私の仕事論

同僚にイライラしてしまう時に心を落ち着ける方法

仕事をしているとどうしても同僚にイライラしてしまう、ということがあると思います。

退職理由で一番多いのは人間関係、というくらい

どうしても仕事場での人間関係は自分でどうにもできない部分もあり、悩みの種になりがちですよね。

 

私もイライラすることたくさんあります…

今はブロガーとして生活をしているからほとんど一人で仕事をすることができるけど

やっぱり外から依頼をもらったりすることもあるので、人と関わっていかないと仕事はできないです。

 

ブロガーの前に仕事をしていた時は同僚へのイライラはもっとすごいものでした…

私が実際にやっていた、同僚にイライラした時の対処法を書いていきたいと思います。

 

なるべく距離をとる

 

狭い会社内では難しい部分もあると思いますが

なるべく心理的にも物理的にも距離をとるようにしていました。

 

見ていてイライラしてしまう同僚とはなるべく関わらないようにするのが一番です。

会社によっては座る座席が毎日違うという会社もあるし、

例えばデスクの周りに物を置いて、視界を遮るということもできると思うんですよね。

 

やっぱりイライラする相手をずっと視界の端にとらえながら仕事をするのは自分の精神衛生上よくないと思うんです。

ストレス溜まっちゃうしね…

 

どうしてもその同僚と関わらなくてはいけない時をのぞいて、なるべく距離をおくようにするといいでしょう。

 

私は会社でお昼を食べなくてはいけない時はなるべく会社から出て一人になるようにしていました。

ただでさえ狭い会社内で1日仕事をしなくてはいけないのだから

プライベートの時間はなるべくそこから離れた方がいいですよ。

関連記事:不幸になってほしい、と思うくらい嫌いな人が会社にいました。

 

相手に期待をしない

 

相手に期待をしない!これものすごーく大事です!

 

例えば同僚だけじゃなく、上司とか自分より立場が上の人に対しても言えることなんですが

どこかで無意識に「これくらいはしてくれて当たり前」みたいなことを人は思ってしまうものなんですよね。

 

で、その期待を大きく下回るようなことをされると勝手に残念に思ってしまってイライラしてしまうんです。

「どうしてこんなこともできないの?」と。笑

 

私もついついよく思ってしまうことなので、自分に言い聞かせているところもあるんですけど

そういう同僚へのイライラは相手に期待をしないようにすると少し軽減されます。

 

私の場合、ひどい時は相手がまだ小さな小学生くらいの子供なんだ、と思うようにしています笑

 

小学生くらいの子供だったら、できないことが多いのも仕方ないし

一度くらいじゃ覚えてくれないのもしょうがないし、

逆にちょっとでも普通の仕事ができると「よくできたな〜〜」なんて思えるんですね笑

 

なかなかこの境地に達するのは難しいんですが、

子供だと思って接することによって、相手に期待をしなくて済むようにはなります。

関連記事:部下を鬱にさせる上司っているんだよ

 

世話を焼き過ぎない

 

仕事ができない同僚やイライラさせてくる同僚のことを見ていると

「私だったらもっとこうするのに」みたいな世話焼き心が出てくるものです。

 

その人が失敗したしわ寄せ分を自分が手伝っちゃったりすることもあるでしょう。

 

そういうことが増えると「どうして同じ給料をもらってるのに私がこんなことまでしなきゃいけないんだろう」みたいな気持ちになってしまいがちです。

 

真面目な人ほどこういう思考に陥りやすいと思う。

あとは仕事が好きな人、かな。

 

でもね、そうやって他人の世話を焼いてしまうからこそ自分が余計にイライラしてしまっているところはあると思うんですよね。

別に上から命令されていないのであれば、その人のことを手伝ってあげなくていいし

気を利かせて動く必要もないんですよ。

 

その人のミスに気づいても、ある程度放っておく勇気を持つといいと思います。

関わらず遠目から見ておきましょう。

 

サラリーマンなら、それで給料が変わるってわけでもないですから

わざわざ自分からストレスをためるようなことに首を突っ込まなくてもいいんです笑

関連記事:仕事中にため息ばかりついてる人は周りを不快にさせてるのに気づいてるのかな

 

働き方を見直す

 

色々試してみてそれでも同僚へのイライラが止まらないのであれば、

最終的には働き方を見直すしかありません。

 

イライラしながら仕事してると本当に体壊すんでやめた方がいいです。

私も家族もうつ病で仕事をやめたけど、退職してから体のあちこちに病気が見つかりましたからね…

 

私自身も結構何回も救急車のお世話になっています。

 

ほんとにね、心と体は繋がってる、っていうのは真実なんですよ。

 

めんどくさい人間関係が心底嫌で、私はブロガーになりました。

正直それで生計立てられるようになるなんて思ってなかったけど、今ではちゃんとそんな生活ができています。

「会社で働きたくない」っていう負の気持ちをエネルギーにしてたくさん記事を書いてきました笑

 

もちろん「同じように悩んでいる人を助けたい」という気持ちも今はあります。

最初はストレス発散でしかなかったけど、その記事をみて「心が軽くなった」というようなコメントくれる方が増えてきてからは

ブロガーという仕事が余計に楽しくなったし、良い仕事だなって今では誇りを持っています。

 

私はもともと引きこもりで家で作業することが好きだったのと、書くことが好きだったからたまたまブロガーという仕事にたどり着いたけど

人それぞれ合う仕事があると思うので、ぜひ探してみてください。

 

どうかイライラする気持ちを毎日抱えながら体を悪くしないでね…

関連記事:休みのない仕事を続けて家族がうつ病になってしまった話

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。