人生に悩む君へ

生きろ、生きろ、生きろ。

生きろ」なんてセリフを言われたところで、全く心が動かない。

生きろ」なんて言うけど、お前は死にそうなくらいつらい経験をしたのか?

ポジティブに生きられる程度のつらさだったんだろう?

そんな風に思っている人がたくさんいるんじゃないかな、と思うのよ。

だって、私自身、本当につらかった時には「お前に何がわかるんだ?」と思ったから。

わかったようなフリをして、善人みたいに近付いてきて、「ウザいんだよ」と思ったこともある。

でも、それでも、そんな私でも、「生きろ、生きろ、生きろ」と言いたいんだ。

「生きろ」なんて言うけれど、現実は厳しかったり

 

よく、「死ぬ気で生きろ」なんて言うけれど、そんなことを言ってくる人に限って、何の苦労も、死にたくなるほどのつらさも経験していなかったりする。

私なんて親も失くしているし、そこから借金が数千万。いや、トータルだと億まで行った。

笑えるよなぁ。人間って不思議なもので、極限を超えると笑えてくるんです……。

そんな私からしたら、

  • 普通に遊べて
  • 普通にご飯が食べられて
  • 普通に笑える

そんな人たちでさえも、「羨ましい」と思っていた。

現実というものはある時、突然変わるわけではない。いや、ちょっと語弊があった。

絶望的な状況への悪転は一瞬で起こるのに、好転は遅い。

ゆっくりと、ゆっくりと這い上がらなければいけない。まるで、エベレストを登っているような気分。

父が亡くなって、会社の借金もたくさんあった私はとにかく孤独だった。

母は父を失ったショックで私にとってはむしろ「支えるべき人」であって、私の精神的な拠り所と言えば、

1時間だけ行くカラオケとか、誰もいない街での散歩とか。

それくらいだった。

生きろ」なんて言うけれど、「お前が俺と同じ状況ならどう思うんだ?」なんて思っていた。心臓は自分の意思とは無関係に動いてくれる。

だから生きているだけで、当時の私は「よくこの身体は耐えてくれるな……」と思っていた。

ドラマでは、「父を亡くした苦しみを乗り越えて…」みたいな感動的なストーリーを観る。

それを観て、「ああ、こういう感じだよな」と涙を流した。

みんなもそんな経験があるでしょう?

でも、実際の苦しみは、親の死に関わらず、「その人にしかわからない痛み」なんですよね。

人間ドックにも出ない、不思議な「痛み」があるのよ。形容できない、何とも言えないあの鈍痛。

生きろ、生きろ、生きろ。世の中の人たちはそうやって言うけれど、でも、何だかんだ言って、「生きるのはいつでも超簡単!3分クッキング!」という感じにはいかない。

関連記事:父が亡くなって1年、就活中の大学生からの質問に答える。

世界から置き去りにされているような「あの感覚」が痛いんだ

本当につらい時には、「こうやって、死んでいくのかな」なんてことを考える。

別に死にたいわけじゃない。死にたくはないけど、このまま人生が終わっていく感じ。

寿命から逆算すれば、数字上は「まだ数十年」の寿命があるはず。

それなのに、なぜだか死んでしまうような気がした。

なぜか?

それは「この世界から置き去りにされている感覚」を持ってしまったからだと思う。

世の中は不思議なもので、基本的には「幸せな人」だけが切り取られ、その断片で世界は成り立っている。

不幸せな人は世界の片隅に追いやられて、世界の番人は「そんな人はこの世界におりません」という感じで、世界から取り残されてしまう。

孤独。恐怖。不安。

 

人間の負の感情と共に、「死ぬかもしれない」という恐怖に襲われる。そんな毎日だったんですよね。

生きろ、と言うけれど、痛みを抱えながら生きていくのはそんなに簡単なことでもない。常に傷があって、歩こうとする度に「ズキンズキン」と傷が痛む。

あの感覚に似ている。痛みはあるのに世界からは遠ざかっていって、何だか気が遠くなるような感覚。

 

あの頃の私の目は、きっとどこを見るでもなく、ぼーっとしていたのだろうな、と思う。

世間では、可哀想で悲惨な状況の人たちを「悲しみの星」のように扱う。でも、普段の私たちの生活のように、「」を改めて見る機会はほとんどない。

だから、誰にも相手にされず、ただただ何かに追われて、何かに怯えて、生きている人が多いんじゃないかな、と思うんです。

関連記事:人生は悲しいことばかりだ、と思っていた当時の私からどこかのあなたへ。

 

でもさ、生きろよな

 

やっぱり人生なんてものは悲しくて、つらくて、不平等で、無常で。

そんな風に思って、この世界を嫌いになっていた時期があった。私の人生はもっとゆっくりとしたもので、ゆっくりと幸せな道を歩んでいくと思っていたから、

何だか不思議な感じ。父親が亡くなって、借金ができてしまうなんて思いもしないじゃないですか?

彼女からは振られて、結局はサラリーマンも辞めてさ。

何だか激動の毎日なわけよ。

でもね、そんな私でも、「生きろ、生きろ、生きろ」と言いたいのよ。本当に大変な時にはさ、「くだらねえ」なんて思うかもしれない。

わかるよ。私だって思っていたから。心と身体が疲れている時は何もかもがセピア色に見えて、「ああ、生きるのって面倒だなあ」という気持ちになる。

 

だから、「ハッピー!ハッピー!超楽しい!人生ってサイコー!!!」とだけ言えるような人間ではない。

でも、そんな私だからこそ、「生きて」と言えるような気がする。笑えるほどつらい人生でもさ、私みたいに、「ああ、生きていてよかったな」と思える人間だっているんです。

今がどれだけどん底で、泥沼で、クソみたいな人生でも、生きてみれば変わるものもある。

 

生きてみて、最高に楽しい気分、最高に幸せな気分になれることだってあるんだよ。綺麗事かもしれないけど、

もう1度言うね。

 

生きろ、生きろ、生きろ。

関連記事:悲しみを背負って生きる私たちは愚かな存在なのか、それとも。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。