人生に悩む君へ

結果よりプロセスと言える人生を僕は歩めなかった。

結果の方が大事か、プロセスの方が大事か、みたいなことが話題になったりするよね。そういう話題になると、

ああ、大人になったな」と思うわけだけれど、私自身は割と結果至上主義。結果がやはり全てを物語ると思っている。

結果よりプロセスが大事だよ、と言えるような人生を私は歩みたかったのかもしれない。でも、私の人生は結果を求められてきた。

だからね、うーん、人によると思うし、プロセスの方が大事だと思うなら、それはその人の主義だから別に良い。

だけど、私はプロセスより結果が大事です、とは言えなかった。

 

結果を出さなければ状況は変わらなかった

 

自分の親だったら、「プロセスを重視してくれる人」の方が良かったかもしれない。その方が気が楽でしょ?

頑張ったら、「頑張ったね」と褒めてくれる。結果が良かったとしても、悪かったとしても、褒めてくれる。

そういう点では、親として「プロセスが大事だよ」という人間でいたい気持ちがある。

 

でも、大学生当時、父が亡くなったことで数千万円の借金を作ってしまった私は結果を出さなければいけませんでした。

銀行に「頑張ったから今月の支払額を免除してくれませんか?」と言って、免除してくれるなら嬉しいけど、そうじゃない。

 

結果を出して、数字を出して、売り上げをあげないと、借金を返済することができなかったんですよ。これが「プロセスより結果が大事」という考え方を生み出した原体験かもしれない。

 

とにかくお金がなくて、とにかく返済しなければいけなくて、大学生だった当時の私にとっては足が震えるほど大きな金額でした。

大学生だったあの頃、夏になると海に行ったりサマーランドに行ったりして、青春をただただ謳歌していました。でも、変わったんですよね、私の人生は。

だから、プロセスより結果が大事、なんて言うことはできなかったんですよ。

頑張ったから褒めてくれるのは親だけ。社会はそうはいかない。悲しいことだし、もっと優しい世界になれば良いな、とは思うけど、結果至上主義なんですよ、この世界は。

関連記事:仕事でわからない事があるのに聞けないのは上司が99%悪い。

 

プロセスと結果は切り離せない概念でもあるんじゃないかな

 

そもそもね、結果よりプロセスが大事、なんて言うけれど、結果が出なかったということはプロセスが間違っていたということでもあると思うんですよ。

例えば、新宿にある広告代理店のベンチャー社長だったとしよう。

 

  • 地域を絞らず1日100社に飛び込み営業をかけた(プロセス)けど、1件も取ることができなかった(結果)
  • 新宿に絞って1日10社に飛び込み営業をかけた(プロセス)ら、3件数も取ることができた(結果)

 

新宿にある広告代理店なのだから、新宿を本社としている会社の方が成約率が高くなりますよね。

つまりね、プロセスが正しければ、結果も正しいのです。結果よりもプロセスというけれど、プロセスが正しければ、結果だって良いはず。

結果が良くないのであれば、プロセスが間違っていた、ということなんですよ。

私はさ、いくら「頑張ったよ」なんて言っても、父親が残した借金を返済することはできなかったし、結果を出すしかなかった。

だから、プロセスだけを大事にしてくれる、「頑張った」という部分だけを認めてくれるような人がいることは幸せだよな、とは思う。

けど、やっぱりプロセスが正しければ、結果が伴うと思っています。だから、やっぱり結果は大事なんですよ。

 

結果にこだわる必要があるんです。そりゃね、メンタルがきつくて、「頑張ったことを褒めて欲しい」というのはすごくわかる。この場合は仕方がない。

メンタル的にきつい時には結果を出すことができないから。

 

でも、もしもメンタル的に健全な状態なのであれば、「結果よりもプロセスが大事だ」と言ってはいけないような気がするんです。

関連記事:自分の価値なんてないと思っているから私は生きやすいんです。

 

結果を出す面白さだってあるよ

 

これは私がたまたま成し遂げられて来たからかもしれないけど、結果を出す面白さだってあると思っています。

プロセスが大事だよね、という安息地に常に辿り着いてしまうと、私自身も楽しめないな、と思う。

例えばさ、あなたがマラソンを頑張っていたとしよう。42.195kmを完走することができた時とできなかった時ならどちらが嬉しいだろうか。

そして、どちらを目指している方が楽しいだろうか。完走した方が楽しいに決まっているよね。

そうなんですよ。結局は私たちって結果を出したら、「結果を出した方が楽しいじゃんね」となるわけです。

結果を出すことができる身体があって、心があるならさ、頑張ってみた方が面白い。少なくとも私はそう思うよ。

 

昔、インタビューメディアを作っていた時さ、新宿周辺で「このウェブサイトのページにいいねしてください!」とずっと話しかけていました。道行く知らないおじさんとかおにいさんとか。

ひたすら声をかけていた。すると、何人かの人たちは「いいね」してくれたりした。そんなプロセスだって大事よ。

でもね、結果を出した時の方が何倍も楽しいのよ。結果を出せるこの世界で、もがき苦しみたい。

そう思っている。いや、まだそう思えるからさ、私は頑張る。頑張りたい。

関連記事:誰にも認められない人生だったとしても、それで良いじゃんと笑おうよ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。