人生に悩む君へ

現実に戻されるのが苦しくてたまらないなら、今の人生を変えるしかないんだ。

ほら、ディズニーランドとかさ、ユニバとかさ、そういう素敵なところに行った後に悲しくなる瞬間ってあるじゃないですか。

現実に戻される〜」みたいなことを帰り道で言いたくなる時ってあるよね。もちろん、それはどんな人にもあるのかもしれない。

誰もが抱く感情なのかもしれない。

でもさ、現実に戻されるのが苦しくてたまらない。そこまで思うならさ、やっぱりそれは現実が面白くないからだと思うんですよね。

非現実は大事だけど、非現実を充実させることより、現実を充実させなきゃいけないんじゃないかなあ。

 

現実が充実していなければ、悲しみはより強くなるんだ

 

現実に戻される感覚に絶望する時ってあるじゃないですか。過去の私だったら、ディズニーランドとかシーから帰る電車内。いや、ディズニーラインの中だったらまだ良い。

舞浜から出発する電車に乗った時に、現実に戻される感覚があったな、と思う。さっきまではセンターオブジアースを楽しく乗っていたのに、今はもう電車の中。

 

だいたい遊びに行くのは土曜日だったから、「日曜日になったら次の日が仕事になっちゃうな」と思っていました。憂鬱だったなあ。

現実が充実していなければいないほど、現実に戻される感覚を持ってしまうものなんですよ……。

もっと夢の中にいたい」と思っても、結局はどこかで現実に戻される。そんな時、自分の人生が何色なのか?が浮かび上がってくるような気がする。

現実に戻されると、悲しみや孤独が襲ってくる。月曜日から金曜日まではどうにか「次に来る夢の世界」を想像して何とか凌ぐ。

 

そんな繰り返しの日々だったような気がする。あの当時、つらかった日々を共に過ごしてくれた彼女には感謝している。

ただ、根本的には私が自分の人生を、生活を変える必要があったんですよね……。自分が普段過ごしている現実世界が充実していなければ、やっぱり夢の世界から現実に戻る時のギャップがすごいから。

関連記事:ベストを尽くすから、失敗しても仕方ないよね。

 

応急処置をしながら過ごす日々に意味はない

 

私は当時、応急処置をしながら何とかサラリーマン生活をしていたような気がします。月曜日から金曜日まで何とか頑張る。

で、金曜日の夜から日曜日の夕方くらいまでで心の応急処置をするんですよね……。正常なメンタルが保たれるように頑張るわけ。

何とかそうやって過ごして来たんです。でもね、結局は応急処置でその場を凌いでも、どこかで限界が来てしまうのです。

そして、そんな日々に、私は意味を見出せなかった。ふくろうカフェに連れていってもらったり、美味しいご飯を食べたり、まあ色々なストレス発散はしたんですけどね。うん。

つらいな」と思っていても、それが自分の目指すべきものへの道程だったり、好きなことだったら問題はない。

現実に戻される感覚だってないでしょう。

でも、そうじゃなかったら、やっぱり自分で自分の人生を変えていくしかないんですよね。

大変だけど、現状ではそれしか方法がない。応急処置的な日々を過ごしても、彩のない人生になってしまうだけ。世間的には、「偉いね」と言われるかもしれない。

ただ、自分の人生の意味を考えたらどうだろう。虚しくなるのではないだろうか、と思うのです。

私はサラリーマンを辞めて自営業をやっているのだけど、好きなことをやっている毎日だから、現実に戻される感覚みたいなものが全くない。

それは私が「サラリーマン生活を辞める」という選択をしたから。結局は自分で自分の現実世界を変えるしかないんですよね。

 

メシアが現れて、「あなたを救ってあげましょう」みたいなことを言ってくれるのであれば、それを待ちたい。でも、そんな世界じゃないでしょう?

魔法世界「地球」でも、魔法国家「日本」でもない。だから、変えるしかないんです。現実に戻される感覚があるなら、自分の人生を自分で変えるしかない。

関連記事:新しいことに挑戦する時には不安を抱えるけど、自分の人生に嘘をつきたくない。

 

馬鹿なことを全力で楽しめる人生にするために

 

馬鹿なことをしたり、楽しいことをしたり。まあさ、人生なんてそういう何でもないことが面白いわけじゃないですか。

だから、馬鹿なことを全力で楽しむために、日常生活を充実させましょうよ。「ああ、明日からも地獄のサラリーマン生活か」なんて思いながら過ごす日常は嫌でしょう?

 

もっと充実させたいじゃないですか。私は日々が楽しく、面白くあるように心掛けている。運動もするし、できるだけ新しいことにチャレンジするようにしている。

後は何だろう。とにかく「今日が最後の日かもしれない」と思って、1日1日を全力で生きています。明日のことなんて考えずに、今日1日を必死になって生きている。

だからこそ、馬鹿なことをしている時、楽しいことをしている時がどうしようもなく面白い。そして、その後も現実に戻される感覚はない。

 

馬鹿なことを最高に楽しめる毎日にしよう。キラキラしていようよ。

現実に戻される感覚を味わうばかりの人生なんて悲しいじゃない?夢のような現実を生きて、現実のような夢を見よう。

今日から変わろうな。

関連記事:「人は変われる」と、この数年で思ったんだ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。