私の仕事論

上司が憎いと思っても、自分の心を失ってはいけない

上司が憎くて憎くて仕方がない、

上司が憎いから仕事を辞めた、という人も多いと思います。

 

結局退職理由って人間関係が一番多くて

実は私も仕事自体は結構好きな仕事だったのに上司がとんでもなく人間的に尊敬できない人だったので退職したんですよね。

 

私と仲が良かった後輩も何人か退職しているのですが、

多くがやはり同じ上司に悩まされてのことでした。

 

でもね、どんなに上司が憎いと思っても

自分の心を失ってはいけないな、と思ったんです。

 

仕返しとかは考えてはいけない

 

私にとっては仕事がとても楽しいものだったので

「どうしてその上司のために私が会社を去らなくてはいけないのか」と思ったこともありました。

 

私が退職することはもう決まっていたけど、これからの会社のためにも

そして何よりも憎いという気持ちが強すぎて、「あいつも会社を辞めさせられればいいのに」なんてことを考えてしまっていました。

 

でもそれをしたところで自分にとって何か得になるのか?

と、ふと考えた時があったんですよね。

 

だってもうその会社は退社することが決まっていて、そこを退社してしまったら私は全く関係のない人間になり

その上司とも関わらない人生を歩んでいける。

 

でももしここで仕返しとかを考えたら、この後の人生もその憎い上司にとらわれて生きていかなきゃいけなくなるかもしれないし

大きなトラブルになって取り返しのつかないことになってしまうかもしれないんです。

 

何より、その憎い上司のせいで自分自身が汚れた人間になってしまうのは悔しいな、と思いました。

だから菩薩のような気持ちで、「いつかすごいひどい目にきっと遭ってしまうだろうから私は見逃してやろう…」と思って

仕返しとかは全く画策せず、穏便に退職しました笑

 

今でも憎い上司から残りの仕事のことで連絡がきたりすることがありますが

それでも関係は良好だし、仕事の話しかしないです。

 

上司と関わらない人生をきちんとスタートすることができて本当によかったなって思ってる。

関連記事:上司を殴るのは絶対にやめておけよ、と伝えたい。

 

なるべく穏便に退職した方がいい

 

仕事はなるべく穏便に辞めた方がいいです。

 

これはもうね、本当私に続いて辞めてしまった後輩たちが色々問題を起こしたりしていてすごく思うこと。笑

 

実は私が憎いと思って辞めた上司に対して、後輩は「殺したいほど憎いので辞めます」と啖呵を切ったらしいです。

まじでよく言ってくれた、って思うけど、結局ごたごたしてまだ会社に残ってるんですよ笑

 

あと実際に問題を起こして辞めた人たちも、同じ業界で働いているから元の会社の人と顔を合わせる機会があったり

それでこそこそ何か言われてしまってダメージを負ったり、と嫌なことがいっぱいあるんですよね。

 

だから退職する時はなるべく穏便に辞めた方がいい。

自分の方が一枚上手だと思っておけばいいんですよ。

 

憎いという気持ちが強いとね、どうしても「どうせやめるなら!」と自爆みたいなことする人が多いんですけど

人ってどこでまた会うかわからないし、後味悪いのってずっと引きずるじゃないですか。

 

だから「自分だけが我慢するのなんて癪だ!」って思うかもしれないけど

そこはもうね、自分が神にでもなった気持ちで「愚かな人間よ…転生したらアリンコだぞ」って思うしかないの。

 

でもそれができるとね、あとでものすごく「自分って本当良い奴〜〜」ってちょっと成長できた気持ちになるからおすすめだよ。

関連記事:退職するのは別に「逃げ」なんかじゃないと思うんだ。

 

退職したらすぐにどうでもよくなった

 

ちなみに私は退職してから憎い上司のことがどうでもよくなりました。

しかも結構すぐにどうでもよくなった。

 

もっと引きずるかなぁなんて思ってたんですけど全然そんなことなかったんですよね。

 

退職すると会社に行く必要がないから、憎い上司とも全然顔を合わせなくなるじゃないですか。

どうしても毎日会社に行ってたら顔を合わせてしまうから嫌な思いもしてしまうんだけど

退職したら顔を合わせなくなるから本当にすぐにどうでもよくなるものなんです。

 

あんなに毎日悩んでたのにこんなにあっさり私の人生から消えてくれるものなんだなぁ〜って思いましたね。

 

そう、人間関係の断捨離って結構簡単なんですよ。

割とすぐ自分の人生に関わらないで〜〜ってできるものなの。

 

だから穏便に辞めて、あとを引かないっていうのが一番おすすめなんです。

 

本当にね、「こんなにも人を憎いと思うことができるんだな」って思っちゃうくらい。

びっくりするくらい憎かった。

その全てが気持ち悪かった。

 

私割と悪人気質ではないはずなのに

仕返ししたいって思ってしまうほど憎いという感情に支配されていた時があった。

 

人ってこんなに憎いという感情で自分の心を見失ってしまうことができるんだね。

怖いね。

 

だからどうか、上司を憎む全ての人に

その憎しみにとらわれすぎずに次のスタートを切ってほしいな、と思うのですよ。

関連記事:円満に退職するのための退職理由

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。