私の仕事論

自分で調べる力があれば、1億円でも稼ぐことができる。

自分で調べる力がある人はどれくらいいるのだろうか。あのね、経営者として会社を運営していると、

自分で調べる力がない人が多すぎる……。はあ……。」みたいなことが起こったりするものなんですよ。

起業の相談を受けてみても、「え?そんなことは自分で調べれば良いのに」みたいなことを聞いてきたりする。

自分で調べる力が圧倒的に足りない人が多いような気がしてしまう。自分で調べる力があれば、何でもできるのにね。

自分で調べる力があれば、1億円でも、2億円でも、稼ぐことができる。私はそう思っています。

 

自分で調べる力よりも他人に聞いた方が良いと思っている人の心理

知っている人に聞いた方が良い

自分で調べる力がない人は、基本的「誰かに聞いた方が早い」と思っているんですよね。きちんと知っている人に教わって、そのカリキュラムみたいなものに則ってやった方が良い、と思っているのです。

でも、これは違う。自分で調べない限りは、自分の知識にならないし、自分の検索力を鍛えることができないのです。

今は人間よりもGoogleという巨大な検索エンジンの方が知識を持っています。Googleで調べれば、何でも出てくるんですよ。

海外の論文であれば、GooglescholarというGoogleのサービスまで出てきました。検索をすれば、恋愛の仕方から仕事論。

投資についての記事まで多種多様な知識が出てくるのです。別に人に聞く必要なんてないのですよ。

自分で調べる力があれば、どんな知識でも手に入る時代なのですから。

 

調べ方がわからない

調べ方がわからないんです」みたいなタイプの自分で調べる力がない人もいるんですよね。この人は調べ方がわからないのではなく、調べた回数が少ないんですよ……。

こういう人に限って、「そもそも検索なんてあんまりしないからわからなくて……アマゾンとかだったら使うんですけど」みたいなことを言ってくる。

でも、調べ方がわからないなら、頑張って調べて、自分で調べる力をつけるしかないんですよ。

100回でも、1000回でも調べれば良いじゃないですか。それだけ調べたら、自然と検索力がついてくると思います。

自分で調べる力もないのに、何かに成功できるわけないじゃないですか。わかるまで調べれば良いんです。自分の頭を捻って、必死に考えれば良い。

 

むしろなんで教えてくれないの?

面白い話なんですけど、自分で調べる力がない人って、「え?むしろ知っているのになんで教えてくれないの?」とかって思っているんですよね。

もうね、こういう人に出会うと、「もう2度と会いたくない」と思ってしまう。

 

でも、割とこのタイプの人間は多いんですよね。「自分で調べる力が大事だよ」と言っても、そういう人たちって「知っているなら教えてよ!なんで意地悪するの?」みたいなことを言ってくる。

本当は時間効率の悪いことなのにね。2人分の時間を消費するから、合計で考えた時の消失時間は多いのに……。

自分で調べるからこそ、力がつくのです。誰かに聞いて、「ああ、そういうことね」となっても意味がない。いつまでも聞くわけには行かないのですから。

関連記事:検索順位チェックツールは「GRC」を使うべきですよ。

調べる力がないと何をやっても失敗する

ブログ相談の話

私はブログを運営し、そこそこのお金が入ってきたりもしているので、「ブログってどうすれば儲かりますか?」みたいなことを聞いてくる人もいるんですよ。

で、まあ一応説明して、自分でブログを始めたりするんですね。でも、自分で調べる力はないもんだから、何でもこっちに聞いてくる。

こっちが返答しなくなってくると自然と相手もブログが停滞してしまって、そのままブログを更新しなくなったりする。

そうなってくると、「おいおい、何のために教えたんだ?」となるわけですよ。私なんて教える時にお金を取ったりもしていなかったので、完全に相手のためのボランティアなんですよね。

それでやめてしまうと悲しいんですよ。自分で調べる力って本当に大事なんです。何をやっても失敗しますから。

 

起業仲間との話

今度、新しい会社を作ることになっているのですが、起業仲間でさえも、「そんなことは調べれば出てくるわw」みたいなことを聞いてきたりする。

サラリーマンだと、上司から「マニュアル」みたいなものを教わるじゃないですか。その習慣だと思うんですけど、

何でも聞いてくるんですよね。「自分で検索するべきこと」を聞いてきてしまうのです。

こっちだって検索して、考えて、「この答えじゃないかな?」というものを提示するだけです。

自分で調べる力がないからこそ、今まで起業してこなかったのだろうけど、やっぱり自分で調べる力って必要なんですよね。

調べるところからベンチャーとかスタートアップの仕事は始まりますから。

関連記事:将来起業したい人は高級ホテルのカフェに行くと価値観変わるよ

自分で調べる力があれば、本当に何でもできるのよ

 

自分で調べる力さえあれば、本当に何でもできる。今ってさ、すごい時代だな、と思うわけ。だって、調べれば、本当に何もかもがインターネットに載っているのだから。

昔は職人たちが「これは内緒だぞ」みたいな感じで教えてきたこととか、プロの世界でしか流通していなかった知識がインターネットの世界に転がっているようになった。

ギルドの輪の中でしか共有されなかったものが、全世界で共有されるようになっているのです。そう考えると怖いけど、凄いよね。

サーバーを借りて、ワードプレスを使って自分のサイトを作ったら、もう何でも発信することができてしまう。

この「テトラエトラ」というサイトにもたくさんの国からアクセスがある。シンガポールとか香港とかアメリカからもある。

自分で調べれば、世界中の情報を調べることができるのです。大阪の西成についてだってさ、昔は全然知られていなかったのに、今はネットがあるから情報が載っている。

プログラミングを学ぶ方法だってインターネット上に転がっている。そう考えるとさ、「自分で調べる力」がどれだけ強いのか?ということがわかるでしょう?

自分で調べることができれば、1億円でも10億円でも稼ぐことができるのです。調べていないだけよ、みんなが。

今日から変わろうよ。何でも自分で調べる人間になろう。

関連記事:不動産投資で生活するなんてできるの?という疑問に現役投資家が答える。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。