人生に悩む君へ

リスクを負わない生き方をしている人たちへ、経営者である私が伝えたいこと。

リスクを負わない人が増えた。そう言いたいところだけど、実は変わっていないんじゃないかな、と思う。

いつの時代もサラリーマンになる人がほとんどで、多くの人は普通に就職して、普通に働いて、普通に家庭を築く。それが幸せの形だと思ってきたような気がする。

リスクを負わない人生の方が効率的で、緩くも幸せな人生を遅れると思っている。だから、やりたいことがあったとしても、その気持ちを殺して、普通に働く。

 

でも、それで良いの?

 

リスクを負わない生き方を選んでいた就職

 

私は口では「起業したい」とずっと言っていました。でも、実際には自分で行動することもなく、何となく就職活動をしていたんですよね。

起業を本気で考えているのであれば、ベンチャーやスタートアップ企業に入るべき。間違っても、大手企業に勤めてはいけない。

そういうものですよね。企業が大きすぎると、全体における0.00001%くらいの仕事しか担うことができず、自分で仕事を取ってきて、提供する。

こういった起業の基礎スキルみたいなものが身につかないのです。と、経営者となった今でも思う。

でも、当時、私は大手ばかりを受けていました。周りがメガバンクや総合商社を受けていることも影響したのでしょう。

何と戦っていたのかわからないのだけど、「俺も同じように大企業から内定をもらいたい」と思うようになっていました。

 

だから、結局私は大手の音楽系会社に入社することになった。給料も福利厚生も平成とは思えないほど良かった。最高の環境でした。

でも、リスクを負わない生き方を具現化したような選択でした。中学生の頃には「普通に就職して、夢も追わない大人なんてダサいw」と思っていたのに、いつのまにか自分がダサい大人になっていた。

リスクを追わない生き方には興味がない、と思っていた私自身がリスクを追わない生き方をしてしまっていたのです。給料を普通にもらえて、普通に家賃手当が出て、同期だっている。

誰もが優秀。誰もが知っている有名大学を出ていた。でも、なんか違った。周りからしたら、幸せな状態だったのかもしれないけど、

私はモヤモヤした感情をずっと抱いていました。

関連記事:将来の夢を言えない君たちへ。

 

リスクが怖い、と思っている人が考えがちなこと

サラリーマンをしながらでも夢は追える

私も考えたことがありました。でも、これってリスクが怖い、と思っているだけなんですよね。最高にダサいよ。

サラリーマンをしながらでも夢は追える。でもさ、真剣に目指すなら、絶対に1本でやった方が良い。

サラリーマンをしていると、1週間のうち、5日間はずっと仕事をしているわけです。夢とは関係のない仕事をね。

でも、本気で目指している人たちは1週間全ての時間を使って練習する。考える。だからさ、リスクを負わない人たちがリスクを追っている人たちに勝てるわけがないんですよ。

だって、使っている時間が圧倒的に違うのだから。倍以上違う。リスクを負わない人生を歩みたいならそれも良いと思うよ。ただ、本当にそれで良いの?と思ってしまう時がある。

 

数年後に独立する

これも99%しないやつ。「就職して3年経ったら独立する」と言ってきた人たちは今何をしているのでしょうか。そう、ただサラリーマンをしているだけ。

結局さ、今できることを「3年後」という将来に回すということは、リスクを負わないことの言い訳だったりするんですよ。

リスクが怖いから起業しない」というだけのことなのに、さも「修行をするために就職するんだ……本当は就職なんてしたくないけど、成功確率を少しでもあげるために社会人経験を積む。上司や会社から技術を盗んで、独立してやる」みたいなテイストにする。

はい?という感じよね。

リスクを負わないために逃げている。たったそれだけの話なのに、「夢の途中」みたいな言い方をするのは違うんじゃないの?と思ってしまう時があるよ。

関連記事:経営を学べる会社に入るより、起業した方が良い。

 

リスクを追わないだけの人生に何の意味がある?

 

いや、単なる平凡な生活にも幸せはあるよ。だから、別に夢なんて何もない。そうやって言い切れるのであれば、別に普通の生活を送れば良いと思う。

でもね、本当はやりたいことがあるのに、リスクを負いたくないから安定した人生を送っているのであれば、変わってみても良いんじゃない?

今、この記事を見ている人が何歳かなんてわからない。20歳かもしれないし、12歳かもしれないし、50歳かもしれない。

 

知らないけど、何歳だったとしても、始めるなら早い方が良い。

だって、いつ死ぬかなんてわからないのだから。私だって明日にはこの世界にいないかもしれない。

私の父は急性心不全で突然死したからさ、やっぱり考えてしまうのです。「命は永遠じゃないんだよな」と。

リスクを負わない人の気持ちがわからなくもない。やっぱり人間には防衛本能があるから、「こっちの道は危ない」という感覚はあるわけですよ。

リスクはある。どうしてもある。人生が壊れてしまう可能性だってある。それもわかるよ。馬鹿じゃないんだから。

 

でもね、リスクを負わないだけの人生なんてつまらないじゃないですか……。私は嫌だ。

良いじゃない?自分の人生なんだからさ。好きに生きれば良いじゃない。誰かと違う人生でも良いじゃない?

何のために生まれてきて、何のために死んでいくのだろう。

この世界は何に動かされていて、何のために回っているのだろう。ねえ?

関連記事:夢の中で生きている感覚が目の前の世界を輝かせる。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。