人生に悩む君へ

正義感の押し付けはやめた方が良い。

正義感の強い人は良い人。そう思う人がいる。もちろん、自分の中の正義が正しい時だってある。

でもさ、自分にとっての「正義」みたいなものって実は曖昧なものだと思うんですよ。自分の尺度では、「これは私の正義であって、世間的にも私が正しい」と思うのかもしれない。

けど、自分と違う考え方の人はいて、どちらも「俺は正しい」と思っているわけです。正義感が強いのは良いことだとされているのだけど、

それを押し付けるのは違うんじゃない?と思う。

自分の正義は自分の中で。誰かに強制するものではない。

 

正義感の押し付けをやめた方が良い理由

正義というパラドックス

正義感の強い人」と言うけれど、ここで言う「正義」とは何だろう。

私はよくそう思ってしまうのです。例えば、100万円あったとしよう。

この人の正義は「友達のためならお金はいくらでも出すべき」というもの。

友達は重度の病に陥り、100万円が必要らしい。しかし、同時に自分の母親も病にかかり100万円が必要になった。

どうやっても100万円しかない。こんな時にはどうすれば良いのだろうか。友達のためなら出すべきだけど、そうなってくると母親が死んでしまう。

普通の人なら、きっと母親のためにこの100万円を使うよね。「お母さん、ごめん。友達のために使わなきゃいけないからお金出せないんだ」と言う人はそう多くはないはず。

だからね、実際は、正義なんてパラドックスの塊で形のないものだったりするんです。正義感なんてその場その場で変わってしまう。

そんな「正義」というふわふわとしたもの、状況に応じて変わってしまうものを他人に押し付けるのは無理があるんです。

 

他人に強制する意味がない

他人に自分の正義感を強制する人が多いんですよ。他人は「コントロール外の人間」なのにね。

正義を押し付けたとしても、その人の中で何かが変わるわけではない。「面倒な人だな」と思うだけ。

例えば、「道を店員さんに聞くのは失礼だろ!相手は時間がないし、急いでいるんだから!」みたいなことを言う人でも、路地で喫煙していたりする。

え?」と思うじゃないですか。でも、これだって何の不思議もないわけです。その人にとっては、「道を聞かないことが正義」だと思っているだけであって、「路上喫煙をしてはいけない」とは思っていないのだから。

だから、結局は正義感なんて押し付けたところで何の意味もないのよ。人によって違うし、状況によって変わってしまうものなんです。

他人に強制したところで何の意味もないし、お互いの関係が悪くなってしまうだけなんですよ。自分は自分の正義を「正しい」と思っているかもしれないけれど、他人にとっては正義ではないのですよ。

関連記事:未来なんて考えない。今日という1日を必死に生きるだけなんだ。

正義の押し付け合いこそ戦争じゃないの?

 

正義の押し付け合いこそ戦争だと思うんですよね。どちらも「俺が正しい」と思っている。片方の言い分を聞いてみると、「ほうほう、たしかに正しいかもしれない」と思ってしまう。

もう1つの国の意見を聞いてみても、「ほうほう、こっちも正しい」なんて思うはず。絶対的な正しさとか正義なんてものはないからさ、

どこかでぶつかってしまうのよ。で、解決できなくなると、相手を制圧しようとする。それが内戦とか戦争とかそういうものに繋がっていくんですよね。

 

ちょっとした考え方の違いとか、肌の色とか、そういうことでお互いの意見がぶつかる。どちらも譲らないし、自分が「正しい」と思っているから一歩も引かない。

 

そうなってくると、もう解決するための方法は「戦争」しかなくなってしまうわけ。でも、そんなのあまりにも悲しいじゃないですか。

20代の素晴らしい時間を国のために使って、命を落としたりして。あまりにむごい。

 

だから私は個人間であっても、正義の押し付け合いみたいなことはしたくないな、と思ってしまう。正義感というものはその人の中にあれば良いのであって、誰かの強制したりするものではないから。

たまたま共鳴したら、同じ意見になれば良い。でも、「全員が俺の考え方を理解するべきだ」みたいなことを思っていると、それはもう破壊に向かうしかなくなってしまうのです。

破滅的な思想、破壊的な衝動になる。

関連記事:年収と幸福度について私は考えてみたんだ。

 

自分の中の正義を温めよう

 

結局ね、自分の中で思っていれば良いのです。どこかで宗教的でもある。自分が信じていれば良い。

私はこの考え方を信仰しているけど、他の人もいるよね」という広い心を持つことができれば、もう少し世界は平和になるんじゃないかな、と思う。

 

自分の中の正義感を押し付けた時点で平和ではなくなってしまうのです。自分の中の「自分ルール」をいくら作っても良い。

ポイ捨ては絶対にしない」とか「会社は毎日絶対に行く」とかね。自分の中の信条として持つ分には良いんですよ。

でも、自分の正義を他人に強制した時点で、それは正義ではなくなってしまう。自分の心で温めよう。

自分が正しい、と思うことを持つのは良いことです。私だったら、「ブログを毎日更新する」という正義を持っている。

ただ、これが全ての人に共通する正義というわけではないのですよ。

自分の中でそっと、そっと持っていれば良い。正義感の押し付けをしても、何も良いことはありませんから。

関連記事:批判ばかりする人はきっと自分が幸せじゃないんだよ。過去の自分がむしろそうだった。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの旅」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。