起業と経営

起業しない理由なんて言い訳にしか聞こえない。

起業しない主義なんだ。こうやって言ってくる人が社会人の年齢になると増えてくるんですよ。

学生の時には「俺は3年後に独立する」みたいなことを言っていたんですけどね。

3年後というものは意外とすぐに来てしまうもので、「どうしよう…」となったのでしょう。

人間は「理由」なしでは生きていけない生物です。だからね、起業したいのにしていない人たちは、

俺は起業しない主義に変えた」なんて言うわけです。でもさ、言い訳にしか聞こえないんよな。

やりたいって言っていたじゃないですか。それを「主義」なんて言い換えても、何だか悲しくなってくるだけで、うん。

起業しない主義に思うこと

1度くらいやってみれば?

起業しない主義なんだよね、と言うけれど、昔は「俺は絶対起業する」って言ってたじゃん。

何だかんだで就活をして、「3年修行してから…」と言い訳をして、また次も言い訳をするのかな?と思うんよね。まあやりたくないならやらなきゃ良いけど、昔の熱が気になってしまう。

私はね、「1度くらいやってみれば良いじゃん」と思うのよ。たった1度の小さな失敗でさえも最近は嫌がるじゃない?

起業してダメだったらショックだからやらない」ということだと思うのよ。でも、やってみなきゃわからないことだって本当はたくさんあるよ。

 

起業しない理由なんてさ、自分を納得させたり、対外的にプライドを保つための言葉であって、本当の気持ちじゃないと思うのよね。

ダメだったらそれで良いじゃないか。失敗したら全てが終わるわけでもないし。笑

 

いつかやりたくなるよ

若い時に「あれがやりたい」と思ったものって、ずっと残るんだよね。

1度でもやったことがあれば、別にそうは思いません。でも、1度も挑戦せずに、レールの上をガタンゴトンと来てしまうと、後悔するのよ。いつかやりたくなるのよ。

テレビやSNSで活躍している人を観て、「くそ!俺もあの時…!」なんてどうせ思うのよ。

孫正義さんがテレビで「志高くっ!」なんて喋っていたら、昔のアツい気持ちを思い出すんよ。

だから、やっぱりやりたいと思ったことはどこかで1度は挑戦するべきだと思う。夢は変わるし、考え方は変わる。それはわかるよ。

でも、1度でも夢を見て、挑戦しないまま生きてきてしまっているのであれば、どうせいつかやりたくなるのだから、やってみれば良い。

関連記事:起業するのは不安だし、誰かの右腕になりたい!って人が多すぎる

失敗談こそが人生の旨みじゃないか?

 

私もね、昔は「自動掃除機」を輸入して販売しようとしてたことがあります。いや、販売はしたけど売れなかったんだよね。

でも、そういう経験こそ、「人生の旨み」なわけよ。

俺は起業しない主義なんだ」と格好良い感じで言うけど、結局それって「失敗したくありません」ってのと同じでさ、「自信がない」ってのと同じだったりするのよね。

失敗してみれば良いんです。例えば、このブログに関しても失敗があります。

最初の頃は無料のテーマを使っていて、CSS(サイトのデザイン)も自分でかなり書き換えていたんですよね。

でも、そのせいでブログの表示速度が遅くなって、ブログの成長に時間がかかった。本当にね、最初の頃は大変でした。

暗中模索な感じで、もうひたすら頑張って、改善して、という作業を繰り返していたんですよね。

うん。でもね、今となってはそういう失敗の思い出全てが財産になっているわけですよ。ほら、こうやってブログで発信する内容にもなっているしね。

失敗談こそが人生の旨味だったりするからさ、起業しない理由なんてものを呑気に考えているくらいだったら、盛大に失敗すれば良いのよ。笑

関連記事:高校の友達と起業してみるんだけど、割とラフな感じで始まった。

起業しない理由を一生懸命考えていないか?

 

私もね、1度は就職した人間です。だから、気持ちがわからなくもない。

やっぱり、自分で何かを始める時ってつらいというかさ、大変だよね。

就職した時、私も「この社会人経験がいつか良い経験になる」なんて言い訳をしていました。

本当は「今、自営になるのは怖い」というだけだったんだけどね。でも、そんな自分を認めたくもないじゃないですか。

当時は大学の友達と一緒に「起業するか」なんて言っていました。新宿のスタバとかで集まって、2人ともプログラミングをやっていたから、ウェブサービスを立ち上げようとしていたんですよね。

でも、結局私は就職してしまって、彼は他の人と起業して。今は資金調達して会社が大きくなっていっているんじゃないかな。そうそう。物凄いイケメンだったのよね、彼。笑

 

でまあさ、そんな感じで私は就職してしまったわけだけど、全ては言い訳だったんですよね。

起業しない理由なんて並べようと思えば、人間なんて誰でも頭が良いからすぐに思いつく。

  • とりあえず就職して修行する
  • 経験を積んでみる
  • 専門的なスキルを身につける

とかね。でも、こんなものは全て言い訳だと思う。自分でも本当はわかっているんじゃないかな。

本当にやりたいことがあるなら、やってみなよ。起業したいなら今すぐ登記しよう。

起業しない理由を一生懸命考えている時間が無駄だから。

関連記事:リスクを負わない生き方をしている人たちへ、経営者である私が伝えたいこと。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。