ブログ運営を語る

ブロガーとアフィリエイターって正直何が違うのよ?

ブロガーとアフィリエイターの違いって何だろうか?そんなことを考えたことがある人もいるんじゃないですかね。

私もブログを始める前までは、全くわかりませんでした。

ブロガー?アフィリエイター?あの人はどっちなんだろう?」みたいな感じでね。はあちゅうさんとかはどうなのだろうか?イケダハヤトさんは?

そういう感じでした。でも、今ならわかるよ。ブロガーとなった私だからこそその違いがわかるのです。

ブロガーとアフィリエイターの違いについて書いてみるよ。

ブロガーとアフィリエイターの違い

思ったことを書くブロガー

ブロガーとアフィリエイターの違いは「思ったことをそのまま書くのか」という部分でもあるのかな、と思います。

ブロガーとして生きていると、自分自身の人生が全てコンテンツになるわけです。失恋をしたら、失恋の記事を書くし、仕事で嫌なクライアントがいたらその人のことを書いてみる。

親が亡くなってしまったら、そのことを書く。私も、亡くなった父親が夢に出てくる6月の不思議。とかで書いているけど、ブログには随分と助けられているような気がします。

だって、気分転換になるからね。それだけで。

商材を売り込むサイトを作るアフィリエイター

アフィリエイターというものは、基本的に「この脱毛サロンを紹介しよう」という商材ありきで記事を書くようなスタイルになります。

自分の感想を書く人もいると思いますが、基本的には「どうすればこの記事で商品を売ることができるのか」という視点で記事を書くんですよね。

ある意味、ドライに書いていくのがアフィリエイターだと思います。サイトを最適化して、コンバージョン率を上げていく。

お金を稼ぐという点では良いのですが、私は得意ではないので、ブロガーをやっています……。

関連記事:主婦の人にブログの始め方を現役ブロガーが教えるね。

ブロガーとアフィリエイターそれぞれの強み

ブロガーの強み

日常生活を書くから楽しい

ブロガーは基本的には日常生活を書いていくことになります。

ハワイのクアロアランチでバギーに乗ってみた!絶景かよ!みたいな記事とか、ベネチアでディナーに「Trattoria De Mimmo」でパスタ!安くて美味しかったけど食い逃げを見たとかね。

私の場合は海外旅行に行くことが多いので、海外のことを中心に書いていたりする。だから楽しいんですよね。後は人生についてとか、仕事についてとか、自分の思ったことをそのまま文字にする。

ブロガーとアフィリエイターの違いがわからない、という人もいるだろうけど、日常生活を書くことが楽しいのはブロガーの強みかな、と思います。

ファンがつく可能性が高い

ブロガーの方がファンがついてくれる可能性が高いかな、と思います。

アフィリエイターは「情報整理」みたいなことが仕事の中心だと思いますが、ブロガーの場合は「自分の感想」とか「その時の気持ち」みたいなものをリアルに書いていくのが仕事です。

自分の心を丸裸にして、「私はこう思います!」と主張するのがブロガーだから、ファンがついてくれる可能性が高いのです。

ブロガーとアフィリエイターの大きな違いだとも思うし、強みでもあるよね。

収益が安定する

完全に私の個人的な見解になってしまうのだけど、収益が安定するかな、と思っています。

ブロガーが扱うキーワードやジャンルって競争が激しくないことが多いんです。もちろん、競争がない分、儲かるお金も単位あたりは小さい。

でも、長期的に考えれば、収益は安定するんですよね……。

私の場合は、収益とは関係のない記事をひたすら書いていて、アフィリエイターさんからすると、「こいつはお金を稼いでいるのか?」という感じだとお思います。

けど、実際にはお金も入ってくるんです。収益とは関係のない記事が増えれば増えるほど、実は収入が安定する。

アフィリエイターの強み

圧倒的に儲かる

単純に「儲けたい」という気持ちだけでサイトを始めるのであれば、アフィリエイターの方が圧倒的に儲かると思います。

中には、年間で1億円程度を稼いでいる人もいると思います。アフィリエイターはほとんど全ての記事が「収益化」のために作られているので、効率的ではあるんですよね。

私は好きではないのだけど、「お金を儲けたい」という気持ちだけでブログをやる人には向いているのかもしれません。

少ないアクセスでも良い

アフィリエイターの場合はブロガーと違って、そこまで多くのアクセスを集めなくても良いんですよね。

少ないアクセス数でも、コンバージョン単価の高い商材を扱っているのであれば、問題なく稼げると思います。ブロガーの場合だと、ある程度は「PV数」に依存してしまう部分がありますから。

  • 看護師転職
  • 薬剤師
  • 脱毛
  • ダイエット

等の単価が高いジャンルを扱っているのであれば、なおさら少ないアクセス数でも運営していけると思います。

関連記事:ブログを辞める人は9割くらいじゃない?それでも続ける現役ブロガーより。

ブロガーとアフィリエイターそれぞれの弱み

ブロガーの弱み

儲かるまで時間がかかる

ブロガーは儲かるまで時間がかかるんですよね。アフィリエイターとの違いであり、弱みでもあります。

ブロガーとして稼ぐためにはPVに依存してしまう部分があるので、ブログだけで生活できるようになるまでは最短でも「2年程度」はかかってしまうと思います。

長い人だと10年くらいかかってしまう人もいると思います。まあ、そこまで行く前にきっとやめてしまうと思いますけどね。

ブロガーの場合は、儲かるまでの時間がかかるので、「独立したい」みたいな感じの人にはあまり向いていないかもしれない……。

属人的である

良い点でもあるのですが、ブロガーって属人的なんですよね。ブログ界で有名な「イケハヤさん」とかは、「私は概念です」とおっしゃっていたと思うんですけど、

基本的には属人的なので、その人にしかできないんですよ。だから、ブロガーの場合はブロガーが死んでしまったら、それで終わりになってしまう可能性があるのです。

サイトを売却するような場合でも、ブロガーの場合は属人的なので、少しだけ難しいんじゃないかな、と思うのです。

アフィリエイターの弱み

やっていて飽きる

私がアフィリエイターにならない理由の1つなんですけど、「飽きる」んですよね。ただただ商品を売って、お金を儲ける。

それも楽しいのかもしれないけど、私は好きになれないのです。

やっていて飽きてしまうと、どこかで更新が途絶えてしまう可能性がありますから。例えば、何の興味もないのに、

脱毛サイト」みたいなものを始めても、途中で更新をやめてしまうと思うのです。やっていて飽きるものには手を出さないのです……。

 

今後は微妙

アフィリエイトサイト全体に言えることだと思いますが、アフィサイトの未来はそこまで明るくないんじゃないかな、と思っています。

それよりも、「共感」を呼ぶような、何でもないブログの方が需要があるような気がするのです。

今後のことを長期的に考えるのであれば、私だったらブログを選択してしまうと思います。

ブロガーとアフィリエイターの違いであり、アフィリエイターの弱みですね。まあ、どうなるのか?なんて誰にもわからないのだけど、私の予想は「ブログ的コンテンツが重要になる」です。

関連記事:ブログ運営の勉強の仕方!私が3年かけて学んできた方法を教えるよ

私は「ブロガー」でありたい

 

私は結局、ブロガーでありたいな、と思うんですよね。まあ、ブロガーと言っても、アフィリエイターと共通する部分ってたくさんあるし、お金が発生するという点ではどちらも同じように思える。

でも、私はやっぱり「ブロガーでありたいな」と思っているのです。

お金のためだけにブログをやるのであれば、別にアフィリエイターになっても良い。サイト構造を考えて、SEO対策をしっかりすれば、アフィリエイターとして大きな金額を稼ぐことができるかもしれない。

ただ、私は「アフィリエイターとして儲ける」ということに関しての関心がなかったんですよ……。

ブロガーとして、「それでも生きてみようよ」というメッセージを発信していきたい、という気持ちはあった。父親を失っているし、大きな借金もしている。

そんな私の苦悩とかつらさを発信して、救われる人が1人でもいるのであれば、私は描き続けたいな、と。

だから、私はこれからもブロガーとして生きていくよ。ブロガーとアフィリエイターの違いって、「心があるのか?」という部分でもあると思う。

私は自分のリアルな気持ちを書いていきたいし、心から悩んでいる人たちが少しでも生きやすくなってくれれば良いな、と思っています。

だから、ずっと書き続ける。良いものですよ。悪口もたくさん言われますけど、良いこともたまには言ってもらえます。

ありがとう。頑張って書いていくね。

関連記事:アフィリエイトは危ないんじゃないか?という質問について。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。