肉体改造

痩せるメリットと痩せてみた感想を書いていこうと思う。

私は「絶対に痩せなきゃ」と、強く思ったことなんて人生において1度もなかったような気がする。

元々は痩せていた方で、まあ太ってしまったのだけど、そこまで真剣に考えているわけでもなく、単純に、「食べるのが好きなだけなんだよ」と思っていたんです。

別に自分の外見に興味があるわけでもなかったし、そこまでの真剣さを持ってダイエットをしたことがなかったのです。

でもね、痩せるメリットって痩せてみたらわかるし、やっぱり痩せることによって得られるものってたくさんあるんですよ。

 

痩せるメリットを個人的に書いてみる

外見的な変化

目が大きくなった

このブログを初めて読んだ人にはどうでも良いかもしれないけど、目が大きくなりました……。

実は私の目はそこまで小さい方ではなかったんです。でも、太ってしまってからは目が脂肪で隠れてしまっていたんですよ。目が脂肪かくれんぼをしていたんです、ええ。

目が大きくなって、奥に隠れていた二重が少しだけ出てきたような気もする。痩せるメリットとしては大きいんじゃないかな。

目が大きいだけで印象も変わるし。

 

お腹が凹んだ

電車に乗っていると、「ぽっこりお腹おじさん」みたいなのを見ることってあるでしょう?実は、私はあれだったんです。

内臓脂肪型のおデブだったから、お腹がぽっこりと出ていたのです。ラーメン、鰻、ハンバーグ、もうね、色々なものが内臓脂肪を作り出していた。

でも、痩せてみたら、お腹が凹んだんですよね……。お腹が凹んだのは正直嬉しかったです……。

お腹の脂肪自体が硬かったから、「これは絶対落ちないだろうな」と思っていたんです。だからこそ嬉しかった。

 

足がモデルみたいになった

自分で言うのはおかしいのだけど、足がモデルみたいになったんですよ……。これすごくないですか。

元々、足の筋肉が多いタイプではあったのですが、やっぱり今回痩せてみたら、さらにアスリートっぽくなってきて、綺麗な足になったんです。

私は男性なので、別にそこまでモデルさんみたいな足を求めていたわけではないんですけど、女性であれば、綺麗になるし、良いんじゃないですかね。

小顔になった

私、実は小顔だったんです。おデブだった頃は、「顔が大きい人」という認識をされていたと思うんですけど、実は小顔なんですよ。

最も痩せていた高校生くらいの時なんかだったら、「そこらへんの俳優よりも小さいんじゃない?」というくらい小さい顔だったと思う。

小顔になるのは痩せるメリットだと思いましたよ、うん。だって、顔が小さくなると口の中を噛んでしまうことも……。

おっと、悲しくなるからやめよう。

 

内面的な変化

自信がついた

これは2つの意味なんですよ。やっぱりおデブだと、多少なりとも自信を失ってしまう部分ってあって、

どうせ太っているし」みたいな考え方になってしまったりする。電車の窓に映る自分の顔を見て、「え、誰だこのデブ」と思うしね。でも、それも痩せたら変わった。

後は、「ダイエットができる人間なんだ」と思えたのが大きかったかもしれませんね。ダイエットができたという体験が自分の自信に繋がってきているような気がする。

食事制限をして、運動をして、そして痩せる。この一連の流れと結果によって、自信を持つことができた。

 

疲れにくくなった

私の場合は現時点で7kg程度はダイエットに成功しているので、7kgの脂肪分がなくなったことになるんですよね。まあ、正確には骨とか筋肉も少し減少しているのだけど……。

でも、脂肪が減ったので、重りのようなものがなくなった分、疲れなくなったような気がします。7kg変わってくると、だいぶ走っている感じとか、歩いている時の疲れが違うものです。

太っていると当たり前になっていた「重り」みたいなものが消えるのが楽しかった。痩せるメリットですね……。

 

目が充血しなくなった

 

目が充血しなくなりました。おデブの時には、そこまで疲れていないのに、よく目が充血していたんですよね。

これは身体の水分率が低かったからだと思います。一般的に、肥満体型の人は水分率が低くでるんですよ。

だから、充血しやすかったりする。ほら、マツコデラックスさんとかも目を充血させていることが多いでしょう?

あれは疲れもあるけれど、肥満もあると思う。肥満体型だと、色々なところに厄介な症状が出て来るものなんです、ええ。

関連記事:人間ドックの結果説明外来に行ってみた。

痩せてみて思ったこと

太るメリットなんて何もない

肥満パラドックスという言葉があるように、「痩せているよりは太っている方が良い」みたいな考え方ってあるじゃないですか。

でも、私から言わせれば、肥満状態になると、

  • 高血圧
  • 尿酸値上昇(私は7.5)
  • コレステロール上昇
  • 脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎)
  • 逆流性食道炎

にかかるリスクが上がりますからね。これ、全部私がなってしまったものです……。太るメリットなんて何もないんですよ。

痩せるメリットはあっても、太るメリットなんて本当に何もない。

太るメリットがあるなら是非教えて欲しい。太った時ってさ、周りの人たちが「そんなに太ってないよ」みたいなことを言うでしょう?

だから、勘違いしてしまうんです。「まだ大丈夫か」とね。でも、そんなことはないよ。痩せるメリットはあるし、太るメリットなんて何もない。

そんな人たちの言葉を聞かずに、もっと健康な身体を目指した方が良い。

 

こんなに食べていたのか

痩せてみてから、自分が食べていた食事を見てみると、本当にひどくて、「これぞデブ」みたいな感じの食事をしていたんですよ……。

ただ、当時の私にはそんな自覚がありませんでした。「ちょっと少なめ」と思っていたものが、今見てみると、

何これ?お相撲さん?」みたいなレベルの食事をしていたのです。

これはKLMオランダ航空のビジネスクラスでオランダに行ってきました!でも書いたオランダ旅行の時の朝食なのですが、

これで1人前ですから……。実際はこれ以上食べている時も……。でも、これが当時は普通だったんですよね。

普通がわからなくなるんですよ。とんでもない量を食べていたとしても、おデブになってしまうと気がつかないのです。

痩せるメリットはあるけど、太るメリットなんて何もないよ。

関連記事:本気で痩せたい人は読むべき!太ってるデメリット

 

私は健康的に楽しく生きていたいから痩せた身体を維持するよ

 

私は健康的に楽しく生きていきたいんですよ。「ロックな生き方」みたいなものもあるし、お酒をがぶがぶ飲んで、おデブになっても、そこまで気にしない人だっている。

でもさ、それって本当に「良い生き方」なのかな、と思ってしまう。私にはまだまだ行きたい場所がある。

海外旅行にも最近は少し行けていないんですよ。肝臓が悪くなってしまったり、逆流性食道炎になってしまって、海外旅行が怖くなってしまっている。

 

だからね、もっと健康的な生活を送っていきたい。痩せるメリットというかね、痩せることにはメリットしかない。太るメリットなんて1つもない。

 

私はさ、太っている時には言い訳ばかりしていたような気がする。

ダサい大人に足を突っ込んでいたような気がする。どんなに格好良く生きていても、身体がだらしなかったら夢がないしね。

忙しくても、私は私の身体を維持していきたい。いや、もっともっと身体を丁寧に扱っていきたい。

栄養学の本も買ったしね。

健康が1番です。だらしない生き方に魅力を感じるお年頃もありますよ、ええ。でも、結局は健康的な生活をすることが大事なんです。

 

経営者だってアスリートみたいなものですから。身体を整えないとやっていけない職業なんです。

夢を見るために、旅をするために、私は身体を整える。痩せるメリットを調べている人たちはきっと「痩せたい」と思っている人たちですよね。

頑張ってね。絶対に痩せた方が良いから。格好良い大人でいるために、頑張ってね。

関連記事:かっこいい大人でいるために。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。