人生に悩む君へ

格好良いだけの男が何を言っても、心が動かない。

世の中にはイケメンと呼ばれる人たちがいる。もちろん、羨ましい。そりゃそうでしょう。

同じ顔なら、格好良い顔の方が良いじゃないですか。周りの反応だって変わってくるし、やっぱりイケメンが好きな人たちはいる。

今は湘○美容外科みたいなところに行けば、10分くらいで格好良い顔になれたりする。笑

でも、格好良いだけの男の言葉はなぜだか心の中に入ってこなくなってしまったのです。昔は格好良いだけで憧れていた。

この人は正しいなあ」とか「なんて素敵な人なんだ」と思っていた。

 

それがここ数年で変わってしまったのです。男は生き方なんですよね、きっと。格好良いだけの男の言葉が響かなくなった今日この頃。

 

同性は生き方に憧れる

 

女性でも、男性でも同じだと思うんですけど、だんだんと「その人の顔」じゃなくて、「生き方」を見るようになるような気がするんですよね。

格好良い顔の男性なんて今はたくさんいて、可愛くて綺麗な顔をした女性なんていくらでもいる。

だから、その人の中身とか生き方みたいなものに魅力がないと、もう付いてきてくれる人はいない。

これが異性だったら問題ない。「イケメンだ!」というだけでついてきてくれるかもしれない。

でも、同性になってくると話が違う。同性の場合は、格好良いとか綺麗とか、可愛いとか、そういうことだけではついてきてくれない。

 

生き方が格好良い人にしかついてこないのです。私の友人にミュージシャンをやっている人がいる。格好良い。声も良い。昔から女性にもモテていた。

でも、何か響いてこないんですよね。なぜだろう?と考えてみたら、彼の行動だった。

 

歌手として頑張っていきたい」と言っているのに、タバコを吸っていた。別にそんなミュージシャンだっているのかもしれない。それくらいがロックなのかもしれない。

でもさ、何か「格好悪いな」と思ってしまったのです。タバコ1つやめられない人間の言葉や歌に何の意味があるのだろうか。

格好良いだけの男。異性には需要がある。異性からすれば、魅力的なのかもしれないよ。でも、そういう人は同性から憧れることがない。

 

顔だけじゃなくてさ、行動も格好良い方が良いじゃないですか。「あの人くらい頑張ってみたいな」と思われる存在だったり、「あの人はすごいな」と思われる存在になりたいじゃないですか。

同性は生き方に憧れるものです。格好良いだけの男が何を言っても、今は心が動かないんだ。

関連記事:生き方で顔が変わるんだな、と思った話。

 

バカみたいに頑張っていると、評価してくれる人だっている

 

格好良いだけで生きていくことだってできるよね。でも、そんな人生じゃ、何かつまらないじゃんか、と思う。

別につらい経験をするべきだ、なんて思っていない。でもさ、自分で死ぬ気になって頑張ったりさ、うん、そういう経験がないと、何かその人の言葉が響いてこないような気がするんですよ。

格好良いだけの男じゃ、何かもったいないような気がするんですよね。これはね、別に格好良い人に限った話じゃない。

 

一生懸命生きていれば、きっと誰かは陰ながらもそんな姿を見てくれていて、何ならこうやってブログを更新しているけど、どこかの誰かは割と長い期間見てくれていたりして。

うん。そうやってバカみたいに頑張っていると、何かに一生懸命になっていると、どこかの誰かは評価してくれるんよな。

格好良いだけの男になるのは本人にとっては簡単なことです。だって、生まれた時に格好良い顔だったら、それを維持するだけで良いのだから。

 

でも、格好良い生き方みたいなものは自分の努力がないとできないものなんですよ。昔は格好良いだけの人にも憧れていました。それが今は変わってきたね。

 

格好良いだけの人がどれだけ良い服に身を包んで私の目の前に現れたとしても、「ああ、そうですか」という感じだけで、何も響かない。

関連記事:素晴らしい人になりたい、と思いながら死んでいく世界は美しいかな?

 

一生、行動が伴う人間でいたいんだ

 

私は50歳になっても、60歳になっても、80歳になっても、行動が伴う人間でいたい。格好良いだけの男が何を言っても最近は何も響かない。

でも、その一方で、「一生懸命生きている人」の言葉はどんどん響くようになってきたんですよね。

 

60歳になった時、「ああ、もうこんなもんで良いか」と思う人が多い。人は身体だけじゃなくて、心も衰えるものだからね。

でも、私はそんな人間にはなりたくないんですよね。いつでも夢を見ていたいし、いつでもアツく行動していたい。

格好良いだけの男が何を言っても響かないけどさ、本当に頑張っていて、本当に人生を楽しんでいて。そんな人間の言葉だったら、何か意味があるような気がするんです。

 

私は父親が早くに死んでしまったし、会社も大変。借金だってある。まあ、言ってみれば良いところなんて人生であまりなかった。人生の前半戦は少なくともバッドデイが多かった。

でも、そんな経験でさえも、意味があるような気がしています。そんな経験があるから、今はこうやって頑張れているんだもん。

 

格好良いだけの男になっちゃだめよね。まあ、私は別に顔が格好良いわけではないけど。笑

うん。今日も明日も熱を持って生きられたら良いな。何なら100年後生きていたとしたら、ヨボヨボの爺さんとして新しい会社でも起業してみたい。

関連記事:誰にも認められない人生だったとしても、それで良いじゃんと笑おうよ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。