人生に悩む君へ

私の将来を他人が語るな

就職をしないで自分の好きなことをやって生きていくぜ!って思って紆余曲折あって今に至るわけですが

大反対してくる大人が周りにとても多かったです。

 

ちょうど大学を卒業する年にとある男性と話をしていて

「卒業してどうするの?」って言われて

「就職しないでやりたいこと突き詰めてみようと思います」と言ったら

手を合わされて「ご愁傷様」って言われたんです。

 

一回り以上年上のおっさんに!!笑

 

自分の幸せは他人の幸せでは測れない

 

悔しくて帰ってから泣きました。笑

 

就職をしない!っていうのも簡単に決めた決断なんかじゃありません。だって自分の人生がかかってますから。

 

それに周りはみんな就活して、割といいところに就職したりなんかして。

そんな中で就職しない選択をしているのなんて仲が良い友達の中では私くらいでした。

 

就職をしないなんてまだまだマイノリティですからね。

これから増えていくとは思うけれど。

 

でも悩んで悩んで、やっぱり自分には向いていない、他にやるべきことがあると思って選択した道なんです。

 

それを両手を合わせて「ご愁傷様」なんて傷つけ方をできる人の方がよっぽど終わってるなって思いました。

この人は人の気持ちが全く考えられない人なんだなぁって。

 

他人が思う幸せは私にとって不幸なことだってあるんです。

私の幸せは私だけのものなんです。

関連記事:大人になっても子供の時の気持ちを忘れたくないよね。

私の10年後を他人が心配するな

 

その彼が私に「10年後の自分を常に意識して生きなさい」と諭してきたんですよね。

 

「10年後、他に頑張っている人たちに勝てる自信があるかどうか

10年の間に一体どれだけの本が読めるか、映画が見られるか、

そういうことをずっと考えて生きていけば、10年経ってから後悔しない」

と言ったんです。

 

クソくらえ!!!

 

私の10年後をどうしてこの人が語るんだろう?って思ったんです。

 

でもよく考えたら、あっという間に10年経ってしまった今にこの人自身が満足できていないからなのかな?って思いました。

 

自分が自分の今に納得できていないから、私にそういう厳しいことを言うんだろうなって思ったんです。

 

ありがたく一つの意見としてちょうだいしておきますが、取捨選択はさせてもらいます。

私には必要のない考えだな、と思いました。

 

だって10年後も生きている保証なんてどこにあるんですか?

明日死んでしまうかもしれない可能性の中で私たちは生きています。

 

将来を不安に思って今が辛くなってしまったら意味がないと思います。

10年後なんてなってみなきゃわかりません。

10年経ってみて、その時に不満があるならそれを解消するように動けばいいだけの話です。

 

あるかもわからない10年後を思って今諦めなきゃいけないものがあったら、必ず後悔すると思うんです。

 

私は未来でも過去でもなく今を生きている。

今を大切に生きていきたい。

関連記事:明日死ぬと思って生きているんだ。

 

人と違うって苦しいけど楽しい

 

義務教育から高校に入って大学を卒業して就活して就職して社会人になって。

今の世の中はある程度の道が決められているようなところがありますよね。

 

でもよくよくみてみると、そのレールから外れている人ってたくさんいます。

私もそのうちの一人。笑

 

起業している友達もいるし、社長やってたのに辞めちゃって「また新しいことはじめるー!」って行って笑顔で去っていった元社長とか。笑

結構ファンキーな人っているんですよ。

 

でもそういう人たちっていっぱいいろんな人から余計なことを言われて今まで生きてきてると思うし、今もそういうことあると思うんです。

 

大衆はみんなの意見を大事にしますからね。

変わったことをしているとどうしても目立ってしまうものなんです。

 

でもそれって真剣に考えて行動している、っていうことだと思うんです。

 

ある程度決まった道を歩んでいくのってとても楽だと思うんですね。

だって「そういうもんでしょ」って思ってればそれで済むから。

 

でも当たり前なことは当たり前じゃありません。

どうしてそういうレールが敷かれているのか、本当にそれは正しいことなのか、

そもそも正しい正しくないじゃなくて自分に合っていることなのかどうか、常に疑問を持って生きるべきだと思っています。

 

だって人生は誰のものでもない自分のものなんだから。

 

こうやって道を外れてる人っていろんなこと言われると思うんですが大事なのはそれが他人からの意見である、ということをしっかりと認識することです。

 

いただいた意見は一度咀嚼してみるといいと思います。

でも口に合わなかったらさっさと吐いて捨てましょう!笑

大切なのは自分の考えです。自分らしくいることです。

 

私も私に意見をくれた彼の言ってることはごもっともだと思います。

でも私の欲しい答えじゃなかった。

 

たくさんの人が指示する意見が正しいとは限りません。

自分の正解は自分が決めるものです。

 

そして自分が正しいと思って進めた道って歪でもとっても達成感を得らえるものだと思います。

敷かれたレールなんてありません。レールを作るところから始めていくんです。

とてもわくわくしませんか?毎日成長の連続です。

 

そして、道を外れていく人は自分の付き合う人も同じような思想を持った人だと尚いいと思います。

否定ばかりされていては辛くなってしまいます。

 

同じように道を外れている人を見つけて、道を外れてる人たち同士がつるめばいいと思う笑

そんな空間を作ってみたいなーって最近思ってます。

 

そうやって自分らしく、自分が正しいと思う道を選び続ければ

失敗はするかもしれないけど後悔はしないと思うんだ。

 

私の将来を誰にも語らせない。

私の将来は私のものなのだから。

関連記事:将来の夢を言えない君たちへ。

 

では今日はこの辺りで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。