肉体改造

「食べていないのに太る」と思っている人の9割は食べ過ぎだと思う。

私は「食べていないのに太るんだよなぁ」と思っていました。

普通の人より少しくらいは多めに食べているかもしれない。

いや、でも、やっぱり食べていない。食べていないのになぜか太る。

自分の身体は他の人よりも不利で、太りやすい体質だと思っていたのです。

でもね、違うよ。「食べていないのに太る」と言っている私みたいな人間を何人も見たけど、食べ過ぎているよ。

そんなことをおデブだった私がちょっと真顔で書いてみようと思うんだ。

おデブだった私の3食を紹介しよう

朝食

食べていないのに太るなぁ」と思っていたけど、朝食からカレーを食べていました。

イチローじゃないのにカレー。

600kcalくらいはありますよね。ジャガイモとか肉もたくさん入っているカレー。

しかもね、

  • ヨーグルト
  • フルーツジュース

も加わりますから。物凄いカロリー。食べていないのに太る、と思っていたけど、全然食べてるよね。

朝からお腹がすいて仕方がなかったんです……。

昼食

ランチもね、普通に重たいものを食べていました。

多かったのは「チキン南蛮」だったと思う。

恐らくだけど、1000kcalは超えていました。すごいでしょう?朝もカレーを食べているのに、昼も普通にがっつりと食べたくなってしまっていたんですよ……。

午後の仕事を頑張るために、がっつりとしたものを!という感じでもなく、普通に「まあそんなに食べてないでしょ」と思って、1000kcalを摂取していました。

脂質とかどれくらいあったのだろうか……。考えるだけでも怖い。食べていないのに太るとか、よく言えたよね。

港区某所にある「ワンコインランチ」みたいなものがあって、そこでよく食べていたんです。

南蛮1つ!」なんて言ってね。最高に美味しかった。でも、太った。

夕食

夜は自宅でもコロッケ4つとか食べていましたね。今考えると、なんでそんなに食べられたんだろう?という感じ。

でも、その時の感覚では「俺は食べ過ぎてない」という感じでしたから。

食べていないのに太る」と本気で思っていましたからね。不思議なものです。

外で食べる場合にはコンラッド東京のチャイナブルーでディナーしたら帰りたくなくなった。 とかでも書いているけど、

割と良いものを食べていました。

ドバイに行った時にもこういう感じで、物凄い量を食べていたんです……。

稼いだら、稼いだ分だけ美味しいものも食べたかったので、良いレストランを巡っていたんですよね……。

まあ、後悔はしていないけれど、食べすぎはやっぱり良くないのよ。

関連記事:ランニングを始めて2ヶ月が経過したんだけどさ、そんな話をさせてくれるかな。

 

食べていないのに太るわけないじゃん

食べていないのに太るんだよね」と、私は主張していた。

さも、自分が被害者かのようにね。「私は食べていないのに太る不思議な魔法にかかってしまったんです!私のせいじゃないんです!」という感じで主張していた。

でも、そんなこと、あるわけないじゃないですか。

食べ過ぎているんですよ。さっきの章でわかったでしょう?朝も昼も夜も食べ過ぎていた。

自分では「少量だなぁ」と思っていましたよ、もちろん。

でも、冷静に考えると普通じゃなかったんです。身体が大きくなるにつれて、わからなくなっていただけだったんです。

満腹」が迷子になってしまっただけだったんです……。

ひどい時には週に1度は必ずマクドナルドを食べていたりしました。しかもダブルチーズバーガーが好きだったんですよね。チーズバーガーセットとかにすれば良いのに、ダブルチーズバーガーの誘惑に負けてしまっていました……。

まあ、焼肉とかも原因なんですけど。

ubereatsがあるから、都心にいればどこにいてもマクドナルドを食べられる時代になってしまったんですよ。

ええ。マクドナルドを頼みすぎて、「日頃の感謝を込めて」みたいな手紙がマクドナルドから送られてきて、ドリンク代かなんかが無料になったこともある。何だそれ……。

食べていないのに太る、と思いたいのかもしれない。そう思うことによって、「自分は意思の弱い人間だ」と自覚せずに済む。

でもね、現実を受け止めないと、痩せることはできないのですよ。食べていないのに太る特異な体質じゃないんです。

 

99%の人はただただ食べすぎているだけなんですよ。食べていないのに太る、と思っている人は自分の生活を考えてみて欲しい。

他人と比べた時に自分はどれだけ多く食べているのか?を考えてみたら良いと思う。ジュース1つにしても同じですよ。

 

野菜ジュース」みたいなものでも、130kcalはあったりするからね。

関連記事:内臓脂肪を落とすには?内臓脂肪で脂肪肝になった私が書いてみる。

 

私は痩せて良かったな、と思うよ

 

食べていないのに太る。そう思っている時はさ、やっぱり「自分=不幸な人間」だと思っているから、痩せないんですよね。

だって、「俺の食生活には問題がない」と思っているのだから。だから、まずは意識から変えていかないといけないよね。

太っているということは、自分が食べすぎているということなんですよ。ここをまずはきちんと理解しなければいけないのです。

これ以上減らしたら身体に悪い」なんて思ってしまう人もいるでしょう。過去の私みたいにね。

バナナは健康に良いから必要だし、牛乳はカルシウムのために必要だし」と、食の足し算ばかりを繰り返してきた結果、

何も引くことができない」という状態になってしまったのです。でも、そんなことはない。食べ過ぎているのだから、基本的には「栄養が足りない」ということにはなりません。

 

最悪、それでも心配なのであれば、減量中はマルチビタミンを摂取しても良いからね。

とにかく、食べていないのに太るという奇怪な現象は起こらないのですよ……。

 

デブであるということを自覚しましょう。食べ過ぎているという自覚を持ちましょう。痩せたら良かったもん。

太っている時にはわからないかもしれないけれど、痩せてみるとわかることってたくさんあるんです。

少しでも長くこの世界にいたいもん。だから、そのためには健康な身体が必要なんです。

関連記事:なんとなく落ち込む、という人はとにかく運動して!

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。