コラム

ダイエットは家族の協力が99%必要だと思う。

ダイエットなんて食べなければ良いだけでしょ」と思っている人は世の中にたくさんいると思う。それくらいダイエットをなめているような気がするんですよね。

 

でも、私の経験上、ダイエットはそんなに簡単なものではありません。怠け癖のあるような人だったら絶対に成功しない、そういう厳しいものだと思うのです。

 

ダイエットって難しいんですよ、意外と。家族の協力なしに成功させようと思っても、失敗してしまうのです。

 

ダイエットを成功させるために、家族に理解してもらわないといけない。私は私の経験かそう思った。

家族がいるなら、是非このブログを見せてあげて欲しい。家族はちょっとやそっとじゃ理解してくれないと思うから。

家族の協力が必要な理由

夜ご飯は家族と食べることが多い

ダイエットにおいて重要なのは経験的に「夜ご飯」なんですよね。朝と昼に我慢していても、夜に食べ過ぎてしまったら、ダイエットに成功することはない。それくらい重要なのが夜ご飯なんです。

そんな夜ご飯ですが、まあだいたいの場合は家族と食べるよね。1人暮らしの人を除けば。そうなってくると、基本的に家族が作るものに依存してしまうのですよ。

例えば、「ダイエット?今日くらい大丈夫でしょ」なんて言って、1つ300kclもあるコロッケを3つも4つも出して来たら、太ってしまうでしょう?

コロッケだけじゃない。餃子とかも危険なんですよね……。そういう危険な食べ物を出さないように、家族の協力が必要だと思うのです。

出て来たら、悪いから食べるじゃないですか。そうやって太っていくのです。野菜を中心にして、脂質の多いものはなるべく控える。

この生活を維持することが大切なのです。だから、ダイエットをする時には家族の協力が絶対に必要だと思うのです。

家族が好きなものを作るのも大事なのかもしれないけれど、ダイエットのためには魚中心とか野菜中心の生活にするしかないんですよ……。ダイエットはそんなに甘いものじゃないから……。

恋人でも同じ。恋人だったら、自分が食べたいものがあるかもしれないけど、「ダイエットなんて男らしくない」なんて思わずに、少しでも身体に良いものを一緒に食べてあげた方が良いと思う。

 

家族の一言で変わってしまう

家族の一言でダイエットが失敗に終わってしまうこともあるんですよね……。家族の一言って実は大きな影響力を持っている。家族が「死ね」と言ったら、死んでしまう人もいるくらい、本当は大きなものなんですよ……。

 

だからね、ダイエットの時も、「もう痩せなくて良いんじゃない?」とか「頑張り過ぎているよ」とかさ、そういう言葉はいらないんですよ。

そんな言葉を聞いたら、崩れ落ちてしまって、何もかもが終わってしまうような気がするから。

ダイエットには家族の協力が必要なんです。それは料理だけじゃなく、精神的な面でも必要なんですよね。

ダイエット中はメンタルが不安定になったりすることもあるんですよ。ほら、テレビのダイエット番組とかでも、イライラしている芸人さんとかを見たことあるでしょう?

あの感じになるのです。だって、食べたいものを食べられないし、ダイエットは短期間で成功するものではないし。

関連記事:絶対にダイエットのモチベーションが上がる話

 

私も食生活を変えてもらっていました

 

私も減量をしていた時には家族に協力してもらっていました。普段は餃子が鉄板のまま何個も出て来るような家庭だったのですが、

魚を中心にした料理にしてもらったりね。それだけでも体重は変わっていくものなんですよ。

もちろん、私自身も努力しましたよ。

こんな感じでやっていました。

ただ、いくら実践したとしても、家族の協力がなかったら、ダイエットが成功することなんてなかったのです。

魚を中心にするだけではなく、低カロリーで美味しいものを作ってもらっていたんです。こんにゃくを使った料理だったりとか、野菜もバリエーションを豊かにしてもらって、飽きないような工夫をたくさんしてもらっていたのです。

 

だからこそ、ダイエットすることができたという部分はあるのかな、と思っています。ダイエットはね、本当に家族の協力が必要なのです。

普段通りのものを普段と同じ量で出されていたら、絶対に太ったままでしたから……。私の場合、綺麗に太っていきましたからね。

コロッケとか、メンチカツとか、そういう油っぽいもので私の内臓脂肪は膨れ上がっていきましたから……。

関連記事:彼氏に太ってると言われた彼女が考えるべき事。

 

協力してもらうためには主張しよう

 

ダイエットするわ」みたいなことを言ったとしても、だいたいの人は「そこまで頑張る必要はないんじゃない?」みたいなことを言ってくるんです。

でも、良いわけないじゃないですか……。自分で「太っている」と思っているのに、痩せさせてもらえなかったりするわけ。

 

家族とか恋人だって、「どうせ痩せる気ないでしょ」くらいに思っているんです。だからこそ、主張しましょう。

今回は絶対痩せるし、頑張るから協力してください」と、主張してみてください。じゃないと、家族の協力は得られないような気がするんですよね……。

家族の協力がないと、ダイエットは成功しない。これは私の経験から言えることです。

 

生活習慣病になってしまうだけ、と考えている人が多いんです。太っていても、別に誰も何とも言わない。

本当に痩せた方が良いよ」と言ってくれる人なんてほとんどいないわけです。だから、自分でもそこまで気にしない。

 

でもね、ダイエットは本気になってやった方が良いよ。家族の協力をあおいで、絶対に痩せた方が良い。

私は今も頑張っています。人間ドックの結果が怖いんだけど、開いてみた。とかを見て欲しい。太ると悲惨だから……。

一緒に頑張りましょう。毎日走る馬鹿がここにいるからさ。

関連記事:生きるのが面白くないのは刺激のない毎日を送っているから。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。