コラム

家事分担をしようとして喧嘩する原因を考えてみたよ

家族や夫婦で家事の分担をしようとして喧嘩してしまうことってないですか?

私はこれ結構悩みなんですが、そもそも家事って分担しようとすること自体がものすごく難しいことだと思うんですよね。

 

どう頑張っても結局喧嘩になってしまうことが多い家事分担について、その原因を考えてみました。

 

家事をするタイミングの違い

 

家事って結構それぞれのタイミングでするものだと思うんですよ。

気になってきたらやる、みたいな。

 

例えば部屋の掃除とかも、めちゃくちゃ部屋が汚くなるまで部屋を放置してから、1日かけてピカピカに綺麗にする人もいれば、

普段からまめに、毎日のように掃除機をかけて常に綺麗な状態で保っておきたい人もいると思うんですよね。

 

こういう家事に対するタイミングの違いみたいなものが結構喧嘩の原因になる気がします。

例に挙げたように自分の部屋なんだったらいいんだけど、これが共有スペースになると大変です。

 

私は結構ガサツなタイプなので、お皿がたまってもあんまり気にしないで、そろそろやらなきゃな〜と思ったタイミングでテレビでも見ながらじっくりお皿を洗うタイプなのですが、

一緒に住んでいる家族は常にシンクが綺麗になっていないと嫌なタイプなんですよね。

 

お皿洗いは特に分担していないのですが、シンクにお皿がたまっているとイライラしてきてしまう家族の方が必然的に洗う回数が多くなります。

そうするとこれが喧嘩の原因になってしまうんですよね。

 

自分が使った皿は自分が洗う、というルールにしたこともあるんですが、

結局急いでいたり、時間がない時は自分のお皿を洗うのが後回しになってシンクにたまってしまいます。

はい。喧嘩。笑

関連記事:だいたいの女性は家事が嫌いですよ。

 

家事のやり方の違い

 

家事って結構その人の性格が出るもので、人によってやり方が違うものです。

私は細かい作業は嫌いじゃないので、洗濯物をたたむのが自分でいうのも難だけど綺麗な方だと思う。

 

対して家族がたたむと結構ぐちゃぐちゃで、そのままタンスにしまってしまうと着る時にしわくちゃになってしまうようなたたみ方だったりする時があるので

何も言わずにそっとたたみ直す時があります笑

 

でもこういうのも「せっかくやってくれたのだから何も言わないでたたみ直そう」って思うけど、正直言って二度手間ですよね。

ただそれを冷静に伝えようとしても「じゃぁ自分でやりなよ」と怒られてしまうし機嫌も悪くなるので言えないわけです笑

 

私が洗濯物を干していると「その干し方ちょっと違うんだよな〜」なんて言われて

「だったら自分でやりなよ!」と怒ってしまうこともあります。

 

家族であっても、一緒に暮らしていくって大変ですね…

関連記事:家事をやりたくないという感情は実は普通の事。

 

家事に対する優先順位の違い

 

私は家事に対する優先順位があまり高くありません。

正直家は寝られればまぁいいかなくらいにしか思っておらず、自室は綺麗にしているけどそこまで細かいことが気にならないんですよね。

 

フリーランスで仕事をしているのもあって、結構仕事が何よりも優先になってしまうことが多いです。

仕事が終わらなかったら皿洗いも洗濯もしたくないし、正直食事も結構適当でいい派です。

 

納期がある仕事もあるので、そちらに間に合う、もしくは納期よりも早く納品することの方が優先。

だってそうやって信頼を獲得して次の仕事に繋げていっているわけだし、そのお金がなかったら生活できないし。

 

でも会社で働いている人の場合はこの感覚が理解できないことがままあります。

家にいるなら仕事じゃなくて家族を優先するべきだと思っている人もいる。

そうなってくると家事に対する優先順位みたいなのがお互いに違うから、お互いに「どうして?」が募ってしまって喧嘩になってしまうんですよね。

関連記事:子供が欲しいから仕事を辞めたい人はこうやって生きれば良いんじゃない?

 

分担の仕方での不平等性

 

家事って平等に分担することはできないじゃないですか。

「皿洗いを私がやって、洗濯をあなたがやってね、これで平等ね。」と言われても「洗濯より皿洗いのが楽じゃね?」と思う人もいるわけです。

 

「気が付いた方がやるようにしようね」という分担の仕方だと、きっとどちらかが「自分の方がたくさん家事をやっている気がする」と思ってしまうでしょう。

 

ただでさえ女性の場合は女性にしかできない育児とかがあるので、子供ができるとそういう気持ちが募りやすいと思います。

 

これも喧嘩の原因だと思う。

どうしたらいいのかはわからない。

関連記事:専業主婦になったら病むから奥さんに強制したらダメだぞ。

 

家族という甘え

 

それで家族にはやっぱり甘えがあります。

家事をやってくれたことに対して「ありがとう」って言葉を言い忘れてしまったり、「それはやって当たり前でしょ」みたいな態度が出てしまったり。

 

そういうのの積み重ねもまた喧嘩を招く原因ですよね。

一人で住んでいれば全部一人でやらなきゃいけないのが当たり前だから、そういう感情もわいてこないはずなんですけどね。

 

家事分担で喧嘩しないために

 

じゃぁ家事分担で喧嘩しないためにどうしたらいいのかって考えたら、

必要なのは「時間」と「お金」なのかな、と思いました。

 

まだまだ都心部に限られるけどCaSyなどの家事代行サービスもあります。

お金があれば、「やりたくないから他の人に頼んじゃえ」っていうのができます。

 

時間があれば「時間があるから余裕あるし家事やるか」ってなります。

 

そういう余裕がないと家事分担でももめてしまうよね。

ってことでもっと稼ごう〜〜と思った次第でした笑

関連記事:共働きなのに旦那が家事を手伝わない!夫婦が崩壊しない秘訣とは?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。