人生に悩む君へ

気が利く人と一緒にいると疲れる?当然の話じゃないですか?

世の中的には、「気が利く人はできる人」だと思われているだろうし、気が利く人の方が周りの人からも尊敬されたり、好かれたりすることがあるという感じだと思うんですよ。

まあ、仕事上はたしかに正しいかもしれないし、間違ってはいないと思う。

でも、気が利く人と一緒にいると私は疲れるんですよね……。学生の時に経験した部活の合宿帰りの倦怠感のようなものが、気が利く人と別れた後に出てくるような気がする。

だから、私はあまり気が利く人と一緒にいるのは好きではないのです。

気が利く人のことは尊敬するし、「凄いな」と素直に思うのだけど、何て言うのかな。若干、疲れる部分があるんですよね。

 

気が利く人と疲れる理由

こっちもちゃんとしないといけない

気が利く人と一緒にいると疲れるのは「こっちも気を遣ってしまうから」というのがありますよね。

例えば、一緒に飲んでいて、友達なのに「何か頼む?」とか、そういった気遣いをされることってあるじゃないですか。

もちろん、気遣いされると、こっちは楽なのかもしれない。でも、その一方で「こっちもちゃんとしないといけないじゃん」と思ってしまったりもするんです。

気遣いだけではなく、話の内容とか身振りとか、そういったものまで考えてしまう。

せっかく楽しい食事だったとしても、気を遣われてしまうと、こっちは居心地が悪くなってしまう。

だからね、結局気が利く人と一緒にいると、疲れてしまうのですよ。

相手が求めるハードルも高い

気が利く人って基本的に「相手にも同じレベルの気遣い」を求めているものなんですよね。本人は気が付いていないと思う。

でも、話を聞いていると、「こういう人は嫌いだ」みたいな内容が「気が利かない人」だったりするから怖い。

今、一緒に飲んでいるのに怖いな……」なんて私なら思ってしまう。まあ、その時には私が暗に注意されているのかもしれないのだけど……。

そうなってくると疲れるじゃないですか。割と正論だったりもするから、「へえ、やっぱりそうっすよね」なんて言ってみたりする。

言ってみたりはするのだけど、心の中では「この人、面倒だな」と思っていたりする。みんなにはそういうことがないのかな……。私だけでしょうか。

うん。少なくとも私にはあるんですよね。

関連記事:世の中、悪い人ばかりじゃないよ、と伝えたいんだ。

 

気が利く人はもう少し楽をしたら良いんじゃないかな

 

気が利く人はもう少し楽をしてみても良いと思うんですよ。気が利く人は、「お前らももっと気を使えよ」と思うのかもしれない。

まるで、気が利かない人のことを「のび太くん」みたいに思っているのかも……。

でもさ、それはどうなのだろうか。いっそのこと、みんなで気を遣わないようにすれば、誰も疲れないのではないのだろうか?

そう思ってしまった。

気が利く人は、「気が利くんだよね、俺」とか「気が利くんだよ、私」と自覚している。そして、それをプラスに捉えていたりもする。

でも、家に帰ればぐったりしてしまったり、周りの人にも「ちょっとは気を利かせろよ」なんて思ってしまって、デメリットも多いのです。負の感情がハッピーセットのおまけみたいについてくるわけ。

だからさ、気が利く人はそこまで頑張らなくても良いんじゃないですかね。もっと気楽に、家でラーメンを食べている時みたいにゆったりとしていれば良いじゃないですか……。

 

気が利く人」が好きな人もいるけど、私のように「気が利く人は良いけど、疲れる」という人だっているんですよ……。

まあ、その中間の「良い塩梅に気が利く人が良い」という人もいるから面倒なんですけどね。

 

でも、まあ、別に良いんですよ。気が利く必要なんてないし、もっと楽に生きてみたらお互いが気持ち良くなれると思う。

人のことを気遣いほどの精神的な余裕がたっぷりあるなら良いのだけど、基本的には私たちなんて自分のことで手一杯なのだから、自分のことに専念していれば良いのです。

私なんておちょこ1杯分くらいの余裕しかないから、無理だなあ。

関連記事:悲しみを背負って生きる私たちは愚かな存在なのか、それとも。

 

私も気を使っていた時期がありました

 

私にも気が利く人に擬態していた時期があったんですよ……。まあ、主に仕事でね。取引先と話す時とかは特に気を使っていました。

でも、それでは何となく人間と人間の距離感が縮まらない感じがあったんですよ。こっちが心を開かないということは相手も開いてくれないということです。

 

こっちが「面倒だな」と思うことをやってしまったら、相手だって心を開いてくれるはずがない。考えてみれば当然のことですよね……。

極端な話、取引先と一緒に銭湯に行って何も気を遣わずに裸の付き合いをした方が仕事が上手くいったりもするわけです。超極論だけどね。

まあ、私の場合は自分で「気を利かせている」と思っていただけで、親しい周りの人に聞いてみると、「意外と気が利かないタイプだよ」なんて言われるので、ちょっとあれなんですけども。

 

でもね、どっちみち必要のないことなんです。気が利く人と一緒にいると疲れてしまうものですから。

ほら、家族になんて気を利かせないでしょう?でさ、実家だったらさ、自分の家に帰ってくると「ホッ」としない?家に帰ってきて、ソファでぐだぐだしながらYoutubeみたりしてさ。

ほら、だからね、結局は「気が利く人」と「気が利く人」の組み合わせより、「気を利かせない人」と「気を利かせない人」の組み合わせの方が良いのですよ。

元々のキャラとかもあるけどね。でも、基本的には「気が利く人」って疲れるんじゃないかな、と思うんです。

私もやめたので、みんなもやめない?

気が利く人って疲れるからさ、あえて気が利く人を卒業しない?

気を利かせて、さ。

関連記事:何度でも立ち上がることができれば、弱い人間でも強く生きていくことができるんだ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。