コラム

罪悪感が消えない、と悩んでいる人たちへ

誰にでも罪悪感を感じてどうしてもそこから立ち直れない、というような経験ってあるものだと思います。

私は基本落ち込まないタイプだけど、それでもやっぱり罪悪感を感じてしばらく立ち直れなかったことありますよ。

 

長く付き合っていた人に、ずっと違和感を感じていて

突然別れを切り出して音信不通にしてしまったこととか。

ひどく傷つけてしまったなぁと思うことがあります。

 

真面目な人ほどそういう罪悪感を抱えやすいでしょう。

 

でもその罪悪感をね、ずっと背負っていく必要はないと思うんです。

長い人生の中で一つのことにとらわれ過ぎてしまっては勿体無いと思うんですよね。

 

過去には戻れないから出来ること

 

罪悪感がずっと消えてくれない、という人は

「もう一度あの時に戻れたら…」と考えることもあるかもしれません。

 

そしたら別の選択をしたかもしれないし、

あるいは結局同じ選択しかすることができないかもしれない。

 

どちらにせよ、今悩んでも過去に戻ることはできません。

 

そんな自分にできることは「同じ状況がまた訪れた時に、同じ過ちをおかさない」ということだと思うんです。

 

私たちは今から先しか生きることができません。

どう頑張っても過去に戻れないなら、失敗した過去を糧として、自分が成長していくしかないんです。

 

誰にだって黒歴史があって、それを帳消しにすることはできないからね笑

 

だから「今度は絶対に間違えないようにしよう」と切り替えていくしかないんですよね。

関連記事:過去を振り返らないことで100倍生きやすくなるんだよ。

 

罪悪感を感じる人と今繋がっているのか?

 

例えば罪悪感を感じ続けている事象が、「誰かを傷つけた」というような内容だった場合、

その人とは今も関係が続いているでしょうか?

 

もしその人との関係が今でも続いているのであれば

何かしらアクションを起こすことで清算できる罪悪感はあるかもしれないですよね。

 

一度きちんと謝っておく、とか。

でももしその人ともう繋がりが切れてしまっていて、二度と会うことがない人間なのであれば

その罪悪感は持っていても無駄なものになります。

 

私たちは今繋がっている人のことしか大切にすることはできません。

 

私の場合は罪悪感を感じていたのは昔付き合っていた元彼でしたけど

その人とはもう連絡をとっていなくて、「どこかで幸せになってくれていればいい」と思っています。

 

今繋がりがない人に罪悪感を感じても、意味はありません。

自分の目の前にある幸せや大切な日々をその分愛情を注ぐべきだと思うんです。

関連記事:面倒な人間関係をバッサリ切ってから楽になったよ。

 

夢まで追いかけてくる罪悪感

 

時に罪悪感は夢まで追いかけてくることがありますよね。

 

うん、私も嫌な夢みることある。

申し訳ないなと思っている人や、もう二度と会うことはないのだろうけど心にひっかかりがある人が

夢に出てきて起きるたびにとても不安な気持ちになることがあります。

 

元彼もそうだし、きっと傷つけてしまった、もう会うことのない父親とかもよく夢に出てくる。

 

でもそれはきっと時間が解決してくれるものでしょう。

その度に罪悪感に苛まれていても、結局解決するものではないので

「また夢に見ちゃったな〜」くらいの軽い気持ちで受け止めておけばいいと思います。

 

その日1日がまた良い1日になるように、

なるべくリラックスして早く忘れてしまいましょう。

 

物理的な話ですが、睡眠の質を高めるのも大事です。

良い枕買って、良い匂いのするアロマなんか焚いちゃって、肌触りの良い布団でぐっすり寝る。

それだけでも精神的にものすごく健康になるものですよ。

関連記事:生きるの楽しくないっていう人にとりあえずしておきたい話

 

大切にできるのは今だけなんだ

 

結局私たちが大切にすることができるのって「今」だけなんですよね。

過去も未来も生きられないのだから、もう二度と訪れない「今この瞬間」を大切にするしかありません。

 

その一瞬一瞬を大切にしていくことの積み重ねが自分の良い人生に繋がっていくのだと思います。

 

だからこそ、大切にすべき今、過去のことにとらわれ過ぎているのは

今がもったいないです。

 

大切な人と一緒に過ごしていて今ものすごく幸せなはずなのに

不意に罪悪感が襲ってきて不幸な気持ちになってしまう、幸せになれない、なんて悩むこともあると思いますが

それは本当にもったいない!!

 

一度おかしてしまった過ちは塗り替えることはできませんが

その経験があるからこそ、きっと同じ失敗はしないはずです。

 

そうやって自分を信じて、もっと幸せになっていいはずなんですよ。

罪悪感にとらわれ過ぎていると、感じることができるはずだった幸せまでどんどん逃してしまいます。

 

人に言えないような過ちをおかしたのだとしても

それを繰り返さない人生をこれから送っていけばいいんです。

今自分がいるその場所を、時間を、大切にしていきましょう。

関連記事:人生が幸せだと思える要素とはなんだろう?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。