肉体改造

運動を全くしない人は信用できない。

社会人になると運動する機会がなくなってしまいますよね。

学生の時には部活をしっかりとやっていた人でも、社会に出ると時間と精神的な余裕がなくて、運動をしなくなる人が多いのです。

でも、運動を全くしない人は信用できないんですよ。

運動不足なんですよねえ」という言葉は何でもない言葉だと思って発している。

ただ、私はそう思わない。1人の人間として見る時には「運動をしているのか」が大事になってくる。

 

なぜ運動を全くしない人は信用できない?

自己管理能力が低い

運動を全くしない人は「運動なんていらない」と思っているわけではないと思うんですよ。

多くの人が「運動をしたいと思っているけど、できていない」という感じだと思う。

でもさ、実際には運動をする時間なんていくらでも作れる。飲み会の代わりに運動をしたり、一駅前で降りてランニングしてみたり。

方法ならいくらでもあるんですよ。にも関わらずやらないというのは「自己管理能力」が欠如しているからじゃないかな、と。

自己管理がしっかりとできる人であれば、運動を疎かにはしないはず。自分をコントロールすることができないからこそ運動不足になるのです。

 

精神的な余裕がない

運動を全くしない人って基本的に「精神的な余裕」が少ない人だと思うんです。

運動をしないと脂肪肝になったり、心臓系の病気にもなりやすい。突然死したりすることもある。

だから、運動をした方が良いのです。メンタルにも良いしね。セロトニンの量だって増える。

運動をしないことによって精神状態が悪くなるし、運動をするだけの精神的な余裕もないということ。

だからこそ、運動を全くしない人は信用できないんですよね。悪いことだらけなんですよ。運動をしないということは。

精神的な余裕がない人と一緒にいても、私自身が疲れますから、プライベートでも仕事でも付き合わないようにしているよ。

関連記事:なんとなく落ち込む、という人はとにかく運動して!

 

私も前は運動をしない人間でした

 

私は人間ドックで悪い結果が出るまでは運動をしない人間だったんですよね。

本当に全然していませんでした。「だって、忙しいから」と言っていた。でもさ、運動する時間なんていくらでもあったんですよね。

社内の会食では家畜の如く食べるのに、運動はしない。そりゃ健康を害しますよ。

運動とかって別に2時間も3時間もしなければいけないわけじゃないんですよ。普通に30分程度あれば、5kmくらい走れますからね。

私も今は30分で5km程度は走っていますから……。ランニングを3日間続けてみた感想を書いてみる。とか懐かしいな。

夜の時間の30分の余裕すらもない人なんてほとんどいないと思う。

スマホをいじっている時間やタバコを吸っている時間を「運動する時間」に変えてみたら本当は生活が激変するわけです。

わかる?

 

運動を全くしない人間だったからこそ、思うんです。社会人として働き始めると誰もが太ってきて、だらしない身体になるじゃないですか。

内臓脂肪が「ぽーんっ!」と出ているような、内臓脂肪型のおデブに誰もがなるわけです。でも、そんな大人なんて格好悪くないですか?

 

私も「頑張る!夢を追う!」なんて言っていたけど、結局はお腹が出ている人間でした。そう考えると説得力なんてまるでないよね。

夢を叶える前にチーズバーガーをやめなさい」という感じだったと思う。いや、本当に好きだったんだから、マクドナルドが……。

マクドナルドばかり食べては運動もせずにただただのんびりする。そういう生活だったんじゃないかな。仕事的にきつい時もあったから、忙しい時期もあるのだけど、

運動はやっぱり自分の気持ち次第だと思うんです。自分で「やろう」と思えば少ない時間でも運動時間を作るだろうし、うん。

 

結局はだらしのない人間だったわけよ。

運動を全くしない人間だった私が言うのは何だけど、運動を全くしない人は信用できないと思うんです。逆を言えば、当時の私は信用に値しない人間だったのだろうな、と思う。

関連記事:休みのない仕事を続けて家族がうつ病になってしまった話

 

誰でも運動を習慣化するためには?

短い時間から始める

短い時間から始めるのは大事だと思う。運動を全くしない人は、その状態で5年も6年も過ごしているだろうから、相当肥満体型になっていると思うのよね。

BMI25以上で運動をすると、関節が痛くなったりするから、最初は運動すらも厳しいんですよね……。

私も25以上の時期がありましたが、その当時は走ると、足首のところが痛かったです。「あれ?おかしいな」とその時は思いましたけど、

別におかしなことではないんですよね。

ただただ「体重が重すぎた」というだけです。運動を全くしないからこそ太り、太るからこそ運動を全くしなくなる。

負のスパイラルに巻き込まれてしまうのです。

だから、運動を習慣化するためには、できるだけ短い時間から始めましょう。最初は10分からですね。そこから20分、30分と上げていく。

それで良いんです。

 

楽な運動に限定する

 

最初から重たいダンベルを上げたりとか、最初から速い速度で走ったりする人が多いんですよね。特に、昔は運動神経が良かった人。

こういう人って、もう部活を辞めてから10年以上経過したりしているのに、「俺はまだいける!甲子園にも行ったし」みたいなことを思っているんですよね……。

でも、人間の身体なんてすぐに衰えますから、過去の栄光は忘れなければいけないのです。

 

運動を全くしない人が運動を習慣化するためには、もっと楽な運動に限定した方が良いです。ランニングであれば、1kmあたり、8分くらいで走っても良いんじゃないかな。

 

速い人だと、4分台とかで走るけれど、あれは脂肪燃焼のためにも良くないし、そんなに速く走る必要はないのです。

運動を全くしない人は信用されないよ。だから、少しで良いから頑張って欲しい。みんなで健康になろうぜ。

関連記事:健康的な生活を心掛けてみて、思った事。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。