投資家のお金論

お金は貸さない主義なんです。

お金は貸さない主義なんだよ。

そんなことを言うと、中学生とか高校生の頃は「ケチだなぁ」みたいなことを言われていました。

中には「なんでお金がある時に貸してくれないんだろう?」みたいなことを陰で言っていた人だっていた。結構ひどいでしょう?

いや、本人は真面目に言っているわけですよ。お金に余裕がある時には貸せば良い、と思っている。

でも、私はお金を貸さない主義なんです。

病気にかかったりして、本当に必要なら貸すかもしれないけどね。基本的には貸さない主義なんです。

 

お金を貸さない理由

友人関係が崩れる

相手と友人のままでいたいのであれば、やっぱり貸さない方が経験上良いですね。何の金銭関係もない友人だったものが、お金の貸し借りによって、「取引相手」になってしまうんです。

1万円でも、10万円でも100万円でも変わらない。「今、俺はあいつにお金を貸している」という意識と、「俺はあいつに借りている」という意識はどちらも「マイナス」なんですよね。

だからこそ、私は「相手とまだ友人でいたい」と思っている時には貸しません。お金を貸さない主義なのは、友人関係を壊したくないからなんですよね。

 

気になってしまう

お金を貸してしまうと、気になるんですよ。私の場合、今だったら「投資家」として生活をしています。なので、お金がなければ、お金を生み出すことが基本的にはできないんですよね……。

寿司屋にとっての「」と同じで、仕事をする上では絶対に必要なものなのです。だからこそ、私はお金を貸さない主義なのかもしれない。

 

ただ、昔からあまり他人にお金を貸すようなタイプではなかったんですけどね……。だって、何も良いことがないんですもん。

 

お金を貸しても本人のためにならない

 

お金を友人から借りたいような時って、そもそもその状況こそが「好ましくない」と思うんですよ。本当に生活が困窮しているのであれば、生活保護を受けるべきだし、今の状況で買えないなら買うべきではないし。

例えば、彼氏が「ちょっとバイト代が入るのが遅くて、貸して欲しい!」みたいなことを言ってきたとしますよね。

そしたら、絶対に断った方が良いんですよ。本人のためになりませんから。本当にお金が必要で、借りたいのであれば、銀行から借りれば良い。

関連記事:「お金」を「カネ」と読む人が世の中で1番嫌いかもしれない。

 

貸さない時の理由を考えてみた

私は貸さない主義だから

これが実は1番良いかもしれませんね。色々な理由づけってあるんですけど、基本的には最初の一言はこれで良いと思います。

お金を貸さない主義です」ということを伝えることができれば、「この人は貸してくれない人なんだ」と覚えさせることができますから。

逆に、「今はお金がなくて……」みたいな言い方をすると、また次も「今はお金ある?」という聞き方をされてしまいます。

お金にだらしのない人からお金を搾取されないように、「私はお金を貸さない主義だよ」ということを伝えた方が良いのです。

 

ローンを組んでいる

学生であれば、「楽器のローンを組んでしまった」で良いと思うし、社会人であれば「住宅ローン」で良いと思う。

あなたよりも厳しい状況なんですよ」ということを相手に伝えることができれば、相手もそこまでしてお金を借りようとは思わないはず。

あ、そっか」となりますから。お金を借りてこようとする人って、「お金があるなら貸してくれよ」という考え方を持っています。

だからこそ、「こっちは君よりも大きな借金を抱えていて、大変なんだ」ということを示す必要性があるんじゃないかな、と。

私も会社の借金が数千万円レベルであるので、よくこの手を使いますね。「じゃあさ、代わりと言っちゃ何だけど、数千万円の借金を払ってくれない?」と聞いてみると、

引いていきます。これは結構良い手です。

関連記事:借金をどうにかしたいと思っている人たちへ、経験者が語るよ。

 

お金を貸すなら投資したい

 

もしもお金を貸すのであれば、「投資」という形で貸した方がまだ良いんですよね。例えば、相手に本当に返済能力があるならば、「会社」を作ってしまって、相手を代表取締役にし、事業を行った方が良い。

お金を「ただ貸す」という行為ほど無駄なものはないんですよ……。お金がない人に貸したところで、結局は返ってこないわけで、その人のためにもならない。

だったら、生活保護を受けたり、自己破産した方が良い場合だってあるじゃないですか。お金に困っている時にはわからないのかもしれない。

「どうにかして今の現状を変えないといけない」と思っているから、何もわからなくなっている。でも、今の現状を少し変えるだけではどうにもならないんですよ。

 

例えば、1000万円貸すのであれば、まだ「居抜きの飲食店をやってみる」みたいな感じの方が面白い。私だって、「もしかしたら成功するかも」という面白さを感じられる。

もしかしたら、「別に1000万円を溶かしても良いかも」なんて思えるかもね。だからさ、同じようにお金を出すなら投資をしたいんです。

 

うーん。でもね、やっぱり基本的にはお金を貸さない主義です。ただ貸しても何の面白さもないし、つまらない。

関連記事:お金の不安を解消するための努力を続けよう。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。