人生に悩む君へ

人生相談なんて無意味だと思うんですよね。

人生相談なんて基本的には無意味だと思うんですよね……。人生相談をしてくる人って意外と多いじゃないですか。

実は困っていることがあってさ」みたいな感じで、悩む度に飲みに誘われて、話を聞く。

もちろん時と場合によってはそういう時間が大切な時だってある。でも、基本的には人生相談なんて意味がないと思うんですよ。

どうだろう。人生相談をして何かが変わったことがあるのだろうか。私は人生相談をされることが多い人だったりする。

そんな私が、「あれ?人生相談っていらないんじゃない?」と思ってしまったのです。

 

人生相談が無意味な理由

自分の中で答えは出ている

人生相談をする時には、だいたい自分の中で答えが出ているんですよね。「私はこうしたい」という気持ちは既に固まっているはず。

固まっているのに、誰かに相談して、「あなたの意見が正しいよ」という肯定的な意見をもらいに行くのです。でもさ、そんなことで本当に挑戦することができるのだろうか。

そう、私は思ってしまう。既に自分の中では決まっているのであれば、悩むことはない。

99%のことは自分の中で決まっているのだから、後は行動するだけだと思うんですよね。だから、人生相談は無意味だと思うのです。

自分のことは自分で決めるべき

自分のことは基本的には自分で決めるべきだと思うんですよ。他人が「こっちの道の方が正しいんじゃない?」なんて言ってきても、気にする必要はない。

そんな言葉を聞く必要なんてどこにもないのです。自分のことは自分で決めるべきなんですよ。

学校でも、就職先でも、人生における選択の99%は自分で決めなければならない。じゃないと、絶対に後悔すると思うよ。

学校で先生が「お前は間違っている」と言ってきたとしても、友達が「こっちの方が正しいよ」と言ってきたとしても、結局は自分で決めなければならない。

自分1人でも迷っているのに、他人の意見まで取り入れたらもっと迷ってしまう。そう思わない?

やらない言い訳を探すだけ

人生相談が無意味なのは、相談において「やらない言い訳」を探しているからというのもあるんですよね。

話していても、「そうは言っても、こういう問題があってさ」みたいなことをウダウダと言っている。そんなことを言っているだけの時間が無駄だと思うし、

だったら、やらなきゃいいじゃん」と私は思ってしまうんですよね。

人生相談は無意味であるばかりか、相談相手の時間を奪っているし、自分の時間も浪費してしまっている。そう考えると、本当に無駄な時間じゃないかな、と思うんですよね。

関連記事:誰にも認められない人生だったとしても、それで良いじゃんと笑おうよ。

人生相談をしてくる人に言いたい

失敗しても良いからやってみろ

人生相談をしてくる人にはさ、「失敗しても良いからやってみろ」と言ってやりたいんですよね。

人生相談をする人の多くが、実際には行動しないタイプなんですよ。「失敗したらこうなるかもしれないから……。」みたいなことを長々と話しているだけ。

行動を起こす人は本当に少ない。

やってみたら、成功する人だっているのにね。むしろ、やらない人が99%だから、やるだけで成功するというのもあるのだけど。

具体的にしてから悩め

人生相談をしてきても、何も具体性がないからアドバイスをすることができないという場合も多いんですよ。

悩んでいる自分が可愛いだけで、何も前に進もうとしていない。そういう人は「具体性」が全くなかったりするんです。

具体的にしてから悩めば良いのにね。例えばさ、「大金持ちになりたい」と思うなら、「何年後にローンでアパートを買って」とか、そういう具体的なプランを考えることが大切なんじゃないのかな、と思うんです。

人生相談なんて無意味なんです。どうせ具体的には考えないのに、相談はしてくるのだから。

リアルにしてから話して欲しいな、と思うんです。

私の時間を奪わないで

私は私の「時間」というものが最も大切なものだと思っています。ビルゲイツでも、孫正義でも、猫でもカラスでも、「1時間」という時間は誰にも平等。

命が終わるまでの時間は人それぞれなのだけど、誰も「過去」に戻った人はいないのですよ。だから、人生相談をされると、「時間を奪わないでくれよ……」なんて冷たいことを思ってしまう。

人生相談は無意味なものなのに、いつまでもいつまでも悩んで、ただただ同じ場所に止まっている。そんな時間には何の意味もないのにね。

私の時間は有限です。だからさ、ただ話したいだけなら、別にライブ配信とかで不特定多数の人に向かって話すのでも良いじゃない?とすら思ってしまう。

え?時代に毒されているのかな。違うよね……。

関連記事:人生は悲しいことばかりだ、と思っていた当時の私からどこかのあなたへ。

人生相談をしてくる2つのタイプ

「でも」が口癖人間

人生相談をしてくるタイプの1つが「でも」が口癖の人間なんですよね。人生相談を受けると、具体的にアドバイスをするじゃないですか。

 

歌手になりたいんだけど、どう思う?」と聞かれたら、「オーディション情報を調べて、受けてみたら良いじゃん」と私なら言ってしまう。

でも、そうやってアドバイスをしても、多くの人は、「でも、親が反対しているんですよね」とか「将来のことを考えると」みたいな否定的なことを言い出すんです。

え?歌手になりたいんじゃないの?」とこちら側は思ってしまう。そこで、「やっぱりそうだよねえ」なんて共感するのが正しいのかもしれないけど、そんなことだったら、他の人とやって欲しい。

人生相談をしたらところで無意味なのは、「否定的な言葉」を携えて相談に来るからなんです。

悩んでいる自分が可愛い系

 

悩んでいる自分が可愛い系の人も人生相談をしてくることがありますね。

「夢と現実のどちらを追うべきなのか?」みたいなことで悩んでいる人がたくさんいるんですよ。

こういう人たちは、「俺、今悩んでいます」という、この時間に価値を見出していますから。解決することが目的ではないんですよね。

悩んでいる自分が可愛いだけの人の相談時間に私の人生の時間を費やしたくはないのです……。

行動すれば良いだけなんですもん。ただただ行動して、努力して、前に進む。考えている間に努力した方が早いじゃないですか。

関連記事:何かやりたい、って思った時に即行動しないと何にもならないんだ

 

1分も無駄にしないつもりで頑張れば良い

 

私は「まあ何とかなるでしょ」と思って、独立したタイプの人間です。不思議なんですけど、こうやって頑張ってみると、意外といけるものなんですね。

どっちにしようかな」とかって悩んでいる時ってさ、実は何の努力もしていなかったりするんですよね。

  • 歌手になりたい
  • 経営者になりたい
  • お金持ちになりたい

こんなことを頭の中では考えていても、結局は何もできないままに終わる。悩んでいるのに、バカみたいにお酒ばっかり飲んでいたり、練習もしないで遊んでいたり。

そんな時間こそ無駄じゃないですか。人生相談の時間だって同じです。無意味なんですよ。

1分も無駄にしないで生きていこうよ。何かやりたいことがあったり、悩んでいることがあるなら、悩んでいる時間に行動をすれば良い。

行動し始めたら、「ああ、やばいことに首を突っ込んでしまった」なんて思いながら、何だかんだ頑張りますから。

そういうものなんです。私の人生だってずっとそういう感じじゃないかな。いつもギリギリだし、いつもバタバタしている。

そうやっている内に死んでしまうから。

今というこの一瞬の連続を全力で生きて欲しいんだ。

関連記事:将来を生きても仕方ない。今を生きるべき。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。