仕事の悩み

感性を活かす仕事をするという悪夢。

感性を活かす仕事がしたい。

私も何となくそんなことを考えていた時期がありました。自分の心の中にはどこか鬱屈としたものがあって、

何かで表現しないと、自分の心が疲れてしまう感じがした。

そう思っていたんです。画家でも、ミュージシャンでも良いけれど、感性を最大限に活かせるような仕事をしよう、と思っていたんです。

 

まあ、ブログは少しそういう面があるけどね。でも、感性を活かす仕事をしてしまうと、それは何だかつらい面もあるんじゃないかな、と。

そういう悪夢のお話。

 

音楽で生きていこうと思った時代の話

 

私は元々、「歌手になりたい」と思っていました。それもどちらかと言えば、「歌いたい」というよりも、「歌詞や曲を作りたい」というタイプでした。

自分の気持ちを曲で表現して、それで誰かを救うことができたら幸せな人生だな、と思ったのです。

で、色々歌詞とか曲を書いていたんですよね。何曲かできたりもした。嬉しいはずじゃないですか。自分の曲ができてきて、それが曲になるのって。

私はギターとかピアノとか楽器系に関しては割とできるので、曲も作れなくはないんです。

 

でね、作ってみたけど、何か違和感があったんですよね……。「何か嫌な感じがする」と思ったんです。

感性を活かす仕事がしたい、と思っていたはずなのに、自分の感性をフルに使って曲を書いてみたら、何だか凄く嫌な感じがしたのです。

曲を書く時ってさ、「自分のマイナスの部分」にスポットライトを当てるじゃないですか。それがたまになら楽しいのだけど、1日に何時間も向き合っていると、疲れてしまうんですよね……。

うわ、何か向き合いたくない」と思ってしまったのが、その時の素直な気持ちというか、私の本心だったんですよね。

実際にやってみると、たしかに楽しい反面、つらさもあったんですよね。向き合うことも大事だけど、気がつかない部分まで掘り起こしてしまっているような気がして、どんどん暗くなっていった記憶がある。

だからね、感性を活かす仕事がしたい、と単純に考えるのはやめた方が良い、と思ってしまうのです。

まあ、やってみれば良いけれど、やってみて違和感を覚える時もあるよ。

関連記事:仕事はやりがいか給料か?を悩んだら明確にするべきこと

 

感性と向き合ったことがあるのか?と問いたい

 

感性を活かす仕事がしたいんだ」と言うけれど、そんな人たちはどれだけ自分と向き合って来たのだろうか?と思う。

まあ別に私みたいに父親を失くしたり、億単位の借金があったり。そんな経験をする必要はない。

そこで感じたことを歌詞にできたり、ブログに書ける人だけがプロとして生きているわけではないから。

不幸自慢みたいなことも別に好きじゃないし。

でも、感性を活かす仕事をしたいんだ、と言う人に限って、自分という人間と全然向き合っていなかったりする。

その中途半端な感性で何を伝えたいんだ?」と思ってしまう。もしも、あなたの感性が「知らずのうちに溢れてくるタイプのもの」だったら、プロになってみても良いような気がする。

でも、引き出しにしまっておけば、顔を出さないくらいの感性であれば、それはそのまましまっておいた方が幸せな気がするんですよね。

出せば出すほど、人間はつらさを感じるものです。私は引き出しにしまっておけるタイプだと思っています。

悲しみ、希望、憎しみ、そういう全ての人間的な、人間臭い感情が自然と溢れ出て来てしまうならば、発散する場所が必要。

だから、そういう人は感性を活かす仕事をしてみたら、幸せになれるんじゃないかな。でも、もしも引き出しに自分の感情をしまっておける人ならば、そのままにしておいた方が良いのよ。

私も表現したいけれど、私は「」という表現方法を使ってしまうと、必要以上に自分と向き合ってしまってつらかった。

ブログがちょうど良かったんですよね。なぜ?と聞かれると、なぜだか答えられないのだけど。

関連記事:「仕事が生きがいだ」と言える幸せ。

 

まあでも感性を活かす仕事を1度は経験してみたら良い

 

感性を活かす仕事を1度はしてみたら良いと思うんですよね。

心の中にしまっておくことができる感性だったら、そのままにしておけば良いよ、とは思う。ただ、「感性を活かす仕事がしたい」と思っている状態って、やっぱり経験しないと脱することができないからね。

中にはさ、ゴッホみたいに「精神的にはつらいけど、良い作品を生み出すアーティスト」みたいな人が生まれるかもしれないし。

画家になりたいなら、自分で絵を描いて売ってみれば良いよ。歌手になりたいなら、歌でも書いて路上で歌ってみれば良い。

そうそう。最近は昔、私と一緒にフットサルチームをやっていた子が路上ライブで有名になっていって、今凄い人気が出ているんですよね。

だからね、やってみた結果、うまくいくことだってたくさんある。だから、やってみたら良いけど、「感性を活かす仕事」ってのもつらいはつらいよ。

 

ブログを書いている時ですら、「うわ……」と嫌な感じがすることはあるもんね。笑

本当にたまになんだけど……。

うん。だから、一概にね、「感性を最大限引き出してやっていく仕事が楽しいよ」とは言えない。

どうだろうね。人によるのかな。

関連記事:チームワークが必要とされる仕事が超絶苦手なんだ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。