コラム

コンビニの前にたむろするヤンキー時代を忘れない。

昔はいたものです。コンビニと言えばヤンキー。ヤンキーと言えばコンビニ。

ヤンキーとコンビニというものは切っても切り離せない関係にあるような気がするんです。違いますかね?

私は幸か不幸かヤンキーに分類される人たちと関わってしまったことがある。学校は私立似通っていたのだけど、部活を辞めた後は何となく寂しかったのか、地元の人たちとつるむようになって、

地元のヤンキーたちと遊んでいた。まあ、普通にヤンキーじゃない人たちもいたのだけど、基本的には多かったかな。

でもさ、今はヤンキーがコンビニでたむろする光景なんてほとんど見ないじゃないですか。少なくとも東京だと全然見ない。

あの時代を何となく思い出してさ、ちょっと書いてみようかな、と。

 

ヤンキーがコンビニから消えた理由

ヤンキー文化の消滅

ヤンキー文化自体が若干、消滅傾向にあるのかな、と思うんですよね……。昔はヤンキー母校に帰るとか、ごくせんとか、池袋ウエストゲートパークみたいなドラマが流行ったわけですよ。

だから、割と誰もがヤンキーに憧れを持っていたし、「悪い」というだけで女性からもモテていた。

そんな時代だったんですよね。でも、今は違うよね。そういうドラマがなくなったからか、それともヤンキーがいなくなったからそういうドラマが消えたのか?はわからないけれど、

そもそもヤンキー文化みたいなものが消えていった。

コンビニでたまっているヤンキーがいなくなったのは、そもそもヤンキー文化が消えてしまったという一面があると思う。

あの頃の時代感というか、どろっとした世相みたいなものが好きではあったんですけどね。

教師による暴力が消えた

教師による暴力が消えたというのも1つの原因かな、と思う。まあ、教師は教師で前の時代よりも小さくなっているからやりにくいだろうけど、

教師がおとなしくしているから、学校からはみ出る人が少なくなっているのかな、と思ったわけ。はみ出した結果として、ヤンキーになる人もいるからね。

私の時代はまだ教師が普通の暴力をふるってきた時代。だから、蹴られたこともあるし、はたかれたこともある。

でも、今は違うじゃないですか……。教師が生徒に手をあげるなんて考えられないことだし、そんなことをしたらSNSでも問題になったりする。

だからさ、結果的に「俺は学校じゃなくてヤンキー社会で生きる」みたいな人たちがいなくなって、コンビニから消えたんじゃないかね。

背中にドクロが描いてあるノースリーブを着たヤンキー、いなくなったなあ。

関連記事:地元でヤンキーが減ったな、と思うんだけどなぜだ?

昔の友人たちのSNSを追ってみたのよ

 

そう。コンビニからヤンキーが消えつつあるじゃないですか。だから、「そういえばあの人たちはどうしているのだろうか」なんて思って、昔の友人たちのSNSを追ってみたんですよね。

そしたらどうだろう。

今の自分が、「うわ、絶対に無理」と思うような人たちになっていた。

コンビニにたむろするような人たちは減ったけれど、それは文化が変わっただけであって、根本的な精神性みたいなものは変わっていないものなんですよね、きっと。

だから、「これ炎上するんじゃない?」と思うような内容の写真を普通にSNSに投稿していたりして、結構怖い感じ。

実際、座っている写真を見ても、「どう考えてもヤンキーじゃねえか」みたいな感じで、やっぱり恐怖を感じた。

でも、まあその人たちも普通に社会人になっていて、普通に生きている。だから、コンビニでたまることもないわけよね。

今の中学生とか高校生みたいな若い世代には、昔よりもヤンキーがいない。ただ、それでもやっぱり怖さはあるよ。

うーん。まあ、あの頃の何とも言えないクレイジーな感じも面白かったけれど、良い世の中ではないよね。

関連記事:ここで死んでもいいやという強さを私は持っていたい。

あの頃感じていたこと

 

あの頃の私だって、別にヤンキーだったわけではなくて、シンプルにビビりで、シンプルに仲間とたむろしているだけで、何とも思っていなかった。

でも、今思えば、随分と不思議な環境にいたな、と思う。

地元の人たちと自転車を使って地元をぐるぐる回っても、何か虚しくて、1人になると、「あれ、俺は何をやってんだ?」みたいな感覚に襲われて。

うん。だって、自転車でどこまでも走ってさ、別に何をするわけでもなく、河原に集まったりする。

誰が好きとか、別れたみたいなこともあって、まあ何というか、ヤンキーの中で小さなコミュニティみたいなものができていて。

そこが居場所になっていた人もいると思う。でも、やっぱり虚しさはあるんですよ。

2人以上でいないといけないような感覚、「このままじゃいけないよな」みたいな感覚。それがあの時代、あの場所にはあったような気がします。

コンビニからヤンキーがいなくなった。だから、あの頃のあの時代を忘れてしまう人もいる。

ただ、あの時はあの時でコンビニ前の状況が時代を表していたと思うし、人間の中にあるどろどろとした内的な「何か」が具現化された時代でもあった。

 

でも、覚えていたいな。良い思い出として、というわけでもないけれど、必要な時代でもあったよな、と思った。

関連記事:感謝の気持ちを常に持てば、人生は1秒で好転する。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。