう。

関連記事:学校ってつらいよなぁ、と社会人になったからこそ感じる。

 

ちょっと面白そうな方法

海外の学校に編入

私も少しだけ考えたことがあります。ウィーンだけでも小さい頃に2回か3回くらい行っているので、

海外もありかなぁ?」なんて漠然と考えていました。

抵抗があったわけでもなかったし。私の知人にもいじめで不登校になって、ニュージーランドの高校へ編入した人がいました。

今は海外の学校へ編入することも可能なんですよね。だから、学校に行かない方法として、「今の学校に行かない方法」になってしまうけど、海外の学校に行ってみるのもありなんじゃないかな、と思います。

周りからは、「就職に響く」みたいなことを言われると思うけど、別にそんなこともないよ。周りにも海外の高校卒の人がいたし、最近だと増えてきている。

まあ、私の場合は「東京で」という話になってしまうけど。

 

起業してしまう

15歳以上からじゃないと、会社自体を作ることができないから15歳以上の話になってしまうけど、15歳以上であれば、起業してみるのも面白いと思う。

JKマーケティングで有名な椎木里佳さんだって、15歳の時に会社を作っています。別に今の時代ですから、「学校に行かない方法」として起業を選んでみても良いんじゃないかな、と思う。

ただ、注意して欲しいのがさ、他のキュレーションみたいなサイトでも「起業しちゃいなよ」みたいなことを書いている名無しのライターさんとかがいるけど、

ああ!起業すれば学校行かなくて良いのね」と思ってしまうと危ない。起業なんて誰でもできるから。

起業そのものに意味があるわけではない。会社を作るということは事業を始めるための「」を作る行為。それ以上でもそれ以下でもない。

だから、学校に行かない方法として考えるのであれば、「事業の中身」が必要なんですよ。

マーケティングを代行するのか、キュレーションサイトを作るのか、ゲームアプリを作るのか。

関連記事:高校の友達と起業してみるんだけど、割とラフな感じで始まった。

「行かないこともできるけど、行ってみる」が大事

 

学校ってさ、「行かないとやばい場所」になっているじゃないですか。

日本はやっぱりまだまだ学歴社会でさ、「東大出たら人生安泰!」みたいな感じだったりする。

高卒と大卒では生涯賃金が違う。能力が同じでも、大卒の方が賃金が高い。

学校に行かない方法なんて誰も教えてくれないし、学校には行かなければならない。

でも、そうなってくるとめちゃくちゃ息苦しいわけですよ。

小学校から考えると、16年間は学校に通うことになる。割と大変じゃないですか?私なんて、まあ何とか学校を卒業したけど、どこで不登校になっていたのかわからない。

ギリギリ卒業できただけで、どうなっていたのかわからなかったんです。

でね、もっとあの頃に「学校に行かなくてもいっか」という心の余裕を持てたら良かったな、と思ったんです。

例えば、学校に行くとしても、「学校を辞めたら人生が終わる」と思いながら行くのと、「まあ辞めてもどうにでもなるし」と思いながら行くのとではストレスが違う。

だからね、行かないこともできる状態を作るために、学校に行かない方法を考えてみることが大切だと思うの。

行っても行かなくても良い状況を作って、それでも行ってみる。そしたらもっと心が楽なんじゃないかな、と思う。

当時の私に伝えられるとしたら、きっとこれくらいだもん。

学校大変だと思うけど、何とか生きてね。気楽に行こうね。

関連記事:気楽に生きるくらいで良いんだよ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。