人生に悩む君へ

マイナス思考を意図的にやめてみたら、世界の輝度は変わるんだ。

え?みんなの前にもいるでしょ?マイナス思考の人。何をしていても、どこにいてもマイナス思考になってしまう。

自分でもマイナス思考を自覚しているけど、どうにもならない。「なぜ私はマイナス思考なのだろうか?」と悩むけれど、やっぱり仕方がないから諦める。

そんな人たちがいる。でも、マイナス思考はやめられるものだと思うし、マイナス思考をやめてみたら、世界の輝度が上がるような気がするよ。

世の中をマイナスに捉えても、何も良いことはないのよ。

マイナス思考の人はここで損をしている

相手の考え方までマイナスにする

相手の考え方までマイナスにしてしまうのがマイナス思考の人なんですよ。自分がマイナス思考だと、「きっと相手もマイナス思考に違いない」と予想します。

そういうものなんですよ、人間は。

自分の感情の中でしか相手のことを解釈できないのが私たち人間です。例えば、浮気をしたことがある人、浮気している人をよく知っている人しか、「相手も浮気するのではないか?」と思わないわけです。

1度も浮気したことがなくて、1度も浮気している人と出会ったことがないような人は、そもそも「相手が浮気をする」という想定が脳内にない。だから、相手のこともプラスに捉えることができるんですね。

同じことでさ、マイナス思考の人は、「相手もきっと暗く考えているに違いない」と考えてしまうのです。なぜなら、自分自身が「プラスに考えた経験」を持っていないから。

そして、「あなたもこういうマイナスな考え方をしているんでしょう?」と言われるようになると、本人までマイナス思考になってくる。「マイナスという新しい種」が脳に植えられてしまうのです。笑

それは自分にとっても損よね。

未来の不幸を先取りする

マイナス思考の人は将来の不安を経験してもいないのに掘削してしまう。「未来にはどんん悪いことが起こるのだろうか?」と考えてしまう。

ぼーっとしている時、何か不安なイベント、例えば、プレゼンとかデートとか、何でも良いのだけど、イベントがある時に不安になってしまうのですよ。

でもさ、そういう不安が実際に起こることなんて少ないし、そもそも今悩んだところで、何か変わる?と思うんですよね。

マイナス思考になってしまうのは個人の勝手だから、「絶対にマイナス思考はダメだよ」なんて言えないけど、マイナス思考って疲れるわけですよ。

だって、未来を不安に思って1度疲れて、実際、未来が現在になる時に2度疲れるわけでしょ?

不幸の先取りをしているから、2度も疲れてしまう。だったら、1度の疲労で良いじゃない?と思う、私はね。

関連記事:ここで死んでもいいやという強さを私は持っていたい。

なぜマイナス思考になってしまったのだろう?

家庭的な問題

これは根本的な問題で、やっぱり家庭的な問題はあるんですよね。私自身も父親が大学生の時に亡くなってしまったので、他人のことを言う感じじゃなくて、自分のことも含めているのだけど、

マイナス思考になるのは、家庭的な問題だったりもするのよね。私みたいに親のどちらかが亡くなってしまったりとか、

ヒステリックな親だったりとかね。このブログでよく読まれている「まんぼう」さんの記事に親が厳しい家庭で育った人の特徴というものがあるのだけど、厳しい家庭で育ったりとかね。

まあそれぞれの家庭の状態によって、性格が変わってしまうというのはあるんじゃないかな。マイナス思考になってしまうのは自分だけのせいでもなかったりはする。

 

学校生活

学校生活も大きく人格を左右するような気がしています。みんなはどうです?学校生活で何か変わりませんでした?

私はね、少しだけ計算高くなりました。小学生の時には何も考えない人間だったし、世の中には良い人しかいないと思っていたけど、中学生になってからは割と悪い人とかにもあって、

そういう人たちとうまくやっていくために、計算高くなっちゃったかな。笑

だから、マイナス思考に関しても、例えば学校でいじめられた経験があったりとか、学校で悪い人がいたりとか。

まあそういうことがあったりすると、性格が少しだけマイナスに傾いてしまうことはあるよね。

関連記事:生きているだけで最高じゃん。

マイナス思考なんてやめてしまおうか

 

マイナス思考の人ってさ、なぜだかわからないけど、1度でもなってしまうと、「もう俺はそういう人間なんだ」みたいな感じで捉えてしまって、そこから変わろうとしなくなるんですよね。

ネガティブで何が悪い?」と。

でも、マイナス思考には何の意味もないんですよ。「いやいや、お前に何がわかるんだw」と思うのかもしれない。

それはそうですね。私はあなたの名前も、あなたの顔も知らない。でも、マイナス思考をやめるだけでもっと生きやすくなると思うから。

 

生まれた時からマイナス思考の人なんていないでしょ?生まれてきて、それから色々な経験をして、変わろうとしたりして。

で、その中で人格が形成されていくわけですから。

だからね、プラスからマイナスになったのと同じように、マイナスからプラスになることだってできるのよ。

私にもマイナスに考えてしまう時はある。いや、きっと誰にでもそういう瞬間はあるんだよ。

 

でも、自分で調整する。「こうすればプラスに持っていけるな」とかね、そうやって考えて、自分をプラス方向へ持っていく。

それだけで人生は楽しくなるよ。世界の輝度は変わるよ。

関連記事:「自分は何者か?」を問い続けてきた人生だった。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。