ブログ運営を語る

ライターを外注して運営しても良いブログにはならないと思う理由

ブログやメディアをこれから運営しようと思っている人にSEO対策とかの話を聞かれて

「自分でネットで勉強しました〜」的な話をすると

「ライターさんとかに外注して運営していこうかな〜」みたいな話をする人がいます。

 

確かに記事を書いてくれるライターは今の時代はたくさんいるし

そうやって運営しているキュレーションメディアもありますよね。

 

でもブログをずっと書いてきて思うんだけど、

ライターに外注してブログを運営しても、良いブログにはならないと思うんだよね。

 

ライターにとっては「やっつけ仕事」なんだよね

 

1記事いくら、もしくは1文字いくら、という形でライターに外注することができますよね。

クラウドワークスとかそこらへんのクラウドソーシングサービスを使えば、簡単にライターさんは見つかると思います。

 

でもね、ライターさんにとっては所詮「他所様のブログの記事」でしかなくて

1記事書いて1000円とか500円とか。それきりの仕事でしかないからやっぱり「やっつけ仕事」になってしまいがちなんですよ。

 

でも自分で本気でブログ運営してたら、一つ一つの記事に愛情がわくし、

それをなんどもリライトしたりとかして、自分の言い回しとか自分だけの経験とかを盛り込んでいけるじゃないですか。

 

書く人の熱意って絶対にブログ記事に反映されるものだと思うんですよね。

 

私もブログ始めた頃は、「これで絶対に食べていけるようになるぞ」って思ってて

貯金とか全然なかったから本当に死に物狂いだったんですよね笑

 

自分が書いた記事に愛情もあったし、今読み返すとSEO的にも内容的にもクソみたいな記事いっぱいあるけど

それはそれで大切な記事です。

そしてもっとリライトして、成長させてあげなきゃ!って思える。

 

でもこれがライターさんが書いた記事だったら、どう直していいかも難しいし

そもそも直して良いものかも確認とった方がいいだろうし、

他人が書いたものに愛情を持つのって結構難しい事だと思うんですよ。

 

だってお金払ってそれで書いてもらった記事だから自分はあまり苦労してないわけだし。

 

自分で書いた記事は一度書いた記事がずっと自分のブログを構成してくれる大切な要素となります。

でも外注した場合、ライターさんは記事を書いたらそこで終わり。

 

その熱意の差ってやっぱり出てしまうと思うんですよね。

関連記事:ブログで生活できるようになったけど、道のりは簡単ではなかったよって話

 

当たり障りない記事が増える

 

キュレーションメディアとかを見てると特にそうだな、と感じますが

どうしてもライターさんが書く記事って「当たり障りない記事」になってしまいがちなんですよね。

 

個性のない記事というか、なんとなく表面の情報をさらっているような記事。

もちろん外注ライターさんにお願いしたらみんながみんなそうなってしまう、ということではないのですが

これはありがちなことだと思います。

 

ライターからしたら「自分の書きたい内容」というわけでもなく、

依頼主から依頼されたテーマやキーワードに沿って、仕事として記事を書く、ということになるわけですからね。

 

やっぱりモチベーションもそこまで上がらないんじゃないかなと思うんですよね。

 

人気のブロガーさんとかだとさ、記事を読み進めるうちにどんどん読者は

その著者であるブロガーさんに興味を持ち始めて、

いつの間にかそのブロガーさんのファンになっていたりするんですよね。

 

でも外注ライターさんだとそういう流れにならないんですよ。

どうしても外注ライターだと「誰でもない人」の記事になってしまう。

そこに個性が生まれないから、記事を読んでも運営者のファンにはなってくれない。

 

だからやっぱり下手でも、個人がブログ運営をするならライターに外注するのではなく

個人が個性丸出しで書いた方が面白いと思うんですよね。

関連記事:ブログで稼げないという人は間違った努力をずっとしている可能性がある

 

SEO知識は、あれば応用ができる

 

SEO知識は確かに掘れば掘るほど奥が深いし、

ブログが好きで続けられないと面倒に感じてしまうかもしれません。

 

でも私はブログ運営を数年続けてきて、SEO知識が身について本当によかったと思っています。

 

なぜならSEOの知識は他のことにもたくさん応用がきくから。

 

例えば普段のブログやメディアの記事の読み方も変わりました。

信頼できる情報なのかどうか、「アフィリエイト目的の記事になっていないかどうか」みたいなこともわかるようになったし

ちゃんと書かれている文章を見極められるようになった。

ある意味これはネットリテラシーが高くなったと言えると思います。

 

他にもホームページとかを作る時に、ブログのSEOとは少し違っても

SEO知識があるからこそ盛り込めることもあるし、

YouTube動画とかSNSとかも全部応用がきく。

 

これからますますネットの時代になることを考えると、このSEO知識があることってめちゃくちゃ強いと思うんですよね。

 

だからやっぱり、ブログを運営するなら

自分が勉強して自分でコンテンツを作るのがおすすめです。

好きじゃないとなかなかできない仕事だと思うけど笑

 

中には「ブログ書いてお金入るなんて楽でいいね」なんて言う人もいるけど

努力は結構してるんですよ〜

 

でもその努力はやっぱり「好きだからこそできること」だし、「楽しいから苦痛ではない」のだと思います。

関連記事:ブログを書くメリットを現役ブロガーが考えてみた。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。