ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

バンドマンのあるある話

中学に入ると最初に部活に入るという選択肢に走る人って多いと思います。ただ、部活を辞める人って結構いるんですよね。

そうすると、その後は帰宅部として遊ぶようになる人もいれば自分の活動をするようになる人もいるんですよ。そういった中で、バンドをやる人っていると思うんですね。

私が通っていた中学・高校では結構バンド活動が盛んだったので、私も中学二年生くらいの頃から卒業するまでバンドをやっていたんです。

中学生からすると今まで経験した事がない世界に飛び込む感じがしてワクワクしていたし、実際にやってみても楽しかった。

ただ、バンドやっているひとって結構変わっていたりするんですよね。そして、そこには「バンドマンあるある」があると思うんですよ。

そこで今回はそんなバンドマンあるある話を書いていこうと思います。

 

 

バンドマンあるある①:学校に楽器を持ってくる優越感

 

バンドって練習するために音楽スタジオにいかなければいけないんですね。

 

これが学生には結構高い。

特に土日とかって社会人のバンドマンもスタジオを利用するので、値段も高めに設定されているんです。そのため、当時学生だった私たちは必然的に学校がある平日に音楽スタジオにいかなければいけなかったんですよ。

すると、学校にはもちろん楽器を持っていくわけ。

そういう学生いませんでしたか?

バンドマンってたぶん学校に楽器を持っていく事が最初は誰でも嬉しいし他人と違う事をしている感じがあって、優越感に浸っている人が多いんですよ。

 

バンドマンであれば経験している人も多いはず。いま考えれば、学校に楽器を持っていくとかなんで許されたんだろう?って疑問なんですけど、たぶん見てみぬフリだったんでしょうね。

明らかに学校が終わった後に帰らずに寄り道するってわかっているのに。

ちなみに私も楽器を学校に持っていっていたのですが、私たちのバンドはみんなお金がなかったので朝練をしていたんです。

朝の5時半とかに駅に集合して6時から2時間くらいスタジオで練習するんですね。

 

「通称:朝スタ」

 

そしてその後、学校に行くんですよ

 

もちろん眠いし、お腹は痛くなるし(体質w)、最悪だったんですけど、当時は本当にお金がなかったので仕方なかったんですよね。

朝練の日は授業中死ぬ程眠くて苦労したものです….

 

 

バンドマンあるある②:誰かが出していないスタジオ代

 

スタジオって部屋単位での価格なので、人数がいればいるほどに安くなっていくんですよね。私たちのバンドはキーボードもいたのでかなりの人数を抱えていました。つまり、とっても安く済んだんです。

 

ただ、ここで一つ問題が起こるんですよね、いつも。

 

スタジオ代をみんなで割っているはずなのに、なぜか合計額が合わないんですよ。

でも、みんなきちんとだした事を主張するんです。これっておかしいですよね?

実際には一人ごまかそうとする人がね、いつもいたのが原因だったんですけど、毎回スタジオの精算の時は揉めていました。

 

これはみんなが経験していることではないかもしれないんですけど、きっとこういう経験をしたことがあるひともいるのではないでしょうか?

確かにスタジオ代って中学生とか高校生にとったらかなり高額ですから、そういった事が起こったとしても不思議ではないですよね。

 

お金をたくさん持っている他のバンドとかは土日にスタジオにいったりしていたので羨ましく思った事もありましたね…笑

 

バンドマンあるある③:チューニングキーを制服に着用

 

ドラムを担当する人はドラムの音を変化させるための道具であるチューニングキーというものを持っていなくてはいけないんです。

 

ほら!これです。笑

これって結構かっこいいんですね、ほんとに笑

持っているだけでなんか優越感があるというかなんというか笑

だから、ドラムでもないチューニングキーを制服に着けている人って結構いました。いまから考えると「なにそれ?」って感じなんですけど、中学生とか高校生の時ってそういうどうでも良い事に凝るじゃないですか?笑

馬鹿だったな〜と思います笑

こういう無駄なところにも労力を割けるのも学生時代ですよね。良い経験だったと思います。いまの中学生もやっているんですかね?最近は全く学生事情がわからないので、久々に学生ライブとかいってみたいですね。

 

 

バンドマンあるある④:学生バンド業界で有名な人が出現

 

学生でもバンドを本気でやっていると結構上手くなるもので、有名になるひともいるんですよ。

学生バンドマンに言えば「ああ!◯◯ね!」みたいになるバンドってあるんです。その中には有名になっていったバンドとかもいて、結構凄かったですね。

他人に見られる経験をずっとしていると見られる魅力というものがついてくるもので、不思議とどんどんそういったオーラが出るようになるんだと思います。

 

先日も昔のバンド友達と会ったんですけど、なんかオーラが消えてしまっていました笑

社会人になってしまってオーラが消えるのはちょっと悲しいな!とかも思ったんですけど、まあしょうがないですよね。笑

 

また、余談ですが、学生バンドをやっていた時によくお会いさせていただいていた方がメジャーデビューしたなんてこともありましたよ!SAKANAMONってご存知ですか?最近だとフェスにも出ていて凄いですよね。

 

当時はベースの森野さん

 

左の方ですね!が、ライブハウスでよくドリンクを出していましたwwww

ストファイという音楽番組からたぶん有名になっていったのがSAKANAMONだと思うんですけど、その時の番組に私もチラっと出演していますwww

過去動画を是非見て下さい。

 

 

バンドマンあるある⑤:謎のバンドブログを更新

 

学生でもバンドのHPって割とどこのバンドでも持っていたと思うんですよね。

確かに交流の場にもなるし、結構調べてくれるひととかもいるみたいで近所の子が「◯◯ってバンドやってるんだね!見つけちゃった!」みたいなことを言ってくるひともいたんですよ。

 

ただ、HPを持っているだけではしょうがないので、みんなブログを更新するようになるんですよね。これがもう、意外と面白いんですよ。解散する時とかになると、今までの思い出とかを書いてて感動することってかなりありました。

無論、私も書いていたんですけど、当時結構見てくれているひとがいたので、学校で友達に会って昨日あった面白い事を話そうとしても「それブログで読んだからいいや!」とか言われてしまっていましたwww

 

はい

 

また、学生ってやっぱり面白い事を考えるものです。

バンドのHPって必ず相互リンクページを作るんですよね。知り合いのバンドとか対バンしたことがあるバンドを好意の表れとしてリンクするんです。

 

バンドA:◯◯中学校の3ピースバンド!

みたいな感じですよね。ただ、友達はそれだけでは終わらなかったんですね。笑

 

有名バンド:昔、対バンしたバンド!結構良い音出すし、能力も割とあると思う(謎の上から目線)

みたいな感じで誰もが知っているような有名なバンドをリンクページで紹介していたんですよ!もうなにしてんの?って感じですよね。笑

 

ここまでバンドあるあると話してきましたが、どうでしたか?バンドをやっていた経験がある人は懐かしい気持ちになった人もいるのではないでしょうか?そんな機会になれれば幸いです。

よく読まれている記事
関連記事だよ