人生に悩む君へ

努力が足りない人が99%の世の中だから、私は逆に生きやすいのよ

努力が足りない人、多すぎない?

私は何年も思い続けている。いや、努力をするのは大変だし、正直な話、私も努力という言葉自体は好きではない。

でもさ、努力が足りない人があまりにも多いような気がするんですよ。よくね、「成功するコツは何ですか?」みたいなことを聞く人がいるじゃないですか。

でも、そんなものは簡単で「努力」なんですよ。努力をすれば、誰でも成功することができる。私はそう思っているんです。

 

もちろん失敗する時あってあるけれど、失敗する原因のほとんどは努力不足だと思うわけ。

努力が足りない人よ、動き出せ。

 

努力が足りない人の発想

あの人には特別なノウハウがある

努力が足りない人に限って、「あの人は特別なノウハウを持っているはずだ」と思っているんですよ。

社会で成功している人は成功するための特別なルートを知っていて、それを知れば、成功することができる。

そう、思っているんですよね。でも、そんなものはないんですよ。私自身が経営者なので、経営者と話すことは多い。

経営者であれ、スポーツ選手であれ、小説家であれ、成功している人は努力をしているのです。

成功していない人のほとんどは努力が足りないだけ。ただそれだけの話なんですよ。努力が足りないだけなのに、「きっと良い方法があるに違いない!」と思って、努力をしない。

特別な最短ルートがあると思っているんです。ないない。そんなものは全然ないよ。でも、思っているのよ。

 

自分のやり方がある

努力が足りない人に限って、「独自の方法」みたいなものに頼ろうとするのはなぜだろうか。普通のことを普通にやるだけなのに、「俺には俺のやり方がある」と言って、脇道に逸れる。

いや、それでも良い。努力をするなら良いのだけど、多くの場合は努力をしない言い訳になっていて、「俺には俺のやり方がある」で逃げているだけの状態になっている。

最初は、「あの人たちにもそれぞれやり方がある。卑屈な考え方をするのは良くない」と、私も思っていたんです。

でも、あまりにも努力が足りないだけだからさ、「やっぱり努力が必要だよな」と思ったわけ。

受験の時でも同じでした。「俺は効率重視だから」と言って、太鼓の達人ばかりやっていた友人は第3志望にも合格しませんでしたから……。

関連記事:自分を信じる根拠はいつも努力だけだった。

 

誰も努力しないからめちゃくちゃ楽よ

 

最初の熱量は割とどんな人でもあるのよね。「社会人をやりながら夢を叶える」とか「独立して成功する」とか。

最初は鼻息を荒くして、頑張るわけ。でも、みなぎるパワーもすぐに尽きてしまって、数ヶ月、いや、2週間くらいしたら「努力をしない人間」に成り下がっているわけです。

 

まあ、別に良いのよ。努力なんて面倒だし、別に生きていく上で必要なものでもない。「のんびりと生きたい」という気持ちが1番強い人はそれでも良いと思う。

 

でも、違うじゃない?本当は有名になったり、成功したりしたいのに、努力だけはしない。

そういう人が多いのよ。

 

ただ、これが私にとっては好都合なんです。好きなことを好きなように、100%の努力をしている私からすると、競走者のいない100m走みたいなもので、全く負ける気がしない。

 

努力をしない人のほとんどは「努力をすれば成功する人」だったりする。でも、努力をしないんですよね。

特に社会人になると、1週間を生きていくことに必死になっているから、努力ができないまま、ただただ時間だけが過ぎていく。

 

そんな世界で生きているから、私は生きやすいんですよね。だから、別に今の現状は変わらなくても良い。だって、私には好都合だから。

でもさ、同時に寂しさもあるよね。「あ、やっぱりみんな頑張らないのか」と。努力が足りないだけで、本当は能力のある人がいっぱいいるのにもったいないよ。

関連記事:起業するのは不安だし、誰かの右腕になりたい!って人が多すぎる

 

努力をしない無味無臭の人生にするのか、それとも

 

平凡な毎日にも価値がある。私はそう思っています。自然の香りとか、家庭とか、友達とか。何でもないことも大切よ。

でもさ、こういうものって、努力をする世界にいても手に入れることができるものなんですよ。対の概念として扱われることが多いけど、そんなことはない。

努力をしていて、友達がいて、温かい家庭を持つ人だってたくさんいるんです。

 

努力が足りない人が99%なこの世の中は私にとっては都合が良いものなのかもしれないけどさ、やっぱり同じように頑張る人が増えたらもっと楽しいじゃないですか。

明日は何を頑張ろう?」と思い合える人が1人でも、2人でも多くなったら、それだけ人生は楽しくなるような気がする。

 

先日、友人がこんなことを言ってきました。「目標みたいなものが欲しいからマラソン出ない?」と。

そうなんですよ。結局ね、人間って目標が欲しい生物なんです。普段の生活の中で、頑張りたいものなんですよ。

 

50%とか60%の努力じゃなくて、100%の努力をしてみても良いんじゃないかな。そしたら、また違う世界が見えるのよ。

最初は「つらいな」と思うことがあるかもしれない。でもね、変わるよ。

努力が足りない人が多い世の中で、努力をする側になってみようよ。

関連記事:夢を諦める前に、後少しだけ頑張る力。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。