恋愛と私

一緒にいられる時間って少ないんだよなあ。

私の父親が突然死した時、私の母はこう言った。

 

30年くらい一緒にいたのか」とね。

 

実は大切な人と一緒にいられる時間なんてそんなに長くはない。大切な人と毎日のように会っていたり、毎週会っていたりすると、当たり前の存在になってしまって、

いつでも会えるでしょ」なんて思ってしまう。でも、本当はそんなことないんだよね。

みんなが何歳なのかなんてわからない。何歳の人と付き合っているのかもわからない。

20歳の時に40歳の人と付き合っている人もいるだろうし、その逆もいるだろうし。でもさ、いつかはいなくなってしまうものなんですよ。

相手から、もしくは自分がね。この世界にずっといられるわけじゃない。考えれば考えるほど、残酷な事実のように感じてしまうけど、私たちはずっと一緒にいられるわけじゃないんです。

 

だからさ、大切な人を大切にしていかなきゃね。

 

大切な人と一緒にいられる時間に慣れてくる私たち

 

私たちはどこかで慣れてきてしまう。恋愛の初期の頃に感じたような「ドキドキ感」みたいなものが徐々になくなってきてしまい、

デートをしても、ディナーを食べても、何だか普通のことになってきて、相手に感謝しない人間になってしまう。

でも、大切な人と一緒にいられる時間はあとどれくらいなのだろうか。そう考えると、怖くなる。

例えば、今、30歳の人が同学年の人と一緒に付き合っていたとしよう。30歳だったら、80歳まで生きたとして、50年間一緒にいられる。

そう考えると長く思えるよね。ただ、どうだろう。こう考えたら。

 

50回しか冬が来ない。

 

そう考えると、とても短く思えるのではないでしょうか。「寒いね」なんて一緒に凍える冬を過ごすのも50回が限度。それだけしか一緒にいることができない。

スキーを一緒にするのも50回程度。少なくないですか?

 

私たちは慣れてしまう。好きな人にも慣れてきてしまうものです。これは仕方がない。でも、失ってから、「ああ、もっと大切にすれば良かったな」なんて思うのは少し悲しくないかな。

 

もっと前に気が付いていたいじゃないですか。大切な人と一緒にいられる時間はそんなに長くはない。そんな簡単なことに私たちは気がつくことができないからさ。

関連記事:心の闇が深い人と恋愛すると地獄を見るぞ。

 

1000年一緒にいても、きっと寂しいと思うんだろうなあ

 

一緒にいられる時間なんてそんなに長くはないよ。でもさ、例えば1000年間一緒にいられたとしても、きっと寂しさみたいなものを感じるんじゃないかな、と思う。

1000年でも、2000年でも、やっぱり大切な人は大切なままでしょう?好きな人は好きなままだと思う。わからない。私は1000年も生きられないから、想像だけどね。

私の母は「30年しかいられなかったんだ」と思ったかもしれない。でもさ、きっと100年でも、1000年でも、「早いよ」と思うはず。

 

もしも私の好きな人が目の前からいなくなってしまったら、やっぱりそう思ってしまうよ。

生まれてきた時のことなんて全然覚えていなくて、一緒にいた「記憶のある時間」なんて本当は全然ないわけですよ。

死ぬ直前なんかは普通に歩けなくなってしまったりして、相手が誰なのか?も認識できなくなってしまうかもしれない。

 

そう考えたら、普通に話して、普通に笑って、普通に喧嘩をする。そんな当たり前の日常がとても新鮮に思えてくる。

飛行機に2人で乗っている時にも思ったりする。素敵な思い出が増える度に、「ああ、いつか終わる時が来るんだろうな」って。

急に寂しくなって、1人で泣いてしまったこともあったっけ。まあさ、それくらい相手のことが好きで、大切だからこそのことなのだけど、やっぱり寂しいよね。

 

この先、いつか離れることがあったらさ、きっと悲しいんだろうなあ。一緒にいられる時間はやっぱり大切にしたい。うん。

関連記事:つらい時に一緒にいたいと思える人といような。

 

ずっと忘れないように楽しもうな

 

いつかは忘れてしまう。肉体も精神もどこか遠くへ消えていってしまって、いつかは忘れてしまう。相手の顔や愛する感情。

全てを忘れてしまう。そんな小さくて、脆い存在なんです。だからさ、生きている間くらいは「忘れないように覚えておこう」と思いながら、今を楽しもうよ。

一緒にいられる時間は少ない。一緒に馬鹿やって、一緒に旅をする時間は思っているよりもずっと少ないよ。

 

だから、できるだけ覚えていられるように、そう願って、素敵な人との時間を楽しもうよ。

私もいつまで生きられるのかわからない。できれば、長生きしたいけどね。命の長さばかりはわからないからさ。

 

死んでしまうかもしれないその日まで、私は「どうか忘れませんように」と願いを込めて、一緒にいられる時間を精一杯過ごしてみようと思う。

みんなはどう?好きな人はいる?どんな人との日常が楽しい?

この美しい世界で過ごせる素敵な時間をほんの少しかもしれないけど、楽しもうな。

関連記事:愛のない世界で生きてしまった人にこそ伝えたいんだ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。